ブログupdateサマリー

CRODのブログ 〜サンフランシスコから〜

卵子ドナーさんを応援します!ranshi.com

☆☆9月25日〜10月9日の星座占い☆☆

☆☆9月25日〜10月9日の星座占い☆☆ 牡羊座 (3月21日から4月20日)「あなたには切り札が必要である」難しいことに向き合うことになりそうです。確かにでかい問題ではあるのですが、かといって、やみくもに飛び込む、ガンガン切りつける、敵対心をむき出しにするというのはあまりいただけないかと。こういう、ちょっと難しいときだからこそ、知恵を使ってください。自分の目的、ゴールは何なのか、そのために何をするのが一番得策そうか。短い時間でも、知恵を絞るか絞らないかで、結果は大きく違います。何か、こういう時にこそあれで行け!的作戦が、あなたにはある気がしますが…。 牡牛座 (4月21日から5月20日)「時間稼ぎは悪いことではない」やらなければいけないことが、いろいろ思い浮かびます。またそれは、どれも「ちゃちゃっとは終わらせられない種類のもの」なので、気を付けないとどれにも手をつけず、それらの真ん中でハーッと座り込んでしまう可能性があるかもしれません。でも、それじゃダメだわー!っていうのは、あなたもよくご存じですよね(笑)。まあ、いろいろまず思いつくことから手を付け始める、というのが現実的ではないですか。かつ、そういう行動もあながち、何の役にも立たないってことはありません。いじっているうちに解決策が見えてくる…。それはありえますよ? 双子座(5月21日から6月21日)「今時計は速やかに回る」そうですね、片づけられるものはどんどん片づけてしまいましょうか。他に気になることがあり、何ならそっちに行きたい…そんな気持ちもあるかもしれませんが、義務的なものを抱えたあなたではいざというとき、大きな力が出せません。大きな荷物を開けるときに、一度テーブルの上を片づけますが今の人生においても、そういうことをしましょう。まあ、特別なことをここからしなくても、変わらず動き続ければ片付きます。そのあと、どんと、何かこれっ!てことに取り組めば、ちょうどいいですよ。 蟹座(6月22日から7月23日)「持っているだけでは愛も古びる。活性化させないと」何か転機のような出来事がありそうです。何やら感情的にショックを受ける系のことかな?人は嬉しくても達成感を得ても、まず「ガーン!」(サプラーイズ)みたいな気持ちからまずはいりますから、内容に関してはどういう可能性も、ありますね。で、これは、「あなたの中少しリフレッシュしたほうがいいよ」ということを教えてくれるために起こるんでしょう。そう、かきまぜないといけないんだ、心も。「改めて好きになった」「見直した!」「自分の幸せを再確認」みたいに落ち着くなら、正解です。 獅子座(7月24日から8月23日)「実力を発揮するのに一番大事なのは体力だ」非常に忙しく、あなたの能力を最大限に活用すべきときです。頑張れば頑張っただけ、「やったぞ!」という実感が味わえるので、とにかく思い切り行きましょう。そのほうがいいとも思います。まさに、あなた自身と今の周囲、求められていることがうまくかみ合う感じでしょうね。で、結果としておそらく獅子座は今週とても高くジャンプをするのだろうけど、その際に「高く飛べば飛ぶほど、足元が気になる」ということもわかるはず。ぐっ!ぽーん!と踏み込んで、蹴り上げる力が強ければ、飛べるんだな、人は。そしてその力の源は、体にあるんですよね。決して気力じゃないのよ。 乙女座(8月24日から9月23日)「頑張る自分にご褒美をあげるのとても大事である」新しい展開に心が躍るときではないでしょうか。気持ちが華やぎ、もっとアクティブになりたいと感じるというか。その流れに乗って、人と出会い、新しいことに着手しようとする人も多そうです。それ自体はとてもいいんですが、乙女座はそうやってスタートしたとたん、「何を血迷ったことを!」とはっとなり、喜びを切り離そうとしてしまいそうな気もします。多分、浮かれたりウキウキしたりする自分でいることが不安だからでしょう。でも、あなたもそういう時間が必要ではないですか?地味にコツコツ…やっている方が安心だなんて、つまらない。そう思ったからこその今じゃないですか? 天秤座(9月24日から10月23日)「光が差し込んで来たら、とりあえず喜ぶべきだ」混沌とした部分に、ひらめきが舞い降りそうです。どうしたらいいのかわからず、もうこれはこのままのか…と思って久しいエリアへのヒントみたいな感じかな?それによってあなたは動き出すと思います。「まだできることはあるんだ!」ってね。そうです。そうなんですよ。