ブログupdateサマリー

ロスめし

Hello, Los Angeles. I'm very hungry.

【告知】みなさまにご報告。

みなさま、ご無沙汰しております、お元気ですか? 今までにない長い空白の時間を経てしまったので、読者のみなさまにはいろいろご心配をおかけしました。メッセージをくださった方、ありがとうございました。すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、この度みなさまにご報告があります。その前に、まずは改めて私の自己紹介からさせてください。?ロサンゼルスに27年在住し「ロサンゼルス食通倶楽部」を設立!生まれは日本ですが、1989年に留学のため渡米。カリフォルニア州・サンタバーバラのUCSBで1年半語学とコンピューターを学んだ後はロサンゼルスに移住。ロサンゼルスでは独学でコンピューターグラフィックを学び、グラフィック/ウェブデザイナーの職を得ました。 子供の頃から食べることが大好きで、ロサンゼルスでも食べ歩きを趣味としていましたが、ふとしたきっかけで2004年に「ロサンゼルス食通倶楽部」というサークルを設立。ロサンゼルスに住む日本人を中心に私が選んだレストランなどで最低月1回の定例会を行い、最終的には350名以上の会員を率いるサークルの幹事をしていました。?世界に向けた食ブログ「ロスめし」で友情も生涯のパートナーもその頃はSNSがまだ始まった頃で、行ったレストランや定例会の様子はmixiで紹介。すると仲の良かった同僚から「ゆかりんのレストラン情報はmixiじゃもったいないからもっと世界に発信した方が良いよ」というアドバイスを受け、2009年からは「ロスめし」というフードブログを立ち上げました。 それからコツコツと食べ歩いたレストランを「ロスめし」で紹介していたことから、年月が経つにつれて知名度も上がり、おかげさまでロサンゼルスに住む日本人はもちろん、世界各国の方々から愛読していただくブログと成長しました。そして、「ロスめし」をきっかけとして多くの出会いもあり、大切な友人を手に入れたり、かけがえのない王子ともブログを通して出会い、2013年に結婚。そして今年の9月には今までの集大成とも言えるNHKの旅番組「2度目のロサンゼルス」にも出演させていただきました。 これも全てずっと私のブログを読み続けてくださった読者みなさまの励ましのおかげです。みなさまの励ましがあったからこそ、何度も辞めようと思った時もめげずにコツコツと続けて来れました。「継続は力なり」という言葉をブログを通して実感しております。本当にありがとうございます?タイのバンコクに移住。神様が与えてくれたチャンス到来!そして、実はこの度私の人生に大きな転機を迎え、27年間という人生で一番長い時間を過ごしたロサンゼルスを離れてタイのバンコクにしばらく移住することになりました。 理由は王子の仕事関係です。最初この話を王子から聞いたときは大反対。住み慣れたロサンゼルスを離れてタイに移住することなど到底考えられませんでした。それはアメリカという先進国からタイの開発途上国に住むことが私にとっては未知すぎて、とにかく不安だけしかなかったからです。 タイには30年以上前に一度家族旅行で来たことがありましたが、その時の印象しかなかった私にとって、タイはアメリカに比べて楽しい事がひとつもない国に思えたのです。しかも9年働いた職場を辞めて、タイでどう過ごすのか。仲良い友達たちとも離れ、ゼロから人間関係も作らなくてはならない。今まで平凡で退屈ではあったけれど、安定していた人生をこの歳になって手放すことの不安は他人が想像する以上のものでした。 でも時が経ち、王子の強い決断に折れ、また彼のキャリアにおいて大きなチャンスだった事を理解し、悩みに悩んだ末、一緒について行く事を決意しました。また、現在のバンコクが30年前とは全く違う姿をしていることをネットで知ったことでタイに興味を持ち、行くと決心してからはもちろん知らない土地で不安は沢山はあれど、少しずつワクワクの気持ちも生まれてきました。そして、その時こう思えたんです。「これはきっと神様が私に与えた何かのチャンスに違いない。」と。?ずっと夢見ていた道を進むために、第二の人生スタート!私は人生の殆どをグラフィック/ウェブデザイナーとして生きて来ました。でも実は、昔から文章を書く事が好きだったので、最近では「ライター」としての道を夢見ていました。 というのも、まず私はブログを書いている事で他人から文章を褒められ、幸せを感じました。さらにブログを通してライターの仕事をもらえる機会を与えていただき、そこにやりがいを感じました。そしてそれらをきっかけに出来ればライターとしてもっと活躍したいと願いました。 でもグラフィックデザイナーという本職を抱えながら片手間にライターをやるのには限界があります。そんな中、王子からバンコク移住の話が飛び込んで来て、しかも少しずつライターとしての可能性も広がって来ました。これは「タイでずっと夢見ていたライターとしての生き方を選べば?」と神様が言ってるように思う以外にありませんよね??もちろん、ライターをうたうにはまだまだ未熟ですが、グラフィックデザインの時のように今から独学で文章を磨き、正式にライターを目指すのも悪くない。コンピューターひとつあれば、タイだってどこだって世界中で仕事が出来る。昔からそんな自由な生活を夢見ていたことを思い出し、「そうだ、これは神様が与えてくれた第二の人生を生きるチャンスだ!」と自己解釈しました はい、バンコクで「第二の人生スタート」です。?世界中どこにいても伝えられるハートがいっぱい詰まったメッセージを貴方に大好きなデザインと同様、文章は自分を表現するツールのひとつです。特にネット上においては世界中の誰にでも発信する事ができ、遠くに離れている大切な人へもすぐにメッセージを贈る事が出来ます。もちろん、言葉ひとつで他人を傷つける事が出来る恐ろしさもありますが、その恐ろしさを知っているからこそ、他人への思いやりの言葉も生まれて来ます。そして、上手に使えば他人を幸せにする事も出来る素晴らしいツールでもあるのです。最近はその奥の深さに魅了されています。 この世にインターネットが普及してから、ネット上には様々な「言葉」が散在しています。でもそれは本物から偽物もあり、美しいものもあれば、醜いものも沢山あります。どちらかというと、偽物や醜いものの方が目立っているかもしれません。醜い言葉を見るたびに心が折れることも多々ありますが、そんな言葉が溢れているからこそ、私は私の言葉で他人をハッピーにしたい。特に私のブログで読者が「レストランの情報」を得るだけでなく、読んでなんらかの形でハッピーになれたらどんなに素晴らしいことか。私の文章は稚拙でプロの文学者が書くような素晴らしいものでは決してありません。でも「私らしさを全面に出したハートがいっぱい詰まった愛のメッセージ」それが私の目指す「言葉」のあり方なんです。?「タイめし」始めました。そして「めし」つながりで「ユカめし」登場!ということで、そんないろいろな事情があったため「ロスめし」はしばらくお休みしていました。これを読んでみなさんは「え!ロスめし辞めちゃうの!?」と思うかもしれません。でも安心してください。ロサンゼルスを離れても、書いてないネタがい〜っぱいありますし(サボってたとも言えるw)、出来れば年に数回ロスに戻ってネタを集めてこようと思っていますので、物理的に無理にならない限り、引き続き「ロスめし」は続けていきます。?そしてタイにも沢山美味しいものがあるので、この度「タイめし」も始めました。?今回「ロスめし」、「タイめし」と続いたので、それこそ日本のレストラン紹介を「ジャパめし」にして、おうちごはん紹介の「ウチめし」も作って、この際「めし」つながりの総合サイト作っちゃえ〜!ってことで、「ユカめし」を作りました どうかみなさま、「ロスめし」同様、宜しくお願いします。というわけで、これからは本物のライターを目指し、バンコクを拠点に「ノドマワーカー生活」の始まりです。自己責任が多くなるので大変な事もいっぱいありますが、第二の人生はワクワクもいっぱいです! 一度きりしか生きられない人生を楽しみます みなさまこれからもどうぞ宜しくお願いします。長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。   ? 引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。 面白かったら押してね   

ビバリーヒルズでトロける和牛と絶品和食でグルメ三姉妹一緒にハッピーMYバースデー2016!

