ブログupdateサマリー

ニチサハ (加州日常茶飯事)

加州日常茶飯事: カリフォルニア在住の日本人。日々の出来事、見聞きしたこと、感じたことを書きます。日本人の視点で生のアメリカを知りたい皆さん、ご参考にどうぞ。

ハミングバード(Hummingbird)

「映画: マリー・アントワネット」の記事は、何もきょう書かなければならなかったということはなく、実は一ヶ月以上も前のこと。そこで今度は、きょうの出来事を書きましょう。 ここに引っ越して来て間もない頃、まだ自動車免許もなく、主に徒歩で用を足していました。公園付近を歩いていたある時、ブーンと頭をかすめて飛んでいった生物がいました。昆虫にしては大きく素早い、鳥にしては小さい。何だろうと思ったら、これは驚きました。ハミングバード、つまりハチドリでした。日本では目にすることがありませんでしたからね。それが、こちらではこの美しい鳥が普通に飛び回っているのです。 それで、きょう、何が起きたかというと、そのハチドリが家の中に迷い込んできたのです。久々に晴れ間がさし、窓を開けていたら、恐らく家の中にあった花にひかれてか、ハチドリが入ってきたのです。大きなガラス窓に阻まれ、出口を見失ったようです。まぁ、これだけ間近に見るのも初めて。しかも窓に阻まれていますから、さすがの素早い鳥もほとんど動けません。 まぁ、かわいそうですから、勝手口を開け、すぐに外へと誘導しました。感心のあまり、「へぇ」なんて思ってすぐに逃がしてしまいましたが、後で妻に「せめて写真でも撮っていればわたしも見れたのに」なんて言われてしまいました。まぁ、確かに。。 こんな些細なことですが、これもカリフォルニア州おすすめの景色の一つでしょうか。

映画: マリー・アントワネット

日本にいたとき、あまり気にしていませんでしたが、当然ながらハリウッド映画などアメリカ映画はこちらで先に公開されます。「あの映画見た?」なんて日本の友人に話すと、「まだ未公開だよ」といったことになります。何気なく映画を見たりしていますが、場合によっては日本で公開されない、または日本ではマイナーな映画館のみで上映ということもあるようです。と言うことで、映画の話をちょっと。(ネタバレはしませんので、ご安心を。) © 2006 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved. 「マリー・アントワネット」 この映画、メジャー映画という部類に入るものではないでしょう。それでも、ソニーさんのためか、幸い、日本で上映されるようです。(日本公式サイト) 妻がみたいとでも言わなければ絶対に見なかったであろう映画ですが、そこそこ楽しませていただきました。あまり映画の知識も歴史の知識もあるわけではありませんので、確かなことはいえないのですが、ちょっと不思議な味のある映画です。マリー・アントワネットというと、あの民衆を苦しめた歴史上の人物、と思う方も多いかもしれません。しかし、この映画は、でも彼女も年若い生身の人間だった、と言う観点で彼女を描いています。なるほどねぇ。。ほかにも、 現代音楽との組み合わせ 歴史的事実より、少年少女としてのマリー・アントワネットと周辺人物の青春生活 (会話や興味関心事、ファッション、日常生活) 所々で使われている、アマチュア映画的なショット(イメージ的にはデジカメや携帯ムービーショットでお互いを撮っているような) キルスティン・ダンストの演技がやや脱力系で、非常に現代的なタッチになっている 分かってもらえるかどうか分かりませんが、こんな感想です。映画の終わり方に首をかしげる方が多かったのですが、個人的には上述の新しいテイストに非常に興味が持てました。史実性重視タイプでなければ、おすすめしたい映画です。