多分、それは、あることはあったんですよ。しばらく前から。でも何かのちょっとした事情で、あなたの目には入らなかったんでしょうね。つまり、今はまた風向きが変わってきたってことです。何はともあれ行くしかありません! 蠍座(10月24日から11月22日)「これだと思ったらボタンを押す。それだけです」確信を持って動けるときです…。いや少し違うな。ふとした瞬間に「あ、ここはこの選択肢しかない。絶対これだ」というような何かをキャッチして、あなたは先に進むだろう。そんな感じがします。多分後々考えてみても、なぜそのタイミングでそれを感じ取れたのか、全く謎かもしれませんが。まあそれはいいじゃないですか。時に人は運命的な何かに瞬間的に気づいてしまうことがありますが、あなたにとってのそれは、もしかして今なのかもしれませんね。つまりは、自分を信用して大丈夫ですよ、という話かな(笑)。 射手座(11月23日から12月22日)「仲善きことは美しきかな」もっと人といろいろなことを話すといいですよ。案外、人は自分を良く見ていてくれるもので、また思いがけないヒントももたらしてくれるのだと、再確認できると思います。そう、人は思っているよりずっと頼りになる存在なのですよ。射手座諸君。多分、実際にもらうヒントやアイディアより、その気づきの方があなたにとっては意味がありそうですね。何、一人で何もかも背負い込んでいるような気分になっているんだ。みんながついているじゃないか。私もね! 山羊座(12月23日から1月20日)「もう一息考えてみよう。何かが見つかるかもしれない」思考錯誤が良い効果をもたらしそうな気がします。今、何か新しいものを見つけようとしていますよね?いつもならこれをこうして…で済ませてしまうことに対して、「いや、いつもこれだからあの問題は起こるのだ。ここでもう一工夫できないかな?」と。それって素晴らしいことですよ。実際、あなたは何かを見つけると思います。結構あっさり。想像よりはるかに早く。で、「何で自分はこれまでたったこれだけの手間を省いて、大事なことをに気付かずにいたのだ!(キーッ)」てなるかも(笑)。まあ今気づいたならいいじゃないですか。考えることが楽しくなるなら、幸いです。 水瓶座(1月21日から2月19日)「訳も分からず、ただやみくもに進むのも悪くない」とりあえず前進するしかないだろ!何となくそんな気分でしょうか。だとしたら、それでいいぞ!といいたい(笑)。ええ、今ってそもそもがそんな感じなのだと思います。確かにもう少し待っていれば、誰かが道を引いてくれるかもしれないし、情報を集めてくれるかもだし、何なら居ながらにして何もかも知ることもできるかもですが。そんなのつまらないじゃないか。自分で手探りで見つけて、そこで何かを成して喜ぶって経験は、そんな中にはないんだよ。行きたいのなら、行けばいい。その気持ちだけを大切に進むのも十分意味はある。さあ、水瓶座のターンです。行こう! 魚座(2月20日から3月20日)「透明な今日、輝く明日、やさしい昨日」今の自分って本当に幸せだなと感じられる瞬間がありそうです。それは素晴らしいことで、それだけで祝福のようなものなのですが。でも同時に、「かといって、ここにとどまりすぎてはいけない気がする」、そんな気持ちも掻き立てる何かに、今後なっていくかもしれません。ある意味、成長欲というのでしょうか。今が大事だからこそ、今を守れるような、一層の強さ・輝きが欲しい。そう思えるなら、それこそ本当に素晴らしい。本物だと思います。今を肯定する気持ちと、さらに先を求める気持ちは両立しますよ。魚座ちゃん。にほんブログ村にほんブログ村

◎天秤座の恋愛運・対人運傾向

◎天秤座の恋愛運・対人運傾向 恋愛上手天秤座の幸福のカギは主に恋愛後期にありやさしい(易しい)愛から強い愛への脱皮が重要出会いや恋のチャンスのような、「恋の初動」部分では、ほぼ苦労知らずと言ってもいい天秤座です。天秤座は相手の意図を読んだうえで行動を起こすタイプで、もはや無意識で「どう振る舞えば相手に好印象を持たれるか」を察知することができます。かつ穏やかで上品かつ知的な雰囲気を持っているため、初対面でも警戒心を抱かれにくいのもかなりのアドバンテージかも。まずそもそも好感をもたれやすいし、人からも好かれ告白等もされやすい人です。なので、天秤座の対人関係で問題が生まれるのは、もっぱらもっと相手との関係が濃くなってからでしょう。前出の通り天秤座には自分の意志をはっきりさせる前に「この場にふさわしい返事を探ってしまう」癖がどうしてもあり、それが時として本当の気持ちを言わない、ずるい不誠実な態度として、親しい相手に映る場合もあります。