みなさま、こんにちは。 最近いろいろと立て込んでいて、なかなかブログをアップ出来ず、みなさまになかなか近状をお伝え出来てないんですが、ちょっと前の7月末に今年の誕生日を迎えました。 そして、正直もうそんなに大声で言えるほどの年齢ではないんですが、今年も幸せな事にいろいろな方にお祝いをしていただき、本当に感謝感激です ということで、この先何回かは誕生日お祝いのブログを更新しようかなと思っていますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。 トロける和牛と絶品和食でグルメ三姉妹一緒にハッピーMYバースデー2016!まず最初にご紹介するのは、ずーっと行きたかったビバリーヒルズにある「SHIKI(四季)」での誕生日ディナー。  お店はビバリーヒルズのど真ん中に位置しているので、とにかく貫禄がすご〜い。  お店の入り口に「全農」の看板を発見! そうです、このお店は日本のJA全農直営店として2014年4月にオープンしました。考えてみれば2年も前にオープンしていて、和牛大好きな私がずーっと気になってたのに実際の来店が2年後になるなんて!私としたことが、すぐに訪れていなかったことをひどく後悔しております。。。でもこうやって今回機会を与えていただいた事にとても感謝 そしてこの「全農」の看板がお店に入る時点でクオリティの高さを証明してくれているので、食べる前から期待値アップです!  店の中に入ると黒の木材が基調でシックな作りで落ち着きますね。  板前さんがずらっと並ぶ長いこだわりカウンターも素敵。  そしてカウンターの奥に存在感バリバリの和牛を発見!霜降りたっぷりで美味しそう〜。テンションあがる〜  奥のカウンターには料理長の藤本茂典氏がスタンバイされていて、こじんまりとしていてプライベートな雰囲気のカウンターがまた素敵。今回はテーブルで頂きますが、次回は是非藤本茂典氏の前で食べたい!  お店のところどころには骨董品もさりげなく飾られていて素敵ですね。  壁に飾られた絵画も骨董品だそうで、テーブルで間近に美術品を楽しめるのも良いですね。  さて、テーブルについてまずはウェルカムドリンクで乾杯〜(メンバーは後でご紹介)  こちのウェルカムドリンクは柚子のリキュールと澪という発砲酒を使った和のカクテル。柚子の香りが高く、ほんのり甘くてとっても飲みやすいカクテルでした。  今回お料理はコース料理を選んだんですが、食事の前に料理長の藤本茂典氏がテーブルまでお料理の説明をしに来てくれました。この藤本茂典氏はとっても気さくで素敵な方ですが、実はと〜っても凄い板前さんなんです。 アメリカに来る前はもちろん日本で修行され、アメリカに来てからはあの「松久」で修行した後、2007年からは「あさねぼう」で料理長を務めていました。「松久」も「あさねぼう」もロサンゼルスでは常にトップに名前を挙げられる和食の名店ですが、特に「あさねぼう」では彼が料理長を務めていたときに、ミシュランの星を獲得した凄腕の持ち主です。 もう全農のバックアップと良い、藤本茂典氏の凄腕と良い、すでによだれが洪水状態で流れるほど美味しそうな料理が目に浮かびますわ。w  シアトル産牡蠣三種盛り柚子胡椒・オシュトラキャビアのせ・自家製ポン酢サルサというわけで、コース料理スタート。まず1品目は生牡蠣3種。同じ生牡蠣でも味付けによって印象が変わるので、3度楽しめて美味しいですね。あっさりとしてるけどコクと旨みの強い牡蠣はどんな味付けにも負けない美味しさで、とても堪能させていただきました。  最近めっきりお酒を飲まなくなった私ですが、今回は誕生日ということで贅沢にお酒のペアリングも!牡蠣に合わせるのは白鶴・純米大吟醸の「翔雲」。  さらっとした飲み心地で牡蠣とも相性良く、コース料理のスタートにはぴったりのお酒です。  ちなみに牡蠣を食べれない約1名(w)は代わりに「トロたくとキャビアの冷製茶碗蒸し」を用意してもらってました。これもめちゃくちゃ美味しそう〜。  季節野菜の煮浸しと揚げ浸し炙り真鯛の刺身乗せコース2品目は残暑にぴったりなさっぱりとしたお料理。お出汁のジュレが目にも涼しげで食欲をそそります。このお出汁にもシェフのこだわりがあり、お出汁を取る水はフジウォーターの浄化水フィルターを二重にした軟水で作られています。 トロトロの茄子やほうれん草としめじなどお出汁と一緒に食べると旨みが口の中に広がり美味。真鯛も淡白ながらも旨みがぎゅっと凝縮されてとっても美味しかったです。もちろん残ったお出汁も全部飲み干しました!  こちらのお料理に合わせる日本酒は京都の地酒・純米吟醸「柳」。  こちらも最初の「翔雲」同様飲みやすく、すっきりとした味わいでした。  鹿児島産(A5プラス)和牛の薄造りサンタバーバラ産うに巻き季節のトリュフのせ次のお料理はおまちかねの和牛料理!A5+ランクの和牛だけでも贅沢なのに、それを濃厚で甘みの強いサンタバーバラ産のウニを巻き、上からトリュフをのせた超贅沢な一品です。  全てをひとつにまとめて口に入れると、口どけの良い和牛の旨みとともにあふれ出すソースと化した濃厚なウニが合わさって、想像以上の美味しさが脳裏に突き刺します。しかも上に乗ったトリュフの芳醇な香りが後から追いかけてきて、もうエクスタシーに達する寸前!これはまさにフードポルノですね。  そしてこのお料理に合わせるのは大吟醸の「いきな女」。  これらのペアリングのお酒はお酒大好きなみおさんチョイスで、本当にどれもこれも美味しくてついつい飲みすぎちゃう。。。  子持ち鮎の笹焼き蓼酢添え次のお料理も夏らしく。笹の葉に包まれた、  鮎だ〜!しかもなんと珍しいことにこの鮎さん、ご懐妊です。笑)今まで何回も鮎を食べてきましたが、子持ち鮎は初めてかも! 鮎の身は柔らかいことで有名ですが、本当にふわっふわの身が口に入れるとほわっと溶けてなくなり、後からす〜っと旨みが広がって本当に美味しい。そのまま食べても十分に美味しいけど、添えられた蓼酢をつけて食べるとまたほんのりとした苦味と酸味が加わって大人なお味。 もちろん骨好きゆかりんは頭からしっぽ、骨まで全て残さず美味しく頂きました  そしてこの鮎に合わせるのは純米吟醸「ひだほまれ・天領」。  ほんのり酸味のあるのがこの鮎と良く合いました。  そしてメインの和牛料理が登場する前に、お料理に使った和牛の塊をテーブルまで持ってきて見せてくれました!いや〜、見るからに美味しそう。  鹿児島産(A5プラス)和牛のすきやきソースそしてメインの和牛のステーキ登場! ? 見てください、このほんのりピンクの美しい姿を。  甘めのすき焼きソースは旨みの強い和牛と良く合い、添えられたたまねぎがアクセントになってます。これは白いごはんが欲しくなる〜!  そしてこれに合わせるお酒はボトルが面白いとうがらしの入った梅酒「HANNYA」。  とうがらしが入った梅酒なんて初めてなのでどんな味なんだろう、と興味津々でしたが、飲んでみると喉にかぁ〜っと来る辛さが刺激的な梅酒でびっくり でもその辛さが後引く美味しさで、これはみんなとっても気に入りました。  ってなわけで、遅ればせながらここで今回のメンバー紹介!実はアメブロ三姉妹のさとみるくちゃんとKadaeさんにお誕生日をお祝いしてもらってました〜  本日の鮮魚 寿司握り最後のお食事はお寿司!  赤身のまぐろヅケ、のどぐろ、大トロ。  出汁イクラ、うに、たまごの豪華メンバー。  それに大粒のあさりが入ったお味噌汁。 どれもこれも和牛に負けじと劣らず最高のネタで口に入れる度に「うぅ〜ん」と悶え声が思わず出ちゃいました  そして最後に登場したのは、私のためにわざわざお店が作ってくれたバースデー用のデザート盛り。  次女と末っ子に見守られながら、今年もMake a Wishでろうそく吹き消せた〜めっちゃハッピーな空間でした  こちらがバースデー用のデザートプレート。  手が凝ってて素敵過ぎる事前の予約でオーダーで出来ますよ!  頂いたわらび餅のデザートもモチモチで柔らかくて美味しかったなぁ。添えられたフルーツとの相性も抜群でした。  最後は料理長の藤本茂典氏とみおさんと一緒に記念撮影最高に美味しいディナーは終了しました。        というわけで、初めて訪れた「SHIKI(四季)」ですが、期待を裏切らない安定した美味しさで、どのお料理も本当に美味しかったです。  ちなみにメニューはコース料理($130〜)のほかにアラカルトもいっぱいあって、ビバリーヒルズにある店と言えども、敷居はぜんぜん高くない!軽いおつまみで一杯やって、最後の〆におそばを食べて帰るなんてお客さんも沢山いるそうで、実はアットホームで一人でも気軽に来れるお店なので安心してください いつでもみおさんが「お帰りなさい」と出迎えてくれますよ  そしてランチでお寿司や和牛をリーズナブルに食べれるので、ビジネスランチに利用なんてのもアリですね。  最後はこの店でお会いしたLAマーケティング会社・美人社長の倉地愛さんと一緒に4人でブログをずっと読んでいてくださったそうで、お会い出来て本当に光栄でした! そしてこの日、誕生日を祝ってくれたさとみるくちゃんとKadaeさん、本当にありがとうとっても嬉しくてハッピーでした。  Shiki Beverly Hills410 N Canon Dr Beverly Hills, CA 90210 地図Phone: (310) 888-0036http://shikibeverlyhills.com/評価:★★★★1/2  さとみるくちゃんのこの日のブログはこちら最高級和牛で最高級グルメ女子の誕生日会★ビバリーヒルズSHIKIKadaeさんのこの日のブログはこちら絶品の和牛と日本食を堪能!幸せグルメなブロガー誕生会in Beverly Hills          ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★?   引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。 面白かったら押してね 

