ブログupdateサマリー

晴れたり 読んだり

2004年からのロサンゼルス生活。書き留めておかないと忘れてしまいそうなこと色々。家ごはんのレシピはhttp://whatweeatinwla.blog3.fc2.com/にて

4年目のパイナップル

これまでの生い立ち 2011年7がつ:パイナップルの葉っぱ部分を植木鉢にブスッと。しばらくして根付く 植え替えでローズマリーと同居を経て、 一人鉢植え暮らしに戻り、 前のアパートの工事でベランダから室内に退避になり衰弱 2014年に4月:屋上生活開始。日当たりが増したおかげか顔色が良くなりw、 2014年に8月:勝手に子株を増やす!w 2015年1月:引越し時にまさかの「積めません」宣告をうけるも(業者がトラックではなく大きめのバンのような車で来たので、土のものを車内に載せたくなかった様子)、せっかくここまで育ったんだしと、Priusでなんとか移動。 新しいベランダは東向きで日照時間は長くありませんが、風通しが良いのか空気が良くなったのか植物はどれも調子が良さそうです。 2015年3月21日:ふと見ると、親株の中心に花芽が出来ています?? 植えてから3年くらいで花が付くとは聞いていましたが実際に目にすると感慨深いものがあります。 じわじわと大きくなって、2015年5月現在、握りこぶし程のサイズですよ。
2015-05-23T02:34:26+09:00

新居の間取り

新居と言いつつ、引越しから4ヶ月以上経ってるわけですが(書いてるのは5/19/2015)、引越しから週末を2ー3回片付けに費やして、やっと見える範囲にダンボールが無くなりました。 今度の部屋は建築法的には1Bed,1Bathとは言えないexecutive studioという間取りだそうです。 ベッドルームの定義である窓が無いため、リビングとの境界の壁が腰までの高さ、上半分が開いています。この開放感が部屋全体を広々と見せてくれるので、ここに決めたポイントの一つです。 洗面台は横幅、奥行きがそれぞれ少し狭くなり(でもボウルが新しい(^。^))、 お風呂は初のシャワーカーテンタイプです。 引っ越し前の計測で自作した家具配置予定図では、ベッドルームがキツキツだったのですが、実際はもうちょっと余裕がありました。 キッチンは、以前のコの字型から二の字へ。奥行きも狭くなったので、オーブントースターは置く場所が無くなりました。常時だしていたフードプロセッサー類、ホームベーカリーも使う時のみ。Costcoサイズのラップやホイルが居心地悪そうです。 戸棚の数も減ったので、食器も普段使う2人分だけだして、保存食も良く使う分だけ取りやすいところへ置いて、残りはクローゼットへ。 前々回の引越しで本棚と本を一部処分し、 前の部屋ではリネンクローゼットの半分に収まるだけにしたのですが、今の部屋ではまた、本棚を買い、 読むことがあるのかなぁとおもいつつ並べ直し、ほとんど見ないだろうDVDなどはクローゼットへ。 もともとクローゼットに入っていたものもクローゼットへ。 、、、といくら大きめのクローゼットと言えど収まり切る筈もなく、また、今度のベランダでは使用禁止になったBBQグリルと、ビビが来た時に1週間弱使った猫用ケージが箱に収納されてリビングで里親募集中。^^; リビングとベッドルームに1脚ずつあり、どちらもふじ子さんご愛用だったIKEA POANG Chairは処分(捨てた直後は猫なのに本当にブーブー文句を言いましたヨ)、夫念願のL字型ソファを導入。今度はビビのお気に入りにされています。 ソファがちょっと予算オーバーになったので、テレビ台は古いのを捨てちゃった後で買い替え延期が決定w。 入れ子コーヒーテーブルの低い方を使っていますが、これでとりあえず問題ありません。 お気に入りの椅子を捨てたり、日向ぼっこの陽射しの入る時間が短くなったりして、猫にはちょっとかわいそうな気もしていたのですが、上記のベッドルームの下半分の壁がまさにキャットウォークになり、ご機嫌で使ってくれています。上下の運動が増えて、ふじ子のいいエクササイズのようです。
2015-05-19T15:37:35+09:00