大体は無意識なのですが、天秤座は人との争い、対立を極端に避けたがる性質もあるので、「つらい現実から顔をそむけたい、この場で嫌な思いをしたくない」願望がそうさせる面もあり、一旦関係が膠着状態に入ると、本来そうすべきである、「お互いの気持ちを素直に見せることで、がっちりぶつかってその上で関係を立て直す」という行為がなかなかできないケースが多いです。かつ、自分の苦しんでいる、つまりはかっこよくない姿を人に見せたくないという心理も強いので、その辺も得てして障害になります。また天秤座は、自分が相手の気持ちを読むことに長けているがゆえに相手にもそれを求める部分があり、相手と親しくなればなるほど甘えが出て「(たとえ自分がそう言わなくても)もっとわかってくれたっていいのに!」という要求が強くなる傾向もあるようです。恋愛対象を見つけること自体はそう難しくない天秤座ですが、相手が誰であれ、よい関係であれば、どこかの段階で個性がぶつかり合うことは必然です。そういう事象が起こることこそ、本当の意味で「深い関係性」と言えるはず。その場から逃げて別に相手を求めても、その部分をクリアできなければ何も変わりません。天秤座に必要なのは、「自分自身の考えや気持ちに正直になること」「本当のかっこよさとは何か、について考えを深めること」「自分が好意を寄せている相手を信頼し、自分自身を信じること」。表面的な部分にとらわれず、自分の中にある本当の感情、相手の寄せてくれる気持ちに目を向ければ、おそらく“素直”になれるはず。もし誰かと絆を作りたいのなら、自分と相手を信じ、「今後もっと分かり合える可能性」にもうひといきかけてみましょう。「ひとことアドバイス・対12星座の相手とうまくやっていくコツ」★(TRY!)=縁は深いが、努力や成長が必要●(GOOD)=親しくなりやすい&パートナー相性▲(SOSO)=大きな問題は少なめ&お友達むき※天秤座目線です!対牡羊座)- ★(TRY!)惹かれるけど腹が立つ相手。考え方が合わないことは実は重要ではありません。イエスノーも、正直に言えば牡羊座は素直に喜びます。大体事を難しくしているのはあなたです。対牡牛座)- ▲(SOSO)共に確信を突かないのでゆるい関係になりがちですが、そこが居心地良くもあります。親しくなりたいなら、共通の趣味を持つかお茶に誘いましょう。もめると後を引く二人です。対双子座)- ●(GOOD)楽しくてテンションの上がる関係。ただ相手の気分が下がると一気に緊迫します。が、そこで逃げ腰になると逆効果なので、落ち着いて誠実に接すること。小細工はすぐばれます。対蟹座)- ★(TRY!)上手く行けば気が合いますが、感情的に対立しやすいかも。こちらが変にかっこつけるとこじれるので、好かれたいなら腹を割ること。正直さが相手の魅力だというのも理解して。対獅子座)- ●(GOOD)あなたの魅力を理解し、応援してくれる関係です。もめる確率は少ないですが、よりうまくやりたいならこちらも声援を送り、積極的に力づけましょう。甘えっぱなしはダメです。対乙女座)- ▲(SOSO)一見気が合うように見えませんが、よく話すと共通点が多く面白い相手。でも根本的な好みは大分違うので深く折り合うのは難しそう。ずっと一緒にいすぎない方がいいですね。対天秤座)- ★(TRY!)考え方が読める分、良くも悪くも警戒し心理的な距離ができやすいです。それぞれ別の場所で活躍し、時々意見交換くらいがベスト。欠点の方が気になるのは意識しているせい?対蠍座)- ▲(SOSO)最初相手のガードが固いかもですが、こちらが素直な感情を見せれば親しくなれます。ただ人に対し求めることはかなり違うので注意。普段以上に誠実に、約束はきちんと守って。対射手座)- ●(GOOD)好奇心を掻き立てられる相手。ただ相手の気分がつかめず、何かと傷ついた気分になるかも。でもやり返していると関係は即切れます。悲しいならそのまま伝えたほうがいいよ。対山羊座)- ★(TRY!)相手の持つ真面目さ、揺るがなさに感心したり不器用だなと思ったりする複雑な関係。大体は苦手感が勝ちますが、そこを越えると学びが大きそう。じっくり向き合ってみて。対水瓶座)- ●(GOOD)互いに好感を持ち仲良くはなれますが、相手はマイペース過ぎてこちらの生き方にあまり共感を示さないかも。それが時々つらい可能性あり。精神的な自立が問われる関係ですね。対魚座)- ▲(SOSO)相手の頼りなさ、曖昧さがまず目に付きますが、段々その大らかさ、受容力に感心し始めそう。案外主導権は魚座が握っている? ただ何かあったとき、天秤座は面倒になるかな。

☆☆9月10日〜9月24日の星座占い☆☆