遂にランチが始まったよ〜!豪華お弁当にとろっとろ煮込みハンバーグなど大好きメニューがいっぱい♪

みなさま、こんにちは。いや〜、参りました。。。 先週水曜日の夜から体調がおかしくなり、次の日から一気に高熱が出て、おなかもずっと下して週末ずっと寝込むという自体に。医者に行ったらインフルエンザじゃない?と言われたんですが、結局処方されたタミフルを飲むタイミングを逃して自力で回復しました。笑 でも久しぶりに39度近い高熱と5日間連続の下痢状態で、私的には風邪とか言うより食あたりじゃなかったんじゃないかなーとか思っていますが。。。今となっては不明。 まあ、とにかく元気になって本当に良かった。。。みなさん、最近ちょっと寒いのもあり、くれぐれも風邪などにはお気をつけくださいませ。 豪華お弁当にとろっとろ煮込みハンバーグなど大好きメニューがいっぱい♪さて、ハリウッド方面で美味しい和食のお店と言えば、このロスめしでも何度もご紹介した「炙り屋RAKU」ですが、9月1日からランチを始めたということで、早速Kadaeさんと一緒に偵察に行ってきました。  昼間に来たのは初めてなので、なんだか新鮮!  店内は相変わらず木材が基調になってて素敵です。  さて、ランチメニューを見て行きましょうか。  一番の店おすすめはメインがいろいろ選べる特製おべんとう。そして和牛ハンバーグやフィレかつなどもあります。  他にはどんぶり物もあって、日本人には馴染み深いラインアップがずらり!  じゃーんテーブルにずらりとお料理が並びました。  メニュー見てたら食べたい料理がてんこ盛りで、迷いの迷った挙句、Kadaeさんと2人で頼んだお料理がこちら。ちょっと欲張りすぎ〜?笑  Bento Box - Deep Fried Pork Cutletcomes with Miso Soup, Rice and Dessertまずはゆかりんチョイスのお弁当でメインのおかずは黒豚フィレかつ。 お弁当はメインのおかずの他に、数種類の小鉢やお刺身、焼き魚などもついてきて、すごくボリュームたっぷり!小鉢と言っても1つ1つ丁寧に作られたお料理たちなので、どれを食べても本当に美味しくてめっちゃテンション上がります。ご飯もただの白いご飯ではなく、鮭の釜飯で上にいくらが乗せてあるなど、本当に豪華!ランチから29ドルはちょっと贅沢なお値段ですが、この内容なら納得です。  小ぶりの黒豚フィレかつも衣サクサクで中ジューシーで美味しいです。フィレなのでめっちゃ柔らかい!次はロースかつを食べてみたいなー。  Bento Box - Kobe Beef Outside Skirt Steakcomes with Miso Soup, Rice and DessertKadaeさんチョイスのお弁当は神戸ビーフのステーキ。  焼き加減抜群のステーキは味見させてもらいましたが、と〜っても柔らかくて美味しかったです。  Wagyu Nikomi Hamburgそしてメニューみてどうしても食べたかった煮込みハンバーグ。こちらはコンビネーションだとサラダ、味噌汁、ごはんとデザートがつきますが、コンビネーションから3ドル引きで単品でも頼めます。  玉子とろとろ〜とろとろフェチにはたまらん! 肝心のお味は?というと、しっかり煮込まれたハンバーグがとことん柔らかくて、でも程よい歯ごたえもあって、めちゃくちゃ美味しい。きのこたっぷりのデミグラスソースも濃厚かつ、酸味も効いててかなりレベルの高い煮込みハンバーグでした。ロスではそんなに多くの店でハンバーグ食べれないので、これは貴重かも。白いご飯が何杯でも食べれる危険なおかずくんです。  そしてこちらも気になった海鮮丼。(こちらはランチセットにすると、小鉢と味噌汁、デザートがつきます。) 上に乗った海鮮の具はどれも凄く新鮮でこちらも文句なく美味しい!ご飯の上にのった細切りの錦糸玉子も良い味だしてます。ちなみにご飯は寿司飯ではなく、普通のごはんでした。  最後は茶そば。(こちらはランチセットにすると、小鉢と釜飯、デザートがつきます。 ちょっと濃い目のお出汁なので、温泉たまごを麺と絡めて食べると美味しい〜。山菜やわかめ、おあげさんの具のチョイスも渋くツボ。  最後のデザートは最近の新メニューの黒糖ミルクプリン。  固まるぎりぎりの柔らかさのプリンはとろっとろである種飲める!w)黒糖の香りがふんわりとよぎり、甘さも控えめでめちゃくちゃ好みのデザートでした。これなら甘いのがやや苦手な人にも良いですね。        というわけで、9月からスタートした「炙り屋RAKU」のランチはどれを食べても本当に美味しくて大満足でした。 まだまだ試したいメニューがいっぱいだけど、家からも会社からもちょっと遠いのでなかなか行けないのがもどかしい!近かったら毎週通っちゃいますね 是非みなさんも新しいフェイスを持ったランチタイムの「炙り屋RAKU」に一度足を運んでみてくださいね。  Aburiya Raku521 N La Cienega Blvd West Hollywood, CA 90048 地図Phone: (213) 308-9393http://aburiyarakula.wixsite.com/weho評価:★★★★1/2            ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★?   引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。 面白かったら押してね 

【告知】この度NHKの番組「2度目のロサンゼルス」に出演する事になりました!