4日がかりの引越し

メインの引越しは木曜日に設定し、業者も頼んでいましたが、当日現れた2人組は荷物を見るなり「トラックに載らないぞ、、」とブツブツ うち1人は初心者のようだったのと、夫がまたも風邪をひいていて力仕事が手伝えなかったのと、マネージャーに引っ越し日を伝えていたにもかかわらず、工事車両がエレベーターが直結している方のガレージを占拠していてたため、荷物の積み込みにものすごく時間がかかりました。 しかも、鉢植えは載せられないと言うし、引越し先までの道に迷ったと1時間近く迷子になり、、、 ハズレ業者でしたねぇ 積み込みの間、猫たちはクローゼットに閉じ込めておいたのですが、その中でもビビは毛布に潜り込んでドキドキ。 業者が出て行った後で、家具がなくなった部屋に出て来ても、へっぴり越しでウロウロ、キャリーに入れて本の10分ほどの車移動の間に手足の肉球が冷や汗でビッチョビチョ。 新居では、人間のベッドに潜り込んだまま2日間、土曜日の朝巨大なオネショをしてからようやく少し落ち着いたのですが、それ以降お客さんにはほとんど姿を見せない幻ニャンコになってしまいました。 結局、大きな家具以外がたくさん積み残されたのと、オネショで寝具を買い直したり、それらを片付けるのにプリウスで何往復したことか。 ふじ子は、新居の探検などしつつ、ビビがベッドにこもっていた間は何やら落ち着かない感じでしたが、出てきたら安心した様子になりました。 そんなこんなで、元の部屋を空に出来たのが日曜の夜。 その頃には夫の風邪が私にバッチリうつっていたというオチでした。 残るは荷解きです。
2015-05-19T15:36:31+09:00

荷造りと猫と夫の風邪

うちの猫たちは箱が嫌いで、段ボールをガサガサ音を立てるのも怖がります。 ただ、ふじ子は荷造りには割と寛容で、こんな状態でも自分の居場所をキープ。 ビビはXmasツリーが無くなってしまったショックもあって、いじけモード 荷造りを開始したXmas後の週末でホコリに喉をヤられた夫はそのままひどい風邪を引き、一度治まったものの大晦日に再び発熱、、、 私も引越し当日前後は休みを取ることにしましたが、大晦日はカレンダー通りに出勤だったので 荷造りも中途半端なままの年末になりました。 ホント、引越しって嫌い〜〜〜〜
2015-02-24T05:23:49+09:00

慌ただしくXmas

そんなこんなでバタバタなホリデーシーズン。 引越し日が1月中旬に決まり、早々に片付け&荷造りを始めなければならないわけですが、どうせ、押し入れから物を出すなら、ツリーも出しても良いでしょ? ビビは去年のツリー登りを覚えてましたよ。 この後、ずーっとツリーにくっついて過ごしてました。 ケーキと今年はあんまり上手に焼けなかったローストビーフと、 Xmas当日は、映画into the woodsを見に行って、夫には「日用品」のプレゼントでがっかりされて2014年のXmas終了。 27日にはツリー撤収! 引越し用の段ボール届きましたから。
2015-02-24T05:09:58+09:00