☆☆9月10日〜9月24日の星座占い☆☆ 牡羊座 (3月21日から4月20日)めまぐるしくいろいろなことが起こる時期です。これは主に、あなたの技量、機転を試すためのエピソードなので、まずはリラックスすること。そして「どんなふうに対応すると、一番よさそうかな、そして楽しいかな」と考えてください。そう、そういう遊び心があると、物事は一気に上手く回り始めます。かつ、さらなる広がりも見せるでしょう。楽しんで取り組んだ方が、どんなことも上手くやれます。同時に、上手くも、なります! 牡牛座 (4月21日から5月20日)まあ、思いついたら気軽な気持ちで始めてみるといいですよ。軽い気持ち、これとても重要です。多分、牡牛座はやったことのないことに、ここで多かれ少なかれトライするでしょうが、実際に一歩踏み出してみると、想像していたより“何だか、いい”とも感じるはず。果たして、どういいのかは、あなた自身が体験してみないとわかりませんが。「まだまだ自分の知らない、いい、がこの世にはある!」こうわかることが今は大事なんですね。 双子座(5月21日から6月21日)どうせやるなら堂々とやったほうがいいですよ。今は、忙しさではそこまでではないものの、入って来るものには大事な案件が多そうです。もう少し噛み砕くなら「ここでびしっと決めとくと、かっこいい」みたいなもの、って感じかな。単にかっこいいだけでも、自分は気分いいですけど、かっこいいところをみんなに「見せておく」というのも重要ですよ。多分、いろいろな方面での、あなたの扱いが違ってきます。「ああ、あのかっこいい人!」って呼ばれるかもね。…それすごくうれしくないですか?(笑) 蟹座(6月22日から7月23日)人生楽しんでいますか、蟹座ちゃん!もしまだいまいちなら、自分から楽しそうな計画を、どんどん作ってしまうといいですよ。今、時間の女神さまはあなたに好意的なようで、あなたの望むようにスケジュールを組んでもいいよ、と言っています。だから会いたい人、行きたい場所で、あなたの予定を、自分から埋めるといいですね。そしてそうしたいなら、誘って自分から出向いて、現実化したらいいですね。あなたが楽しそうに持ちかければ、大体の人は、イエスというんじゃないでしょうか? 獅子座(7月24日から8月23日)まあ、なるようになりますよ。本当はそれもわかっているんでしょう?獅子座の皆さん。強いて言うのなら、あなたは少しだけ疲れています。もっと具体的に言うなら、遊び過ぎたからです(笑)。今お財布は空かもしれませんが、それは楽しく飲んで食べて暴れて使ったからです。なんて幸せなんでしょうね、あなたは!でもご安心ください。神様がくださる、パワーのお小遣い日はもうすぐですから。またうわーっと入れてくれますよ。「こんなに使うことができる子なら、このくらいいるな」ってたっぷり入れてくれるでしょう。だから、はじけるのはもらってからにして。現状足りないなら、いい子でお昼寝でもしてください。 乙女座(8月24日から9月23日)さあ、○○の火ぶたは切って落とされました!…的な雰囲気のする今週です。乙女座諸君、何をたくらんでいるのかね?(笑)何か社会的なこと、自分という存在を強く主張する系のことに好機です。やりたいことがあるのなら、直訴する、もしくは堂々とみんなの前でそれを明言するのがいいですね。多分そうすることで、何となく曖昧なままあなたの周囲でぶらぶらしていたエネルギーが、「乙女座がそう言い切るなら、ついて行こう!」と、いきなり集結してくるので、言ったことは、本当になると思いますよ。だからその覚悟をもって、明言する必要はある。まあ、あなたなら大丈夫か。 天秤座(9月24日から10月23日)いい調子そうです。天秤座のみなさん。今何か信じている、こうして行こうと勇気を出しかけているものがあるのですか?だとしたら、…それはあなたにとってとてもいい内容なのでしょう。今後あなたの内面に、プラスの影響力を発揮してくれるのかもしれません。それだけで、とて〜〜も尊いことですから、ぜひ思い切り突き進んでください。ええ、「これが一体何になるのか」なんて、先回りして考えなくてもいいですよ。あなたに明るい灯がともるだけで、それには素晴らしい価値があります。もうあなたはそれを手にしているのですから、心配する必要はありませんよ! 蠍座(10月24日から11月22日)出来る人、有能な人って、どんな人でしょうか。よく頭が回って、手もたくさん動いて、足も機敏で…とにかく全身が活発な気はしますね。今はあなたがそうなるべきときです。まずはたくさん動きましょう。どうすべきかちゃんと考え、考えたら迅速にそこへと突き進む。そしてやることをやったら素早く次へ。「パッパッ」という効果音を体現しているかのように、四方八方に動くのです。