みなさま、こんにちは。 バタバタしていて告知が当日になってしまったんですが(汗)、この度NHKの番組に取材を受け、恥ずかしながら出演する事になりました。 番組名は「2度目のロサンゼルス」。 この番組は毎回場所のテーマが変わり、その土地を1回目よりもちょっとディープに旅してみようという設定です。室井滋さんがナレーションを勤め、今回は俳優の西村元貴さんが実際にロサンゼルスを旅しています。私はその中で「ロスめし」のゆかりんとして、グルメ担当で出演しています。  どんな風に仕上がっているのか番組を見てみないとわかりませんが、かなり緊張してたので、ドジも多く恥ずかしい感じで出てると思いますでも初めてのことばかりで良い経験をさせていただきました!再放送もあるので、どうぞみなさん機会があれば観てくださいね 「2度目のロサンゼルス」※日本時間放送予定 BSプレミアム 9月7日(水)午後10時00分〜午後10時59分再放送予定 BSプレミアム 10月5日(水)午前8時00分〜午前8時59分            ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★? 引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。 面白かったら押してね   

WLA近辺で韓国料理が食べたい時にぴったり!カルバーシティのオシャレ焼肉屋さんと夜な夜なカラオケ

みなさま、こんにちは。またご無沙汰してしまってすいません。。。 9月に入り、今週末はレイバーデーウィークエンドで3連休ですね!みなさん、何か楽しいご予定はありますか?遠出などする場合は運転に気をつけて楽しいロングウィークエンドを楽しんでくださいね WLA近辺で韓国料理が食べたい時にぴったり!カルバーシティのオシャレ焼肉屋さんさて、今回ご紹介するのはカルバーシティにあるオシャレ焼肉屋さん「Hanjip」。  場所はカルバーシティの中心部にあります。店内は薄暗くて、オシャレなバーのイメージ。  黒と白のデザインで今風の造りですね。  メニューはこちら。お肉はポークとビーフがあり、その他にアペタイザーなどの料理があります。  無料でついてくる韓国おかず(ばんちゃん)はこんな感じ。彩りが良くて美味しそうですね。  まずは乾杯!  Bone Marrow Corn Cheesew/ Shaved Parmesan & Bonito Flakesまずはアペタイザーでボーンマローが入ったコーンチーズ。個人的にボーンマローもコーンチーズも両方大好きなので、二つが合わさるとどんな美味しさになるのか、食べてみたいアペタイザーでした。 実際はボーンマローをコーンチーズに混ぜ込んでしまうと、そこまでボーンマローの風味は感じられませんでしたが、コクが加わって濃厚な旨みが美味しかったです。  Uni Steamed Eggwith salmon roeこちらも韓国料理定番のケランチム。でもこの店ではウニといくらが乗った豪華版です。とろとろふわふわのたまごに濃厚なウニといくらの風味が合わさるといつもの庶民的な味わいから一気に高級感が増しますね。玉子とうにの相性は良いので良いアイディアです。  Mister Oh's RibsSweet 'n Spicy KBBQ Sauceこちらはアペタイザーのリブは甘辛なタレが食欲をそそります。骨ごとかぶりつくと、ホロホロに柔らかい肉がするっと骨から外れて美味しい〜。個人的にリブ大好きっ子なので、これは大好きなアペタイザーでした。  Beef Tongueさて、いよいよ焼肉のお肉ですが、まずは牛タン。  韓国系のお店は店員さんが焼きなど全てやってくれますが、お皿全部の牛タンをグリルに置いて、ちょっと置きすぎじゃない?www焼きあがるのが全部同時なので、みんなで一気に平らげました。w 肉のクオリティはまあまあな感じ。  Tomahawk Steakそして今日のメインイベントはこちら、骨付きトマホークステーキ!これが食べたくてこの店に来たといっても過言ではありません。ちなみにこれ1個でお値段150ドル!!!  目の前で両面をこんがり焼いた後、キッチンに持ち帰って仕上げてくれます。  焼きあがったトマホークがこちら!  せっかくなのでイケメンに持っていただきましょう〜 程よくレアに焼かれたトマホークはお肉が柔らかくて、上に乗ったトリュフバターの風味が合わさると、まさに幸せいっぱいの味!美味しかった〜 一見量が多いかな?と思いますが、今回6人で来たのであっという間になくなりました。このトマホークを食べたい場合は4人以上で来る事をおすすめします  みんなで記念撮影〜骨があるとどうしてもかぶりつきたくなる習性w       さて、いつもなら韓国焼肉と言えばコリアンタウンに行くのでアメリカナイズされた韓国焼肉はどんなものか?と思いましたが、思ったよりも悪くなかったです。また、yelpのレビューを見ても、多くの人が値段が高いと書いてありましたが、今回6人で行ったので、割とリーズナブルに収まりました。 でもお肉やバンチャンのクオリティはコリアンタウンに叶わないので、やっぱり焼肉が食べたくなったらコリアンタウンに行っちゃうかもなー。。。ただ、コリアンタウンまで行くのがおっくうだったり、WLA近辺で食べたい時には良いチョイスです! ちなみに2号店がダウンタウンにオープンする予定です。(716 S. Spring Street、between 7th and 8th)  Hanjip3829 Main St Culver City, CA 90232 地図Phone: (323) 720-8804評価:★★★1/2    焼肉の後はデザートを食べにソーテルにある「Blockheads」へ。  カキ氷を食べた後は  みんなでカラオケ〜夜中まではしゃいで夜は更けていきました。 韓国焼肉カキ氷カラオケのコース最高でしたまたみんなで行きたいね          ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★?   引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。 面白かったら押してね 

子供から大人までみんな大好き!アツアツ揚げたてジューシーな宇佐からあげが食べれるからあげ専門店

みなさま、こんにちは。術後、1週間ぐらいほぼ動けないほど胃腸の調子が悪くてご飯がほとんど食べれず、一週間で3キロも痩せちゃったんですが、どうも処方されていた抗生物質やアスピリンが合ってなかったようで、急遽主治医に胃薬を処方してもらい、その後やっと調子が戻ってきました。そのため、ご飯ももりもり食べれるようになって、せっかく痩せた体重もちょっと元に戻っちゃった肝心の膝の方は思ったよりも歩けるようになるのが早く、今は杖もなしで普通に歩いてます。会社も復帰しました!特にリハビリも必要ないといわれました。(運動は禁止だけどね。)でもやっぱり階段の上り下りや、足を下げてずっと座ってると痛くなってくるので、あまり無理は出来ないですね。早く普通に動かせるようになりたいです。。。みんな大好き!アツアツ揚げたてジューシーな宇佐からあげが食べれるからあげ専門店さて、今回ご紹介するのはガーデナの「マルカイ/Tokyo Central」の中にオープンしたから揚げ専門店の「天下とり」さん。(←なんとなく「さん」つけw)普段あまりサウスベイには来ないので、何か用事があって来たときにはここぞとばかりに近所で行きたい店に行きまくるのですが、数日前もトーランスで用事があったので、また食べたくなってちょいと寄りました。中に入ってすぐ右手のフードコート入り口に店を構えるこの店は、大分県宇佐市発祥で「宇佐からあげ」と呼ばれているから揚げの専門店です。他のから揚げと何が違うのか?というと、「宇佐からあげ」は市を代表するご当地グルメ。その中でも「天下とり」さんは専門店発祥のルーツとなった中華料理店「来々軒」のテイクアウト専門店で、2012年にオープン。丁寧に下ごしらえした鶏肉をしょうゆやニンニクなどでブレンドした自家製のタレに漬け込んでおり、ジューシーでコクのある味わいが特徴で代表店の一つとなっているそうです。そういえば、一時期日本ではかなりの「から揚げブーム」でしたよね。アメリカでももちろん「フライドチキン」は子供から大人まで大好きなB級グルメで、去年ぐらいからロサンゼルスでも再ブームが来てますが、アメリカの「フライドチキン」と日本の「から揚げ」と大きな違いは、事前に味付けしてあるかどうかでしょうか?(「フライドチキン」もブラインドという漬け込み作業は行いますが、、、)ちなみに比較的アメリカ人は鶏もも肉よりも鶏むね肉を好む人が多く、「フライドチキン」でもむね肉の部分が一番高くて人気があるのに比べ、脂身やジューシーさを好む日本人は断然もも肉が好きなので「から揚げ」と言えばもも肉!というイメージです。昔、当時のアメリカ人の彼氏に鶏もも肉で「から揚げ」を作ってあげたら、脂っこくて好きじゃない。。。と言われたことがあったっけかなぁ。その時に結構衝撃的ショックを受けた記憶があります。笑Anyway、そんな遠い昔の苦い思い出はさておき、、、から揚げ大好きな私にとって揚げたてアツアツのから揚げ専門店が出来たのはかなりテンションあがるニュースだったんです!しかも、この「天下とり」さんでは鶏もも肉に限らず、いろいろな部位を提供してくれます。この日買ったのは一番オーソドックスな「Karaage」の10ピースと、この後パーティがあったので、「Butsugiri」の20ピース!特にこの「Butsugiri」は人気のアイテムで、普段夕方には売り切れてしまう日も多いみたいですよ。さて、お行儀悪いですが、どうしても揚げたてを食べたかったので、その場で1つつまみ食い。うほー(*'(OO)'*)ーっ!うんま〜い!!!口に入れて噛むとまずカリっとした衣の食感が心地よく、その後にじゅわっ!と肉汁が口の中にあふれ出します。外はカリカリなのに、肉自体は柔らかいので、めっちゃジューシー。からあげ自体の味付けは思ったよりも強くなく、割と薄めであっさりしているので、肉本来の旨みが味わえるからあげ。噛むごとに、カリっ!じゅわっ!がたまらん美味しさで、パクパク何個もいけちゃう感じです。(実際、マジで手が止まらんかったー)そして私も「Butsugiri」が大好きです(だって、骨好きだもん骨ごとバリバリ食べちゃいます)正直からあげって家でも作るし、レストランに行っても食べるし、揚げたては過去に何度も食べた事ありますが、ここまでジューシーで「揚げたてにこそ意味がある」からあげは初めて食べたかも〜!これを食べて、からあげが日本で流行って専門店がどんどんオープンしたのも納得しました。もちろん冷めても十分に美味しいですが、あのカリっ!じゅわっ!を体験しちゃうと、その美味しさに「また食べたい!」と脳裏が欲するほど癖になる美味しさです。これがロスで食べれるなんて、わたしゃぁ、幸せだぁ〜揚げたてのから揚げに勝るものはなし(今日の教訓)みなさんも是非揚げたてのからあげの美味しさを体験してみてくださいねTenkatori Karaage1740 W Artesia Blvd Gardena, CA 90248 地図Phone: (310) 627-7822評価:★★★★★ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★まだ「ロサンゼルス食通倶楽部公式LINEアカウント」を追加してない人は是非下記のボタンより友達登録してくださいね引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。面白かったら押してね