部屋探し

引越しを決めたのはThanksGivingの週でした。 アパートを見て回ろうにも、マネージャーも休暇で留守なところがほとんどで、そういえば、前回の引越し(5?6?年前)も部屋探しを始めたのが同じ時期だったのを思い出しました。 craigslistやWestside Rental.comの無料情報で探りを入れて、条件を決めることにしました。 ・Cat OK ・1bed 1bathかそれ以上の間取り が必須条件で、 A・夫か私どちらかの職場に徒歩圏内で家賃は現状維持 もしくは B・ちょっと遠い家賃の安いところで車2台通勤にして、車2台分の駐車場代と維持費が増えても出費総額は変わらない のどちらかの物件を探すことにしたのです。 探し始めてみると、今まで住んでいたアパートが立地的にも広さ的にもお得物件だったのが分かりましたが、新居には他の点でそれを超える長所があれば良いわけです。 きれいさとか、新しさとか、マネージャー/オーナーの感じの良さとかね。 この後の手順としては、 オンラインで目星を付けた所を訪ね、 看板に載っている電話番号に連絡し、部屋を見せてもらう、 申し込み書を出し、 アパート側が私たちのクレジットヒストリーを審査、 okならば引越し日決定 となります。 実は、仮契約をしちゃった物件があったのですが、その翌日に掲載された物件が気に入って、土壇場でそっちに変えました。 結局、条件はAの方で、夫の通勤時間が徒歩5分から20分に伸びます。 パーキング代は混み、収納が今より減るので、物を減らさないといけません。 日当たりもさらに悪いかもなので、猫と植木がちょっと気がかりです。 下見時の間取りスケッチ
2015-02-24T04:37:44+09:00

アパートのリノベーション その後

5月以降にどんなことがあったかといいますと、 内廊下のカーペットが剥がされ バルコニーの床面とフェンスが変わり 空部屋をリノベーションするのに撤去した廃材が、2階、3階からコの字のパティオにバキバキと投棄され 足場と幕が外されて新しい外観がお目見えしたと思ったら、 エントランスから壁もろとも郵便ポストも撤去 ポストはガレージ内に移動したけれど、この頃ガレージが常時解放になっていて郵便物が盗まれ中身が抜き取られて箱だけ捨てられました。 エレベーターのボタンもびよよん マネージャーからの工事予定のお知らせが滞る中、内廊下の壁と天井も剥がされて(部屋番号プレートの脇に貼っていた猫ステッカーも無くなってしまった(~_~;))、ある日ドアを開けると粉塵で視界が真っ白だったり ドアにジッパー付きのビニル幕が長いこと張られたり、 エントランスの開口部がばっくりと入れ替えられて、こんな外し方をして建物は歪んだりしないのかな と思い始めると、きちんと閉まらなくなった非常口のドアや 室内のカーペットと壁との間に広がったような気がする隙間が妙に気になります。元々ちょっと傾いてる気はありましたが。 そのうち、内廊下の壁がグレーに塗られ、 リノベーション済みの部屋のドアは紺色になりました クールで今風なのかもしれないけど、寒色過ぎて好きじゃないな〜 ようやく貼られた内廊下カーペットも黒。 外されたお隣さんの部屋のドアをガレージの廃材置き場で見つけて、さみしくなったり。 そして、外装の仕上げに、小っ恥ずかしい各国語レリーフ(しかも文字から水がジョロジョロ染み出るのよ??)が登場した時には、「新オーナーとはさっぱり趣味が合わないな」と思い知らされました。 お知らせもなく、勝手に番地も変えたみたいだしねぇ と、諸々うんざりして来たところへ、だめ押し的に 「12月からパーキングの再契約をしてもらいます。引き続きアパートのパーキングを使いたい場合は$225/月家賃とは別に払ってね」という一方的な通告が来まして、 これって既存の住人をじわじわと追い出したい新オーナーの地上げ屋みたいな作戦なわけです。rent controlがあると契約しているアパートの場合、家賃を突然上げるのは違法なんですが、今まで家賃に含まれていたものを別費として取ることにするのは法律的にokだそうで、、、 でも住んでいる側にとっては、室内は今まで通りの上に、工事で快適度が下がっているのに家賃アップと同じなわけで、、、 もう、なんだかとことん嫌になってしまいましてね。 引越しを決心したのです。
2015-02-22T18:15:18+09:00