ちょうど、テニスで球を返すときのようにね。この“運動”の利点は、「あらゆることに対応しているうちに、不自然な動き方のくせが消えてなくなる」こと、そして「動くこと自体が楽しくなってくる」こと。これにつきます。それが自然にできるようになると、ここぞというときに強烈なスマッシュも打てるんですな。ずっと動き続けているからこそ、その反応も可能になるという話です。 射手座(11月23日から12月22日)いいお話が入って来そうです。さりげなく届くので、そんなに大きなものとは受け止めないかもしれませんが、何となく「…これはいい内容なのでは?この先、将来性があるのでは?」と、ぼんやり感じるんじゃないでしょうか。もしそうなら、あなたは非常にいい勘をしています。その通りなのです。とはいえ、その将来性というところまで物事を進めていくのには、それなりの時間はかかるでしょう。赤ん坊がビッグな大人に(心身ともに)育つのには時間が要りますから。でも、あなたのひらめきはおいおい証明されますよ。ちゃんと育てていければね! 山羊座(12月23日から1月20日)ああ、何だか大変になってきた、忙しくなってきた…と、気分が荒れてきたら、まずは深呼吸しましょう。そして落ち着いて。そこにしっかりすわり、そう、腰を据えるのです。今は気を付けないと、無駄に不安になってしまうかもしれません。が、文字通り無駄です。そう、何かそれを呼び起こす要因はあるのですが、おそらく不安の原因は変化でしょう。「あれ、これもしかして何か変化が起きて、想像通りにはいかないかも…」という予感があなたを揺さぶるのですが。でも、変化があったからといって、それでいい方向に行かないとは限りませんよ。どうせ変わるなら、騒いでも無駄(無駄の多いときだ)。そんな余分な体力は使いません!(節約)と決めたほうがいいね。そうやってでん!と構えていたら、不安の方が居心地悪くてすぐに去っていきますから。 水瓶座(1月21日から2月19日)自分とは少し世界が違う、タイプが違う、発想が違う相手と話すとき&わかりあいたいときは、相手が使う言葉をこちらも覚えたほうが、大分いろいろスムーズになりますね。外国の方に対してなら自然にそう思うかもしれませんが、これは誰が相手でもそうですよ。人はみんな、その人の持っている法則に従って生き、語ります。その内容によっては、「え、それどういうこと?」「なんでそんなこと言うの!」みたいな感情が呼び起されることもありますが、もしかしてそれは“言葉遣いのルール”が違うだけで、相手の真意は、違うことを言っているのかもしれません。マイルール=みんなの常識、ではないからね。今はこれを頭に入れておくと、少しだけ読み解きやすくなるかもしれない時期です。 魚座(2月20日から3月20日)チャンスがもうじきやってきます。ただ、何のチャンスかはまだわかりません。より正確に言うなら、「それをあなたがどう使うかで、変わる」という感じです。つまりは、汎用性のあるチャンスってことでしょうかね。ただ、ここだな、というタイミングが来たら、自分からぐいっ!といったほうがいいということと、ちゃんとぐいっ!と行っておくと、あとで「やりました〜〜!」的に喜べることだけが、わかっています。さあ、あなたはどこでどう、ぐいっ!と行くんでしょう。楽しみですね(笑)。ちょっとくらい強引さがある方が、いいような気もする…。これもヒントです!にほんブログ村にほんブログ村

乙女座その2:『乙女座のカラダをもっと大事に、活かすために』

乙女座その2:『乙女座のカラダをもっと大事に、活かすために』 さてさて乙女座。あなたがあなたのカラダともっと上手に付き合うために必要そうなことを考えてみました。1・定期的に自分のルールの外側に出てみる例)初めてのホテルに泊まる、人の家で過ごす、家事全般を他の人に任せてみるつまりは、「自分が過ごす場所、生活の中で必要とすることの管理を、自分以外の人間に任せ、それに従ってみる」ということです。多分一番やりやすいのはホテル、旅館などかな。ここはいわゆるもてなしのプロが管理している場所ですから、乙女座にとっても「一定以上のクオリティが与えられるだろう」と安心していられる度合いが高いと思います(もちろんお値段に比例するとは思いますが、乙女座の場合場「このくらいの値段なら、このくらいだろう」と、自分の中で計算&辻褄が合っていれば安心なのかと)。なるべく、自分のものは持っていかないで、向こうで用意してくれるものを使うと一層効果が高そうです。何の効果って?「私は、自分が決めたルールの中以外でも、楽しく過ごすことができる」「多少の不都合があっても、そこでうまく対応できる能力がある」みたいなことを、実感できるという意味での効果です。