長崎ちゃんぽん リンガーハット

日本に住んでいる間、リンガーハットに行ったことがなかったのですが、その存在だけは知っていました。長崎ちゃんぽんで有名なファミレスチェーンです。(http://www.ringerhut.jp/) で、アメリカに引っ越してから行くとは思いもしませんでしたが、きょうはサンノゼ(San Jose)にあるリンガーハット で昼食をとりました。たまたま地元の友人から「おいしい日本レストランを紹介する。味が本場だといいけど」ということで行ったのですが、「おぉ、知ってる知ってる。これは日本のレストランそのものだ」と、びっくりしました。ちなみに店員さんは日本人です。 店内で注文の品が出るのを待っている間、「ベイスポ」という地元の無料日本語新聞を読んでいると、ダイソーがサンフランシスコにできるらしいではありませんか。なんだかんだいろいろ日本のものがあるんだなぁ、と思った一日でありました。 ちなみに、サンフランシスコには日本街があって、小規模ながらショッピングセンターがあります。近鉄系列のようです。だから何かということはありませんが。

雨、雨、雨。。

場所も違えば気候も違うわけですが、ここはカリフォルニア、学校で勉強したことをちょっと思い起こしてみると、「西岸海洋性気候」な地域のはずです。(確か。。笑) ともかく、こちらは乾期と雨期があるようなところです。とりわけベイエリア(Bay Area)と呼ばれる地域、日本人に分かり易く言うと「サンフランシスコ、サンノゼ近辺」は、ハッキリしています。夏期または乾期は俗に言うカラッとした、超快適気候です。皮膚の敏感な人は乾燥に注意したいですが、気温は涼しく、湿気がなく、晴天という最高の毎日です。自分を含め、バイク乗りにはこの上ない場所です。 対して冬、雨期が始まると打って変わって毎日のように一日中雨が降り、非常に寒くなります。この季節が始まると、折りたたみ傘が欠かせません。どんな日でも、土砂降りの可能性ありです。 と言うわけで、ちょうどその季節が始まったここカリフォルニアのベイエリアでした。

日本 iTunes ストアがある日々の生活

なかなか日々の生活が忙しく、すっかりご無沙汰してしまった。と言っても、この間、ハワイ旅行に行っていたりしてましたが。。 さて、日本のエンタテイメントはどうなっているのかと、時々アップルの iTunes ストアをのぞくようにしています。知らない方もいるようですが、iTunes ストアで二つの ID を使い分け、二国のストアにアクセスできます。一つのクレジットカードで日本ストア用アカウントを、もう一つのクレジットカードで米国ストア用アカウントを作成し、両国のストアで曲が買えるようにしています。 ところが、話題の曲のコメントなどを見ていると、「CMで流れている誰もが知っている曲!」なんて書いてあったりしますが、「そうだっけ?あ、そっか、日本にいないもんだから知らないわけだぁ」という感じです。それでも、手軽に話題の楽曲が買えるのはかなり便利ですがね。そのほか、ポッドキャストなどで日本のエンタメをエンジョイしている日々です。 ちなみに、購読しているものの一つは「ぽっどきゃすてぃんぐ落語」と言う渋い番組です。さすがに落語はそう簡単にこちらでは聞けませんからね。「久米宏 ラジオなんですけど」と言う新しい番組も購読してみようかなと思っているきょうこの頃でした。

女性ガイダンス付きの検索サイト

マイクロソフトさんって、ちょっとおかたい感じがしますが、ギャグのセンスもあるようです。 このスクリーンショットは「ミス・デューイー(Ms. Dewey)」という新しい検索サイトです。  彼女はあなたに語りかけながら、検索結果を表示します。残念ながら英語のみで、日本語には対応していませんが、まぁちょっとした英語の勉強にはいいかもしれません。もっとも、このサイトは「まじめ」なのではなく、「お笑い」指向です。 えっ、何を検索したらいいのか分からないって?「microsoft」、「google」、「dewey」などといったキーワードを試すといいでしょう。「japan」もいいかも。わたしはまだ試してませんが。 では、お楽しみあれ。(日本でもこんな新指向な検索サイトができたら是非、情報共有を。) http://www.msdewey.com/ (© Microsoft)