猫の日

ほぼ日のイベントに参加してみましたよ。 ビビのしつこさにおっとりふじ子が「やめてよー」と逃げることもありますが、概ね仲良しなふたり。 よく遊び、よく食べ、よく出しw、よく寝る(特にふじ子)。このままふたりとも元気でね。 横浜の実家では、新顔が増えたそうです。 去年の9月くらいに庭に現れるようになり、それまでずっと来ていたサンちゃんを追い出して玄関猫の座を奪ったアメショ君が、ヨンちゃん(笑)の名前を着けられて、いつの間にか室内飼いになったんですと。 当初はガリガリのボロボロだったのがムクムクとふくよかになってみたら、かなりくっきりした縞模様で、本物の?アメショーなんじゃないの?みたいな話で盛り上がっているとか。 獣医さんの見立てでは7歳くらいらしく、これまで実家にいる猫たちに似ず「膝乗りネコ」だそうで、迷子なのかもしれませんね。
2015-02-22T14:07:49+09:00

バンクーバー旅行(2)

だいぶ間があきましたがバンクーバー旅行の続きです。 LAと違って、メキシコ人をほとんど見かけない町では、レストランのサーバーもお掃除する人なども白人でちょっと不思議な気がしました。 ウェイトレスは可愛いお姉さんが多かったです。 バンクーバーで一番美味しかったのはCafe Artigianoのサンドイッチ。 コーヒーももちろん美味しいのです。薄めなのが新鮮な感じ。 カナダなのにスタバがた〜くさんあって、、、、と思ったのですが、シアトルが目と鼻の先となるこの町の方がLAよりもずっと発祥地に近いのですよね。 夏至が近かったのもあり、夜は10時くらいまで明るかったので、夜ごはん遅め、 港をみながらビールのおつまみ系。 朝ごはんは軽くていいような気になりつつも、こんなものを食べたり。 Poutineです(フライドポテトにグレービーとチーズが乗ってる、熱々)。 Waterfrontのおしゃれなカフェでブランチに注文したエッグベネディクトは、20分以上待ってやっと出て来たら「固茹で」。 表面のソースも乾いちゃってるので、作り直してもらったら今度はちゃんと2分で出てきました。 ソースも黄身もトロ〜りになったけれど、サーモンの存在感がある訳でなく全体的に「フツー」な味で残念でした。いかにも観光客狙いのロケーションだからかなぁ。 Yelpでみたら星4つだったChinatownのお店ではお粥と焼売を。 「パンはもう飽きた」という人のチョイスで入ったThai料理はこんな感じ。 おしなべての感想はどのお店も、よく言えば薄味、少々パンチが無い気がしました。 でも、添加物は入ってないようで、素朴な味というのかなぁ。。。 それに慣れた頃、JAPADOGというお店があちこちに屋台を出していたので(同じ時期、LAでもイベントで出店していたそうです)、 食べてみると(写真ぼけてる)、、、味がハッキリ!してます。それが行列の理由でしょうか。 日系・韓国系のお店が集まっているエリアにあるラーメン屋さんにも行ってみましたよ。 LAでいうと、「RAMENYA」さんのラーメンから化学調味料を抜いた感じの味です。 このお店ではフジテレビのセカホンのロケ隊に遭遇したので、放送日をちょっと楽しみにしていたのですが、実際に放送で長く使われたラーメン屋さんは全く別のお店でした。 でもテレビで見る通りの人の良さそうな庄司ディレクターとちょっとお話しできたのは面白かったです。 放送で言っていたのは、日本からバンクーバーへの直行便が増えたおかげで、新鮮な食材が輸入できるようになったのが、ラーメンなど日系レストランの増えた理由だそうですよ。 LAみたいにお店同士で切磋琢磨して行くのかもしれないですね。
2014-09-16T07:08:11+09:00

バンクーバー旅行(1)

もう3週間も経ってしまったのですが、カナダのバンクーバーに旅行に行ったのでした。 旅の道連れは、ありがたくないコブラたちと、 指先の猫(笑)、 そしてタクシーや飛行機の中で使うマイ座布団(>
2014-07-13T18:51:16+09:00