次の段階は、お泊りですかね。そもそも乙女座は、自分が把握しきれない環境に長時間身を置くのは苦手な場合が多いでしょう。不意なお泊りとか嫌いだと思いますし、行くとなったら事前にきちんと決めてもらって、かついろいろ常備アイテムを持参したうえで行きたいでしょうね。まあある程度はそれでもいいと思いますが。まさに「郷に入ったら郷に従え」じゃないですが、その空気やスタイル、ルールにある程度従って、乗っかって過ごしたほうが、楽しいこともたくさんあるでしょうし、時に普段なら味わえない“非日常感”が、乙女座に大きなものをもたらしてくれる場合も結構あると思いますよ。「自分の決めたルールを守らないと、何事もうまくいかない、安心できない」気を付けないと強くなりすぎる乙女座的思い込みから、もっと自由になってほしいから。そうであってもなくても大丈夫で、自分で好きなように選べるんだと思っていてほしいから。だからこそ、この場合でも。服とかもそんなに持っていかないで、何なら翌日は泊めてくれた相手のものを借りちゃう。化粧品なんかも、アレルギーなどの特別な場合を除いて、相手のものでトライしてみる。慣れないものでも、どこまで普段の私っぽくできるか、いっそ思い切って全然違う感じに仕上げてみるか。その辺も含めて、その場で考えてみる。そんなイレギュラーなことを乙女座が楽しめるようであったら、いいなあと思います。思いがけないきっかけで、自分の新しい一面を発見することもありそうだし、改めて、日々守ってきている“自分”の良さ、適切さ、価値を見直す場合もあるでしょう。また、全然違う意味で。人の作っている、人のルールの中に入る機会があると、「あ、これはなかなか効率的だな」とか、「この発想はなかった」と思うようなものにも出会いやすいので。それも乙女座にはいい刺激になると思います。最終形態は、自分の家を誰かに任せることですね。これは難しく感じる人が多いでしょう。特に乙女座ならなおさらです。人がたたんだ洗濯物を畳みなおしたり、洗ってくれた食器を洗いなおしたり、片づけてくれた本を並べ替えたりしてしまいそう。「人が整えた部屋は気持ちがよくない、機能的じゃない、無駄手間が増えるばかり!」そう感じるかもしれませんが。でも、こういう刺激も、たまには受ける方がいいんじゃないかなと思います。もちろん人に不満を感じたり、文句を言ったりするのはストレスでしょうが、同時に「何でこんなことに、こんなにこだわるんだ、私は?」という疑問も、当然湧いてくるだろうから。別に、人が何にこだわりを持とうが、それはその人の個性で、自由です。いいと思います。でも、時に「そのこだわりはあくまで自分個人のもので、世界皆の共通法則ではない」という事実にもさらされるべきではないでしょうか。ルールって、あまりに意識していると、「そのルールは絶対である」と、ついそのルール下にいる人は思いすぎるものなのですが。そんなことはないんですよね。そうですよね。あくまで、私はこうするのが好きなの。こう理解しているのなら、どんなルールを持っていてもかまわない。でも、それを人に強いたり、それを守らない人をそのせいで低く評価したりするようになると。大分問題です。今挙げたような、自分自身を普段と違う場所に置く、違うルール下に置く経験は、そのたびに乙女座の感受性をリセットし、「今の自分がバランスの良い状態であるか」「何かに対し、行きすぎていないか?」、わからせてくれるのではないでしょうか。その辺の乙女座の、自分に対する察しの良さを、私は信じていますよ!2・全身鏡で自分を見るおそらく、きちんとさんの多そうな乙女座なら、全身が映る鏡は持っていそうです。えー見てますよ、と言われそうですが。いわゆる髪型の乱れや、服装の変なところ等を確認するためには見ているでしょうけども、もっと鏡って、活用できるんじゃないかと思うのです。多分乙女座は、何に関しても「適切である」ということを好み傾向にあるため、言い方を変えれば、無難に落ち着きがちです(ここでもパターンにはまりやすい自分が出ています)。それはそれで、確かに浮かないし、怒られないし、安心なんですが。でも、あなた自身も日々変化していますよね?もちろん年齢のような単位のものもありますが、もっと細かい意味でも、やや元気がないときから、気合のみなぎっているときまで、いろいろな調子があるでしょう。それらは本来、あなたの全身から情報として発信されているもので、それを「一目で感じさせる」「一見してわかる」ようにしてくれているのが、鏡だと思います。たとえば熱がやや高いとか、昨日より体重が重いとか、唇の色が冴えないとか、そんな部分的なところを見る前に、全体としての自分がどう見えるか、乙女座には関心を持ってほしいのです。