1個1ドル!名前も看板もない知る人ぞ知る行列の出来る道端タコススタンドの本場タコスに舌鼓

みなさま、こんにちは。手術をしてから早4日。膝以外は元気なはずなのに、ずっと寝てると病人モードになるというか、なんかあまり元気のない日々を送っております。あ〜早くベッドから脱出して、元気に動き回りたい!体が元気な時にはわからないですが、こうやって不自由な体になると健康のありがたみが良くわかる今日この頃です名前も看板もない知る人ぞ知る行列の出来る道端タコススタンドの本場タコスに舌鼓さて、ちょっと前の出来事ですが。コリアンタウンに住むお友達の家の近くに美味しいタコススタンドがあるというので、連れて行ってもらいました。実はここ、店の名前もなく、ただ道端にカートを置いて営業している超レアなタコス屋さん。でもすでに地元の人には人気とあって、こうやって連日行列が出来る次第。お店のお兄さんはとっても明るくて面白いです。タコスの具材はお肉の他に内臓系やサボテンなど。鍋にいろいろ見たこともないような具材が入っててテンションあがる〜。丸のままの牛タンもあったりして、オーセンティックな感じが私は大好き!大好きなAl Pastorもあります!タコスを作ってもらうと、その横のステーションでオニオンやパクチー、ライムなどを好きなだけ取って、好きなサルサをかけて出来上がり。この日はまずAl Pastorと牛タン1個ずつ。1個1ドルとリーズナブルです。上にごっそり具を乗せていただきま〜す。うんまっ!大きさが小ぶりなので、パクパク何個でも食べられるおいしさ。サルサやお野菜をたっぷりのせて、ライムをキューっと絞って食べるとあっさり食べれるのが本場タコスの醍醐味です。大人の男性だと10個ぐらい食べててそれでも10ドルだからめっちゃお得!実はこの後ディナーの予定があったので、2個だけ、、、と思ったのにあまりに美味しくてもう1個おかわりしちゃいました。こちらはお店のオススメの内臓系。臭みは思ったほどなかったけど、やっぱり内臓くささはあるので、苦手な人は普通のお肉や牛タンぐらいにしておいた方が良いかもです。食べる場所も殆どないので、みんなお店の横で立ち食い!こういうローカルな感じが私は大好きなんだなー。さっと食べれるので小腹が空いた時にもぴったりです。ぜひオーセンティックなタコスが食べたい時は食べに行ってみてくださいね。場所はピコ通りとアーリントン通りの角ぐらいです。(ピコ沿い)前にご紹介したガスステーションにあるタコス屋さんのすぐ近くです。Tacos Stand No NameW Pico Blvd & Arlington Ave Los Angeles, CA 90019 地図評価:★★★★1/2ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★まだ「ロサンゼルス食通倶楽部公式LINEアカウント」を追加してない人は是非下記のボタンより友達登録してくださいね引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。面白かったら押してね

お得で満足!今年最後のdineLAをオフィスランチで楽しむおしゃれな地中海料理レストラン

みなさま、こんにちは。ちょっとご無沙汰してしまってすいません実はちょっと前にこのブログでもお話ししたんですが、左膝の半月板を損傷したことが発覚し、先日の木曜日に手術しました。私は全身麻酔が大嫌いなので、膝の内視鏡の簡単な手術と言えども、当日手術ギリギリまで不安が募るまま手術を受けました。でもあっという間に手術は無事に終了。ほっと一息ついて、今は家で療養中です。足をしばらくあげていないとだめなので、今はベットでほぼ寝たきり状態ですが、足以外は割と元気です。この写真を見ると包帯がすごいことになってますが、その下がどうなってるのか自分でも不明。笑)まあ、でも痛みは思ったよりもないので、良かったです。来週いっぱいぐらいは家でゆっくりして徐々にリハビリに励もうかと思っています。そんな感じでちょっと更新にばらつきがありますが、みなさん引き続きお付き合いくださいね。今年最後のdineLAをオフィスランチで楽しむおしゃれな地中海料理レストランさて先週まで巷では「dineLA」が行われていましたね。ここ最近は特に興味もなく、ざっとお店のラインアップとメニューに目を通して終わることが多いのですが、今回はたまたまこの時期に会社の近くでお友達とランチをすることになったので、せっかくならdineLAをやってる店を選んで行く事にしました。場所は会社から歩いて5分ぐらいのところにある「10e」。ここは地中海・レバノン料理のお店です。店の中に入ると天井が高い広々としたダイニングルームが目に飛び込んできました。2階もあってなかなか大きなお店ですね。椅子のデザインが1種類じゃないところが可愛くて、インテリアが好きでした。さて、メニュー。こちらは通常のメニューです。そしてdineLAのメニュー。もちろん今回はこちらからお料理を選びました。2コースでアペタイザーとメインが選べます。まずはピタパンとアペタイザーが運ばれてきました。小ぶりの自家製のピタパン。これがあったかくてモチモチでめっちゃ美味しかった!一緒につけて食べるオリーブオイルとヨーグルトのディップも美味しかった。HUMMUS SUJUKSmooth Hummus Topped with Spicy Armenian Sausageお友達のみわちゃんが選んだアペタイザーはフムスとソーセージのディップ。今までいろいろな地中海料理やレバノン料理の店でフムスを食べて来ましたが、こうやってソーセージや野菜などと合わせて出す店は初めてです。ひよこ豆から作られた濃厚なフムスとちょっと塩気のあるソーセージとの相性抜群!ピタパンと一緒に食べるとめっちゃ美味しかったです。SOUR CHERRY CREPESCrepes Filled with Ground Sirloid Beef, Topped with Pinenuts, Onions, and Sour Cherry Sauce私が選んだアペタイザーはサーロインのひき肉が入ったクレープ。チェリーのソースがかかっているのでデザートっぽく見えますが、柔らかいクレープ生地もチェリーソースもほぼ甘さがなく、ほんのり程度の甘さ。そこにひき肉の旨みが加わって、これはれっきとしたアペタイザーに仕上がっていました。見た目も綺麗で美味しい。KEBAB TWO WAYSOne Chicken Breast Skewer and One Beef and Lamb Mix Skewer Served with Armenian Pilaf私もみわちゃんも同じメインを選んで2種類のケバブ。1つはチキンで、もう1つはビーフとラムのひき肉をミックスしたものでした。ちょっと見た目からして焼きすぎな感じも見受けられますが、そこまで気にならず美味しく食べれました。ちょっとお肉全体がパサっとした印象もありましたが、添えられた白いソースがとっても美味しくて、それを付けて食べるととても美味しかったです。ピラフも好みの硬さで味付けも良くてGOOD。      もともと私はこういった地中海料理が大好きなので、全体的に美味しく満足していただけました。これで25ドルはお得な印象です。しかもダウンタウンで地中海料理は珍しいし、正直そんなに味に期待してなかったんですが、思った以上に美味しくて、会社からも近いのでちょくちょくランチ使いに良いなと思いました。また、お店のインテリアもオシャレで綺麗なので、ビジネスランチにもぴったりかも。今回dineLAはこの1件しか行きませんでしたが、なかなか当たりのお店で満足しました。次は通常のランチやディナーメニューを試してみたいです。みなさんもダウンタウン方面に来た際には是非一度試してみてくださいね。東大卒の美人弁護士・みわちゃんとはめちゃくちゃ久しぶりに会ったんですが、実はオフィスが同じビルでご近所さん。久しぶりに聡明な人と話すと自分の視点全く違うので面白くて楽しかったです。これからも時々ランチバディーとして仲良くしてもらおうと思います10e811 W 7th St Los Angeles, CA 90017 地図Phone: (213) 488-1096http://www.10erestaurant.com/評価:★★★★ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★まだ「ロサンゼルス食通倶楽部公式LINEアカウント」を追加してない人は是非下記のボタンより友達登録してくださいね引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。面白かったら押してね