2014年の独立記念日

メモリアルデーの3連休に比べればずいぶんと自由に動けるようになった私ですが、まだ長時間外で花火を待ったり、他所のお宅ですごしたりは無理なので、今年は普通の週末のように近所に買い物に行き、後は家でゆっくり過ごしました。 幸い、ベランダにBBQグリルを戻しても良いという許可が出たので、今年初のBBQ〜。 花火が観られないのはつまらないなーとちょっとブーたれてましたが、意外にも屋上からミニ花火が見えたのでした。 あれはセンチュリーシティの方かな? どこで上げているんでしょうか。 TVでやっていたNYの花火は橋や川岸のあちこちからコンビネーションで打ち上げていて、壮大で見応えありましたね〜。 ただ、あれはヘリ撮影をしているから全体が見渡せるんであって、現地で観ていたらどこかの会場のみを観ることになるんでしょうか。でも一度くらい行ってみたいなぁ。 あとは、3日にわたって お家ブランチのラピュタパン、 Sawtelleでかき氷、 Costcoで買ったフルーツで作ったヨーグルトパフェとTJのお菓子でお家アフタヌーンティ、 新しくできたRockenwagnerのカフェでKro-dough(クロワッサンの生地で作ったドーナツ=クロノッツとほぼ同じものだそうです) を楽しみましたよ。
2014-07-13T18:38:26+09:00

6歳と1歳

1月に推定6ヶ月でうちに来たふじ子と、10月に推定3ヶ月でやってきたビビはどちらも”勝手に”7月4日生まれなのです。 ふじ子は寝姿が未だにカワユ〜イ6歳、 ビビは二の腕の辺りがマッチョな1歳、 になりました。 ふたり共、いつまでも元気で仲良くね〜。
2014-07-13T18:17:16+09:00

かれこれ、ひと月

ご無沙汰しています。 このひと月、史(私)上最強の、座骨神経痛にまとわりつかれています(まだ継続中 (;。;))。 原因は起き抜けに掛けた掃除機の姿勢か、それ以前に仕事で長時間座っていたのが溜まりに溜まってか、、、せっかくの気持ちのいい季節にこんなに長引くなんて、、、ねぇ。 経過はこんな感じです <1~5日目;あれ?腰が?期> 「あれ、腰をやっちゃったかな」という違和感から、足にぴりぴりとしびれを感じるようになり、段々と座っていられなくなりました。 初めは背骨の辺りにあった痛みの中心が、右臀部の奥の方に移動し、それとともに足のしびれもより強くビキビキと響くような痛みに変わってきました。 <6~12日目;巨大コブラ大暴れ期> 朝お風呂から出たとたんに右足を動かせないような痛みが発生しました。それも腰なんだか足なんだかとにかく痛くてベッドベッドに倒れ込んだら、もうそこからは寝返りを打つのもベッドから下りるのもどうやったらいいのか分からないくらい、何しても痛いのです。 こむら返りが、腿からふくらはぎまで24時間起こっているような感覚で、噛まれたことはないけれど、たくさんのコブラに噛まれたらこんな感じなんだろうな。 とりあえず、日本で交通事故にあったときに処方されたロキソニンをのんでしばらく寝ていたら、杖をたよりに少し動くくらいは出来るようになりましたがとても仕事には行けず休みを取って、病院へ行きました。 家から徒歩10分の病院へは、行きは歩きで倍以上の時間がかかり、帰りは車出迎えに来てもらったものの助手席のシートに座った途端にビキーーン!!!という痛み。あの沈む感じと角度が最悪でした。 メモリアルデーの3連休と前後1日ずつ取った有給の5日間は麻酔成分入りのペインピルを頼りにゴロゴロと横になって過ごしました。 たまに起き上がって歩いてみると、オカシイほどに右足の長さが足りず、普通に歩けないのでした。 <13日〜今日まで;立ち上がりを見逃さないコブラ> 仕事に復帰してからは、遅く出勤したり、運転時には半ケツが高くなるようにクッションを当てたりとして過ごすうちに、筋肉の変な緊張がだいぶほぐれたようで片足の短さも感じなくなってきました。 ただ寝起きから午前中はものすごくコブラが活発なので、ベッドから出るとき、朝イチのトイレ、車から降りるときの瞬間は、見逃されることなく「ガブ〜〜〜」と痛みが襲います。 未だに、朝は職場の駐車場で、車のすぐ横でしばしたたずんでいる変な人です。 コブラの数と大きさは日が経つにつれ少なく&小さくなってきたのですが、ちょっと調子がよいと思って、長距離を歩いてしまうとその夜から痛みがぶり返したり、大きなコブラが戻ってきたりするのです。 そんなこんなで、椅子の高さや角度に妙に気を遣ってきたこの数週間です。 カーシート、ソファ、歯医者の椅子などはコブラが大喜びする刺激があります。 美容院や眼科の椅子はまあまあ。 レストランはカフェなどの固めの椅子なら大丈夫です。 ヨガは脚を伸ばして床に座るのが痛いので、まだ行けていません。 おかしな事に、座骨神経痛には「コブラのポーズ」が効果があるとか。 X-menやTransformerも公開になったけど、映画館の椅子はちょっと厳しい気がして躊躇しています。 ドライブやカヤック遊びにも誘われたんですけど、まだしばらくは無理だろうなぁ。 神経痛って名前がババ臭いし、動けないし、なにより痛いし、本当にツマラナイです。 寝込んでいる間には猫どもがお見舞いに来てくれました。ごはんは夫が作ってくれたし、至れり尽くせりだったんですけどね。
2014-06-29T15:51:50+09:00