ところで日本人は何処へ

こっちに引っ越してくるとき、「日本人いっぱいいるんだよねぇ。あまり日本と変わらないかもね」なんて言われましたが、観光客を含め、まず日本人に会いません。 確かに、日本街がありますし、日本人が多く住んでいる地区もあります。日本人観光客らしき人もたまに見かけますが、まぁ、どこにいるんでしょうね、日本人は。観光スポット付近に住んでいますが、普段の生活では滅多に見かけません。まぁ、もっとも、ここはアメリカですから当然なのですが、、、中国人や韓国人は非常に多い!どこに行っても、中国語と韓国語がよく聞こえてきます。もしかしたら、単に日本人は静かだけなのかもしれませんけどね。 あるいは。。。 実は、政府系の地域住民福利団体に勤務しているのですが、当団体のお世話になるのは低所得者層です。先日、会員サービス部門の人と話していたら、「うちの会員で日本人は一人いたかいないかぐらいじゃないかな」と言ってました。きっと、カリフォルニア在住の日本人の大半は比較的裕福で、生活圏が私がいる巷ではないのかな? (ちなみに、ハワイはいつも日本人がたくさんいます。これは紛れもない事実です。笑)

踊るサングラスのおばさん、改めお姉さん(?)

事件は会議室ではなく、現場で起きてました。工事現場で。笑 とある道路工事現場で、黒人のおばさんが交通整理をやっています。日本のように制服を着た茶髪のお姉ちゃんではなく、田舎にいるほっかぶしりをしたおばあちゃんでもありません。スキーヤーがやってそうな、青みがかったミラータイプのサングラスをかけたおばさんです。しかも踊ります。 こちらの交通整理員は適当な服を着ていて、その上にオレンジ色の反射チョッキを着ています。手には標識を持っていて、片面に「STOP」、反対側に「SLOW」と書いてあります。対面通行の路上で使用する設計となっているわけです。つまり、一方に対しては「止まれ」、他方に対しては「徐行」を同時に表示し、時々、その手に持っている標識をくるっと回せばいいのです。 このおばさんの場合、回す前に片手を出して指でカウントダウンを始めます。(意外とありがたい。。)「5, 4, 3, 2, 1」。すると、大きな笑顔とともに「イエー!」と叫びながらこちらに躍り出てきて、交通を止めるために立ちはだかります。 ちなみに、しばらくの間、毎朝これを見てました。個人的には、しばらくの間ホットな話題でした。(笑)まぁ、仕事を楽しんでいるように見えましたら、これっていいことなんじゃないでしょうかね。見習いましょう。(ォィ)パトカーが、、、(つづきを読む)

はじまり はじまり

憧れていたわけでもなく、切に希望していたわけでもありませんが、人生いろいろあるものです。アメリカ人と結婚したということで、永住権を取得、渡米したのです。このご時世にして、意外とすんなり、あっさりと。 まぁ、長年住んでいた日本を離れ、異国に住み着くとなりますと、当然いろいろな変化があるわけです。日本人の視点から見た生のアメリカをちょっと皆さんにご報告しようかな、というブログです。やはりいろいろな違いが目につくもので、「なるほどね」と読んでいただければおもしろいのではないかと思います。もちろん、このブログを書くことにした最大の理由は日本語を忘れないためである、というのは言うまでもありません。
ニチサハ (加州日常茶飯事)」ブログは「ニチサハ (加州日常茶飯事)」さんの著作です。 上記は 2016-11-07 01:40:12 にキャッシュした内容です。 そのため、このページは最新版でない場合があります。 最新版はこちらです。

アップデートランキング

4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」 1日2.7回のペース
羅府散歩 1日1.0回のペース
VC社長日記 1日0.7回のペース
米国不動産投資LA/OCライフ 早期リタイア実現のお手伝い 1日0.4回のペース
TAEKOのOCへいこう!ブログ 1日0.3回のペース
■ IRVINE/OC /LA/南カリフォルニア 雑記帳 ■ 1日0.1回のペース
まるごとOC生活〜見て、感じて、オレンジな生活☆ 1日0.1回のペース
アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible 1日0.1回のペース
NetHeroの「今は昔」 1日0.1回のペース