今業界が大注目!サンタモニカ出身のユダヤ系白人が作る京都仕込の本格派割烹の店「渋味」に潜入

みなさま、こんにちは。今週もやっと花金と言っても数日前にテキサスのオースティンから帰ってきたばかりなんですけどね。笑)いや〜、今回もテキサスを食べつくしてきました。でもやっぱり暑かった〜汗だくになりながら、BBQ頬張ってました詳しいレポートは後日楽しみにしててくださいねー。サンタモニカ出身のユダヤ系白人が作る京都仕込の本格派割烹の店「渋味」に潜入さて先日、ダウンタウンにオープンしたばかりの割烹「Shibumi(渋味)」に行ってきました。ここはオープンする前から媒体でも注目を浴びている今話題のお店です。店構えは和風ですが、場所は「え、本当にここにあるの?」って思ってしまうほどゲトーな場所にいきなり忽然と現れます。中に入ると左手にながーいカウンターがあり、右手はダイニングエリア。壁がコンクリートで黒が基調のシックでオシャレな店内です。この方がこの店のオーナーシェフ・David Schlosser氏。そう、割烹と言えどもサンタモニカ生まれのユダヤ系アメリカ人がこの店のオーナーシェフを勤めます。「なんだ。。。なんちゃって割烹か?」とこの時点で思う方も多いと思いますが、いやいや、そんなことはないんです。まず、彼のこれまでの経歴をご説明すると。シェフSchlosser氏の経歴:サンタモニカで生まれ育ったSchlosser氏は高校時代はベニスビーチのオイスターバーで働き始め、その後料理学校に入学。2年後に卒業した後は渡仏し、フランス料理を学ぶ。ロサンゼルスに戻ってきてからは、L'Orangerieで働き始めたのち、Balthazarでヘッドシェフを務めるようになる。その後はプライベートシェフを務めながら、2001年にタイに旅行に出かけるが、その途中で東京に立ち寄り、その時食べた寿司が彼の人生を変えることとなった。2002年にロサンゼルスにその当時ビバリーヒルズにあった「銀座すし幸(現在の浦澤)」で知人の紹介により、初のノンジャパニーズとして働くこととなった。そしてその腕が認められ、ニューヨークに移転する際の「Masa」のオープンで立ち上げの手伝いを任されることになった。その後、「Masa」を任されるチャンスを断り、ニューヨークを離れ、東京に移住。東京のアメリカ大使館で数年間シェフを務めたあと、京都嵐山にある「吉兆」で修行することとなった。その間彼は茶道と華道の修行も重ね、徹底的に和の心を学ぶ。その後またロサンゼルスに戻り、自分の店を立ち上げる準備をしながら、「座禅」という割烹スタイルのポップアップレストランのホストを始める。そのあとは日本やニューヨークを転々とし、去年の11月にこの「Shibumi(渋味)」の立ち上げをスタート。そしてオープン直前にSushi NozawaのNozawa氏に料理を披露した。とまあ、すばらしい経歴の持ち主で、私はこの彼の経歴を読んで、「彼の作る料理はいったいどんなものなんだろう?」と一気に興味を持ち、すぐにこの店に予約を入れました。料理のメニューはこちら。品数はまだ少ないですが、どれも美味しそうです。今回人数が4人だったので、ほぼ全てのメニューをオーダーしました。ドリンクはアイスティーを頼んだら冷たいほうじ茶が出てきました。しっかりとした風味が出ていて、美味しかった。cucumbersstuffed with shiso leaf, seeds umeboshi & bonitoまずはきゅうりの前菜。中に紫蘇、梅干、鰹節が入ってて、さっぱりしてておつまみに良い一品。お家でも作ってみたいかも。そして驚いたのが、この器がキンキンに冷やされていた事。冷たい料理を最後まで冷たく食べて欲しいという気配りが感じられていきなり1品目から感動。chilled corn soupyuba, puffed rice2品目は冷たいコーンスープ。今ちょうど旬のとうもろこしを使った冷たいスープですが、これが絶品!クリーミーなスープは軽く泡立てられているので、ふわっとした食感がまず味わえ、凝縮されたとうもろこしの旨みが濃厚だけどさわやか。中に入っている湯葉やカリカリの食感のあられや出汁のジュレがスープと合わさっていろいろな相乗効果を出しています。また、味付けがとても繊細で、素材それぞれの旨みが極限に引き出されているので、とうもろこしの甘みや出汁の旨み、湯葉のコクなどが味わえ、口の中で味のハーモニーを奏でています。summer vegerablekoji rice dipシェフの友人がやっているというサンタバーバラの農家から採りたて新鮮な野菜を直送。それらの野菜を塩麹につけて食べるんですが、どれも味が濃くて美味しい!塩麹のソースも野菜に合い、より旨みを引き出させていてなかなかの美味しさでした。silky egg tofuuni fresh nori & wasabi次はたまご豆腐。ウニと生海苔が乗っていて、わさびはもちろん本わさびを使用しています。ほんのり香る程度のたまご風味のお豆腐はぎりぎり固まっているぐらいの柔らかさでめちゃめちゃプルプル。豆腐に合わせた生海苔とウニはほんのり潮の香りがして、優しい味がしました。本わさびの鼻に抜けるさわやかな香りも心地よく、良いアクセントとなっています。japanese sea-bream sashimiginger, okra & sansho pepperお造りは日本の鯛。盛り付けが和というよりも、今流行りのニューアメリカンのプレートのようでとっても美しいです。このお造りはすでに味つけされており、醤油などを付ける必要はありません。その味付けも本当に最小限に抑えられていて、上にちょっとずつ乗っているガリや昆布、煮こごりなどで鯛の旨みを味わう感じです。あまりに味つけが繊細すぎて、これ本当にアメリカ人でもわかるの???と疑問に思ってしまうほどの繊細さでした。salmon troutsmoked with cherry barkメインのお料理一品目は焼きスモークサーモン。口に入れると燻製の香ばしい香りがひろがり、その後サーモンの旨味と合わさり鼻に抜けていきます。サーモンはやや脂身が強い魚なので、スモークすることで少しさっぱり感が出る気がします。通常こういった魚の焼き物って塩加減がきつい場合が多くありますが、このサーモンは塩加減の塩梅がちょうど良く、燻製もほんのりなので、サーモン自体の旨味も味わえ、とっても美味しい。上に乗ったサーモンスキンのお煎餅もカリカリで食感のコントラストが楽しめます。サーモンって皮が一番美味しいんだよねー。これをおかずに白いごはん、お味噌汁で定食とか作って欲しいです。ランチやってくれないかなー…。ちなみに添えてあるお漬物ももちろん自家製で美味しい。crispy monkfish"kara-age", cirtrus, kelp saltこちらはアンコウの唐揚げ。揚げたてなので、衣がサクサクで中がジューシー。ライムをぎゅっと絞って食べると、爽やかさも加わり美味。golden beetsbroiled with barley misoこちらは焼いた黄色いビーツに麦味噌をのせたもの。ビーツを和食に使った料理を食べるのは初めてですが、ほんのり土臭い香りに麦味噌が良く合う!ちゃんと和食に成り立ってます。日本人にはなかなかない発想ですごく面白いし、しかも完成度が高いです。ビーツ好きにはぜひ食べて欲しい一品。Black Codwith Uniこちらはこの日のスペシャルの銀ダラのウニ焼き。シェフが一押ししていたので、頼んだのですが、さすがおすすめしているだけあって、めちゃくちゃ美味しい!というか、口に入れた瞬間にあまりの柔らかさにびっくりしました。そのフワフワ感は完全に魚じゃない!まるでメレンゲを食べているかのような柔らかさで、生ギリギリな焼き加減で絶妙。ちょっと前に別のレストランでサーモンのお料理で同じようなふわふわ感を味わったことがありますが、その時の感動と同じかもしかしたら上だったかも。