そして、そこからパッと感じ取れる一瞬の印象で、自分が今どんな状態にいるかに気付けるようになってほしいなと。そもそも乙女座は前にも出たとおり、頑強な方ではありません。つまりは、繊細で敏感なカラダを持っているということで、そういう人は小さな変化も日々情報として発信しているはずですから。多分、その情報は、熱が高くなって数字で出て来るよりも先に(乙女座は、アレだるい?という実感より、今日は会議があるからそれどころじゃ…という義務感の方を優先しそうなので、大体遅くなりそうだし)、カラダのあちこちから出ています。何となく背中が曲がって見えるな(疲れている、負荷がかかっている、パワーが足りない)、髪型が適当(乾燥等の理由もあるし、きれいにする元気がないということも)、何だか全体にくすんだ色味ばかり着ている(憂鬱な気分、目立ちたくない気持ちが少し強くなっているのでは?)。そんなことも、この後本格的に来る、あなた自身の内側からのサインかもしれませんし。それを早目に気づくことができたら、少しでも対処はしやすいですよね。重すぎる鞄を変えたり、荷物を減らすことを考えたり、帰りにヘアケアのアイテム買ってこよう、もしくはヘアサロンに行く時期かも…、案外、この間のことが後を引いてるかな〜、今日は残業しないで早く帰ろう、そんな風に、早めの用心ができるではないですか。多分、乙女座は気づきさえすれば、「じゃあどうすればいいか」はわかっている人です。初期のケアは上手いでしょう。だから、ひどくさえしなければいい。あ、何かへん、と思ったときに素早く手当できればいい。盛り下がってきていると感じたら、一策講じればいい。それで乙女座に起こる問題の多くは、早期解決、もしくは発生前に止められるはず。その作戦に非常に大きな役割を果たすのが、鏡だと私は思うのです。鏡って、情報量が多いです。いわゆる文字情報ではないから、「え、でも主観が入っているし、気のせいってこともあるんじゃないですか」とあなたは思うかもしれませんが。そんなことはありません。以前、「パッと見から受け取れる印象は、いわゆる高画質画像くらいの容量がある情報です(しかもちょっと動くから、何なら動画よね?)。でも、たとえば何かを計測したりするときの数値は、あくまで文字情報。どっちの方が濃い情報かといったら、その“数値”で一目瞭然じゃないですか」というようなお話を読んだときに、大変感心したのですが(ダイエット、筋力トレーニングに関する記事でした。何キロ痩せるかより、見た目にどうかっこよくなっていくかが大事、というような意味合いです)乙女座なら、同じく感心してくれると思います。求めるべきは、あなたが幸せそうで、健康そうで、元気そうであること!それは決して、数値だけでは測れない部分です。自分で自分を見て、そう感じられるような生き方が、いつも正解。そんな自分をもたらしてくれるものこそ、あなたにとって“今後の習慣”とすべき何かなんじゃないですか。一番いい目安なんじゃないですか。そして、またその習慣も、あなたの成長、変化とともに日々変わりますからね…。そこもどうぞお忘れなく。そんな非常に重要なチェックも、日々自分をじっくり見つめていれば、決して難しくはないのだと思います。3・迷ったときは深呼吸。いつも気づいたら深呼吸。乙女座には深呼吸が必要です。これが必要でない星座はいませんが、つい細かい内容に思いつめ、自分を追い込みやすい乙女座には特別大事な内容です。呼吸、酸素を取り入れるということは、生きる上でとても大事なエネルギーをもらうということ。この世界に、酸素無くして生きられる、健やかでいられる、クリアでいられる生き物はいません。特に心やカラダ、頭をくるくる回したかったら、たっぷり必要です。何となくですが、くよくよしだした乙女座は大体猫背な感じになり(気弱になると小さくなりたくなるからね)、つまりは呼吸が浅くなります。心が辛くなってきたら、まず背筋を伸ばし、胸を開くこと。何ならその場に寝て大の字になること。それでも胸を開きます。おびえている自分に気付いたら、まず体から、胸を開きましょう。そして、地球に身をゆだね、まずは酸素を一杯もらってください。おおきくすって、おおきくゆっくりはきだす。鼻から、口からフワーッと吐き出して、呼吸とともに、胸に巣食った不安は少しずつ飛び出していきます。酸素が足りていれば、ひとまず乙女座は大丈夫。もう悩みや不安、はありません。ただ「もう少し考え、検討して対処すべき内容」が、そこにあるだけです!あなたは物事の解法を見つけるのが、本来とても上手な人ですから。あなた自身が機能すれば、おいおい片づけてしまえるでしょう!