大根カレー

最近、ちょっと続けてカレーを作っています。 1月ごろ、かなり忙しかった時に、朝起きて、火にかけたお鍋を家を出る前に消したつもりが消えておらず、夫が先に帰宅した時には、丸一日それはそれはよく煮込まれて美味しく出来ていました。 かなりとろ火だったのが幸いして、猫どもが燃えてしまうことも無く、鍋はちょっと焦げつきやすくなった程度ですみました。 さすがに、そんな危険な技はまずいと反省して、もう一度作り直してみたら、今度は、日系スーパーで表示をよく見ずに選んだ「カレー用」肉が豚でした。 「カレーはやっぱり牛だな、、、」とおっしゃる人がいたので、再び、 今度トレジョーでstew用牛肉1lbを買ってみまして、まあまあの出来。 しかし、お鍋いっぱい作っても、食べるのは2人しか居ないのに、2食分ほどで無くなってしまうのです。 今度は、Costcoの4lbくらい入ったstew用牛肉を買って来て、一番大きい鍋で煮られるだけ下ごしらえ。 肉に加えたのは、大きな玉ねぎ2個と大根フル1本。 ルーを入れる手前で2つに分けて半分は冷凍。残りには、玉ねぎとマッシュルームを足して、水分を増やしてからルーを入れます。 出来上がりはこんな感じ。 ジャガイモのようにゴロゴロしてるのが大根です。 って言うか、ほぼ、肉、玉ねぎ、大根しか入ってません。 冬の間はおでんや煮物でせっせと食べていた大根をカレーで食べてる感じ。 そして、なぜカレーがあっという間に無くなってしまうかと言うと、 ごはんにかけず「カレーだけ」食べる人がいるからなのです。 そんな人、今までの人生で他に会ったことが無いですし、職場の食堂でメニューがカレーだった時にはちゃんとカレーライスとして食べていたし、カレー=高カロリーということでこれまであんまり家で作ってなかったので、気づきませんでしたが 「昔から、カレーの時はカレーだけ食べるんだ」と宣言してるので、もう40代後半のおじさんの好みは、変わることは無いのでしょう。 ちなみに、ここへ来て「カレーって豚の方が美味しくない?」と言ってましたので次は豚で作ろうと思います。きっと一口目で 「俺、基本的に豚肉きらーい」って言うと思いますけど。 私は、自分でよそう時は、お肉など入れずに大根ばっかりが良いので、どっちでも構わないのです。
2014-05-20T16:19:38+09:00