(そのレストランについては後日ご紹介します。)添えられたお漬物が毎回違うのが驚き!さすが京都で修業しただけのことはありますね。今回は4人だったので、話しにくいかと思ってカウンターに座らなかったんですが、カウンターに座るとシェフの作っている姿を目の前で見ることが出来るので、カウンターで予約を取ることをおすすめします。彼のプレゼンテーションを見ているだけでも楽しめます。grilled heritage porkin koji rice, pickled daikon, leekこちらは塩麹につけこまれたポークのグリル。麹の甘味がほんのり口に広がり、肉がとても柔らかくてこちらも美味。添えられた大根のお漬物もほんのり甘くて豚肉と良く合います。カウンターに登場したお肉の塊。これは次に出てくる牛肉のお料理ですが、お肉はカリフォルニア産のホルスタイン牛を使っています。ホルスタイン牛って通常は乳牛として育てられるので、食用になるのは珍しいですよね。でももともとドイツの牛であるこのホルスタイン牛がアメリカに渡り、その後日本に入ってきて今の和牛の原点となったようです。北海道ではホルスタイン牛がメインみたいですね。california holstein beef stripgrilled, fresh wasabi, nara-zuke pickleという訳で、ホルスタイン牛のグリル2種。1つは生わさびをのせたもの(手前)で、もう1つは奈良漬を刻んだものをのせたもの(奥)。奈良漬を使うところが京都っぽいですが、牛肉と一緒に食べて合うのか?とちょっと疑問に思うのもつかの間、食べてみると、奈良漬独特の風味と牛肉のコクがと〜っても良く合っていました。奈良漬を買ってきて自分でのせて食べても良いかも!生わさびは言わずともこれは美味しいの当たり前ですよね。またホルスタイン牛も程よい脂が乗っていて、柔らかくて美味しい牛肉です。omusubigrilled rice with mushroom burdock & ground最後の〆は焼きおにぎり。キノコやごぼうが入った炊き込みご飯をおにぎりにして軽く炭火であぶっているので香ばしい。周りのカリカリ感や海苔のパリパリ感で食感も楽しめました。やっぱり日本人ならこういう炊き込みご飯のおにぎりって最後に食べるとほっこりしますよね。そういう和の心をしっかり捉えているシェフの心遣いにとても感動しました。koji (r)ice creamstrawberry & elderflowerデザートは3種類あったので全部頼む事に。最近ニューアメリカ系のレストランでも麹を使ったアイスや料理が目に付くようになってきたので、次のアメリカでの食材ブームは「麹」になる予感がしますが、こちらでも麹を使ったアイスクリームが置いてありました。麹独特の風味がアイスと混ざり合うと、不思議な風味で最初「ん?」と考え込んでしまいますが、食べ進んでいくにつれて、癖になる味です。でもちょっと癖があるので、好き嫌いはあるかも。chilled apricot seed tofuapricots2つ目は杏仁豆腐。トッピングにアプリコットの種の芯を使ってあるのが私的にツボ!トロトロの杏仁豆腐はほんのりの甘さで優しいお味で美味しかったです。classic warabi mochi3つ目はアメリカではなかなか見ることのない「わらび餅」!もちろん自家製で作られているわらび餅ですが、モチモチの食感ときな粉の風味、黒蜜の甘みが加わって、日本人には懐かしい味が心に染みました。日本人経営のレストランでもほぼ見ることのないわらび餅がこんなところで出会えるなんて感激です。でもこういうのってアメリカ人に理解出来るんだろうか?      というわけで、初の「Shibumi」体験は想像を超えるすばらしいものでした。どのお料理もはずれがなく、一口食べる度に驚きもあります。また、目にも美しいので、全ての五感を使って楽しめる料理の数々。まるで日本のちょっとした高級割烹で同じ料理が出されてもぜんぜん驚かないレベルの高さです。そして、David Schlosser氏自ら何度もテーブルに様子を見に来てくれ、全てに気を使いながらも、気さくな対応で本当に居心地の良いお店でした。こんなに褒めると、「ノンジャパニーズが作ってるから甘い点数つけてるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、いやいや、そんなことは全くありません。その証拠に今回一緒に訪れた4人全員が同じ感動を受け、ひとりの食通の友人は「私の中でこの店はロサンゼルスで一番好きな和食レストランになりました。」と感想を述べていたほどです。その意見に私もある種同感。だって和食のるつぼのロサンゼルスでさえも、こういう種類の和食レストランって今ロサンゼルスにはありませんもの。もちろんロサンゼルスには他にもすばらしい和食のレストランが沢山あり、それぞれ違うオリジナリティーを出しているのでそれらと比べることはできませんが、たとえ比べたとしても全く引けをとらないレベルの高さに私たち全員本当に驚かされたのです。それは味だけでなく、店の雰囲気、サービス全てに於いてでした。実はこの店は割と賛否両論な意見もあるようで、私たちがこんなに感動したのに「二度と行かない」と思う人も居るんだーとかなり疑問に思ったんですが、たしかにこれだけの繊細な味付けだと、ちょっと物足りないと思う人も少なくないのかもしれません。特に濃い味付けの好きなアメリカ人にはそうかも。でもここまで繊細だからこそ、この繊細さに絶対の自信を持っているシェフのセンスと舌の感覚に私は本当に感動を覚えたのです。アメリカ人も遂にここまでのレベルに来たか!と。(すいません、上から目線でw)ちなみに、全てが本当に美味しかったですが、私の中で一番印象に残っているお料理はコーンスープとこの日のスペシャルだった銀だらの焼き物。味だけでなく、食感や温度など、全てが細部にまで気を使われていて、ひとつひとつ計算しつくされたお料理に圧巻でした。シェフ曰く、メニューは基本四季折々で変えて行くようですが、お店が起動にのって少し落ち着いたらおまかせメニューも導入するそうです。また、9月末または10月ぐらいが新そばの季節なので、その時期には蕎麦を打ってお店で提供するそうですよ。新そばを日本以外のロサンゼルスで食べれるなんて、絶対に見逃すことの出来ないチャンスです!その時期は絶対にまた訪れたいですね。ただ、一つだけ注意したいのが、今回4人で来たのでほぼ全メニューをいろいろ試すことが出来、一人あたりのお値段が税・チップ込みで80ドルぐらいと割とリーズナブルでしたが、2人ぐらいで来ると、当然頼む品数も限られ、割高になってしまうところが難点です。いずれおまかせコースが導入されれば、それを頼む事が出来ますが、それまではなるべく4人ぐらいの人数で来る事をおすすめします。それか、メニューが頻繁に変わらないので、2人で数品ずつ頼んで、何回も通うってのもありかもしれません。とにかく日本人で和食が好きな人には是非1度行ってもらいたい今一番おすすめのレストランです。数少ない日曜日オープンなところも良いですね。シェフと一緒に記念撮影すばらしいお料理の数々、ごちそうさまでしたShibumi815 S Hill St Los Angeles, CA 90014 地図Phone: (213) 265-7923http://www.shibumidtla.com/評価:★★★★★ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★まだ「ロサンゼルス食通倶楽部公式LINEアカウント」を追加してない人は是非下記のボタンより友達登録してくださいね引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。面白かったら押してね