ふじ子の通院

ふじ子の息が臭いのは少し前から気になっていたのですが、歯みがきもサボり気味の今日この頃、 ふと歯茎をチェックすると 真っ赤ではないですか。 急いで病院の予約をとり、連れて行きました。 (お姉ちゃんどこ行くのー) (ドナドナ中) とりあえず抗生物質を出され、歯石が溜まっているのでそれが原因とは思うけど、他の病気が無いか血液等もチェックします。との診断。 抗生物質を飲ませるとすぐに臭い口臭も無くなり、歯茎の色も薄くなってきて、安心していると、 病院から電話があり、血液検査は問題無かったのですが、 「尿検査で結晶(クリスタル)が見つかりました、膀胱と腎臓のX線を撮るので連れてきてください」ですと。 2週続けてお尻に体温計を刺されたふじ子さんはかなり不機嫌。 診察室の流しで、立て篭もります。 X線の結果は、予想通り何の異常も無く一安心ですが、結晶の原因として 「水を飲む量が少ない」というのが考えられました。 確かに、リノベーションが始まって以来、例のクローゼット奥の隠れ場所に一日中こもっているようなので、以前より水を飲む量は減っていたのでしょう。 口臭の方も、とりあえず抗生物質は効いたとはいえ、原因の歯石がある限り、ぶり返す可能性はあるので、翌週にまた連れて行きました。 もう3週連続ともなると、さすがのふじ子もキャリーに入るのを嫌がって、道中もブーブー文句を言います。加えて、麻酔に備えて前日の夜中から絶食(絶水も言われたけど、水は置いておきました)だったので、出発前は「どうしてごはんをくれないの?」とお腹空いてソワソワ。 処置が終わり次第何か食べさせてやってと頼んでは来たのですが、夕方のピックアップに行くと何も食べさせて無いとのこと。 家に戻っても、薬のせいで瞳孔が開きっぱなしになって、フラフラと落ち着かない様子です。触っても尻尾をブンブン振って、興奮気味。 Viviも心配で近づくのですが「うざいー」と振り払われ。 夜の11時過ぎにようやく、おなかを見せてゴロゴロし出しました。薬が抜けたのかな? 週末の残りはアパートの工事の人が不意打ちでベランダに現れたり暑かったせいもあって、もっぱら新しい避難場所(プラケースの上)に陣取り出てこなかったので、下僕としては水をお持ちしなくてはなりませぬ。 (ふじ子はこういう"特別"が好きで、よくノッてくれます) 怪獣ビビモーが常に狙って、水カップを攻撃するので置きっ放しにはできないのです。 病院では結構な治療費がかかるのですが、払う前に明細を見せてもらってよくチェックした方が良いですね。 3週も同じ病院にかかって、本来なら(同一疾患で1ヶ月以内なら)取られないはずの「初診料」が2回目、3回目も課金されていたり、選んだものと違うランクの検査項目(値段が高い方)が請求されたりしてました。 今回はしなかったのですが、内服薬もオンラインで買うと半額以下だったりするので、緊急でなければ、処方箋をもらって薬は自分で手配すると言っても良いかもしれません。(病院によってはprice matchしてくれることもあるそうです)。
2014-05-20T06:08:30+09:00
晴れたり 読んだり」ブログは「daysofWLA」さんの著作です。 上記は 2017-07-22 08:34:54 にキャッシュした内容です。 そのため、このページは最新版でない場合があります。 最新版はこちらです。

アップデートランキング

4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」 1日1.4回のペース
羅府散歩 1日1.0回のペース
唯一ノ趣味ガ読書デス。 1日0.7回のペース
VC社長日記 1日0.7回のペース
TAEKOのOCへいこう!ブログ 1日0.4回のペース
まるごとOC生活〜見て、感じて、オレンジな生活☆ 1日0.3回のペース
肉警部ログ 1日0.1回のペース
Californiaごろごろゆるゆる日記 1日0.1回のペース
Californiaごろごろゆるゆる日記 1日0.1回のペース
アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible 1日0.1回のペース
NetHeroの「今は昔」 1日0.1回のペース