NYで8000レビューを持つ驚異のハラル料理がKタウンにオープン!ロスで食べ比べてみたよ♪

みなさま、こんにちは。最近週1の更新が定着しておりますが、これからもせめて週1をノルマに頑張ります!あ、そうそう。今週の日曜日からテキサスはオースティンへグルメ旅に出かけてきます。お肉好きの私も王子もずーっと昔からテキサスに行きたいと思っていたのですが、なかなか機会がなくて行けないでいました。で、今回頑張って予定を組んで、ニューヨークの時と同じ短い日程ですが、思い切って行っちゃう事に決定しかもいつも仲良くしていただいている、大好きご夫婦と一緒ですニューヨークどころか今年始めに行ったハワイもまだレポート未提出ですが、テキサスでのグルメレポートも必ず書きますので、是非みなさん楽しみにしててくださいね。また、ニューヨークの時と同様、食通倶楽部のインスタグラムではリアルタイムでグルメ旅をアップしますので、それまではそちらをお楽しみください。食通倶楽部インスタグラムNYでyelp8000レビューを持つ驚異のハラル料理がKタウンにオープン!さて、あまりに毎日あっという間に過ぎ去るので、ニューヨークへ行った日が遠い昔に感じますが、、、本来ならニューヨークの方を先に紹介するべく今回のお店はつい先日コリアンタウンに支店をオープンさせてしまったので、そっちの方を先に紹介します!その店とは「The Halal Guys」!ニューヨーク行くまでこの店のことは全く知らなかったんですが、ニューヨークに行く事になり、いろいろお店を検索してたら見つけたお店の一つ。というのも、本店はyelpでなんと8000以上もレビューがあり、ニューヨーク全体の最高数!それでも★4.5つをキープしているというから、いったいどれだけ美味しい食べ物なんだ!と興味を持ったわけです。で、ニューヨークで行った時のお話は後日書くとして。今回はこのお店がチェーン展開し、今次々と全米で支店をオープンさせているのですが(全米で合計50店舗ほど増やすらしい)、ほんの数週間前にKタウンでもオープンしたということで、早速ニューヨークとの味比べに行ってきました!さすがオープン初日とあって、店は午後4時過ぎの時点で行列が出来てる〜!入り口でスクラッチャーをもらってスクラッチしたら、フリーフライだった!(でも今回使えないので次回までのお楽しみ)店の中もすっごい行列で凄い人人人。従業員もいっぱいいるので、店内は人でごった返しています。メニューはシンプル。チキンかGyro(ビーフ)のお肉とライスがついたプラッターまたはサンドイッチ。お肉はチキンとGyro(ビーフ両方を選ぶことも出来ます。しかし、Gyroなのに何故ビーフなんだ〜!!!ラム肉が苦手が人がいるからだろうけど、ラム好きの私のためにラムのチョイスも入れて欲しかった。。。奥では大量のチキンをちゃっちゃと焼いていたり、Gyro(ビーフ)をせっせと焼いていました。注文するとお姉さんが手早くオーダーをさばいています。そして注文完了!この黄色い袋が見覚えある〜。店内は狭いですが、いくつかイートインスペースがあるので、その場で食べれます。今回一緒に偵察に来たのはKタウンの女王・Kadaeさん。実は彼女、私が行くちょうど一週間前にやっぱりニューヨークに行ってたんですが、その時は本場でこのHalal Guysが食べれなかったので、今回Kタウンで初トライでした。オーダーした料理たち〜。定番のチキン・Gyro(ビーフ)のハーフハーフ&ライスプラッターにサイドでタブーリサラダを。プラッターはスモールかラージが選べるのが良いですね!ラージは王子にお持ち帰り用にして、その場ではスモールを食べました。見た目はニューヨークで食べたのと比べるとほぼ変わらないですが、やや肉が大きめにカットされている印象。ニューヨークでは白いソースは別にもらえるのですが、ここではあらかじめかけてもらうシステムでした。ちなみに赤いソースは別にもらえます。ニューヨークではついてこなかったけど、こちらはピタパンのエキストラが付いてくるみたいです。タブーリサラダ。Kadaeさんも同じの買ったのに、何故だか見た目がちょっと違ってました。Kadaeさんのは白いプチプチが入ってなかった。だけど、このプチプチの正体が食べてもわからなかったスパイシーが好きな人はこの赤ソースをかけて食べます。が、私もかなりスパイシー好きで相当な辛さでも大丈夫なのに、この赤ソース危険です!ちょっと舐めるだけでも、脳天に突き刺す辛さなので、舐めてかかるとやられますだから1袋使い切るなんてことは普通の人間では無理ですが、辛さに超人な方は是非たっぷりかけて食べてみてください!エキストラで欲しい場合は25セントでもらえます。途中、白ソースが足りないなーと思ってたら、お店の人がボトルを持ってまわってくれたので、た〜っぷりかけてもらいましたこの白ソース、ランチドレッシングみたいな味ですが、ランチドレッシングよりも酸味が少なくてもっとクリーミーなので食べやすいです。この白ソースがあるからこの店が流行ってる!って言えちゃうぐらいに美味しくてハマッちゃうソースです。この白ソースが肉やご飯に合うんだよねKadaeさん曰く「飲める白ソース」。wちなみにここのご飯はバスマティライス(写真でちらっと見えるのわかる?)。オレンジ色でターメリックなどのスパイスで炊き込まれていますが、このオレンジのバスマティライスがめっちゃ美味しいんだよねー。炊き方がちょうど良くて歯ごたえがあって、GOOD      というわけで、ニューヨークから帰って来てすぐにKタウンで食べたHalal Guysのチキンライス。食べ比べてみての感想は?というと、やっぱりニューヨークで食べた方が美味しかったです!これは王子も同意見でした。しかも彼はニューヨークで食べたのは、買ってから1日経った私の残りものをしかも冷めた状態で食べたのに、それでもとても美味しかったそうです。でも、基本はお肉とご飯のシンプルな料理なので、すっごい違いがあるか?といわれたらそうでもないかなー。ソースも一緒だし、味付けに代わりはないと思うから、ロスで食べても美味しいのは確か。何が違うの?と言われると答えに困っちゃうんですが、ニューヨークで食べた時の感動は2回目だったせいもあってなかったです。でもニューヨークの何店舗かあるHalal Guysでも、やっぱり本店で食べるのが一番美味しいらしいので、本店が美味しい何か秘密が隠されているのかもしれませんねただ、ニューヨークまでわざわざ行かなくても食べれるという点では大満足ですちなみにコスタメサとロングビーチにも支店があります。しかも夜中(というか明け方)早朝4時までオープンしてるので、Kタウン方面で遊びまくった人のクラブめしには良いかも。飲んだあとの太りめしにも最高〜ニューヨークの味をロサンゼルスで体験したい貴方!是非一度試してみてくださいね。また、Kadaeさんもこの日のことをブログでレポートしていますので、そちらもチェキラきゃー!オープン当日から凄い人気〜!NYで大行列の出来るB級グルメNo1がついに登場!!The Halal Guys3432 Wilshire Blvd Los Angeles, CA 90010 地図Phone: (213) 480-7738http://thehalalguys.com/評価:★★★★ロスめしからお知らせ日本や世界各国からロサンゼルスに旅行などで来られる方や、すでにロサンゼルスに住んでいる方も含め、ロスでレストランのアドバイザーやアテンド、コンサルなどをお探しの方が居れば、自称ロサンゼルスで一番レストランに詳しい日本人、ゅかりんがみなさまのお手伝いをさせていただきます興味のある方はshokutsuclub@gmail.comまでご連絡くださいませ。関連記事はコチラ→★まだ「ロサンゼルス食通倶楽部公式LINEアカウント」を追加してない人は是非下記のボタンより友達登録してくださいね引き続きみなさんのぽちっが私のブログ更新の励みになります!どうぞよろしくお願いします。面白かったら押してね
ロスめし」ブログは「ロスめし」さんの著作です。 上記は 2017-09-20 09:48:22 にキャッシュした内容です。 そのため、このページは最新版でない場合があります。 最新版はこちらです。

アップデートランキング

4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」 1日2.3回のペース
羅府散歩 1日1.4回のペース
VC社長日記 1日0.7回のペース
TAEKOのOCへいこう!ブログ 1日0.7回のペース
アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible 1日0.3回のペース
肉警部ログ 1日0.1回のペース
Californiaごろごろゆるゆる日記 1日0.1回のペース
まるごとOC生活〜見て、感じて、オレンジな生活☆ 1日0.1回のペース
NetHeroの「今は昔」 1日0.1回のペース