SFからの小旅行案内−Sausalitoー

今日はサンフランシスコからの小旅行先としておすすめのSausalito(サウサリート)をご紹介します!ヾ(@°▽°@)ノサウサリートは、サンフランシスコの対岸のマリーンカウンティにある、海辺の街。 市内からは、フェリービルディング、またはピア39から出ているフェリーに乗るか、Golden Gate Busのバス、または車でゴールデンゲートブリッジを渡って行きます。天気がいい日は、ゴールデンゲートブリッジの手前で自転車を借りて橋を渡るのもおすすめ。フェリーだと片道20分程度、バスだと市内からは30〜40分程度かかります。目抜き通りのBridgewayには、おしゃれなお店やレストランがたくさんあって、のんびりお散歩するのも楽しいです。有名なアイスクリーム屋さんには、暑い日には行列ができてました★街自体はそんなに大きくないので、数時間あれば回れてしまいます。 そのきれいな街並みが創作意欲をかきたてるからか(?)サウサリートには、アーティストの方が移り住むことが多いそうです。サンフランシスコ滞在中に、どこか違う場所に行きたいときは、参考にしてみてください〜

☆☆8月24日〜9月9日の星座占い☆☆

☆☆8月25日〜9月9日の星座占い☆☆ 牡羊座 (3月21日から4月20日)何かとてもラッキーなことがありそうです。思ってもみないタイミングで、何かのチャンスか、プレゼント的なものを受け取りそう。「え、これ私にいいんですか?」みたいな感じでしょうか。高価なもの、というより、それを手に入れることで期待ややってみたいことなどが広がる…そんな印象のものに思えます。どうぞフル活用してください。また、「もらえないかな」という気持ちを持たないで、目の前のことを頑張っているのも大事。これはあくまで、あなたに対し“不意打ち”をしたいようですから!  牡牛座 (4月21日から5月20日)「こうなってほしい、この意見を受け入れてほしい」的な望みがありますか?あなたのその希望は受け入れられると思います。なので、ぜひいう機会があったら、主張できるチャンスがあったら、堂々と言いましょう。はい、相手は状況は要求を受けいれる体制ではありますが、何も言わないでそれをもらえるわけではありません。「これください!」と言わないと、お店でも商品は買えないでしょう。お嬢さんかわいいから、ただであげちゃうよ!ともし言われるんだとしても(笑)、欲しいと言わない人に何かを与えようとするような、無粋な真似を運はしないものです。 双子座(5月21日から6月21日) 何だか段々勢いづいてきているなあ、と感じそう。もちろん自分のことです。ちょっとそれ面白そうじゃない?と感じることが、どんどんあなたに向かってやってきて、またそれが、少し動かすとさらにどんどん展開する。そんな状況にいるからです。イメージで近いのは、楽しげなすごろくに参加して、「さいころ振っていいよ」と言われたので振ったら、いきなりいい目が出て、「もう一回」「もう一回」みたいなマスに止まりつづける感じでしょうか。まあ、早く行くことだけがいいわけではないので、どこかでその流れは止まりますが、「こんな風にぐんぐん動ける感じって、いいでしょ。久しぶりでしょ」と伝えたいのかもしれません。確かに元気は出てきますね。ある一定期間なら、調子に乗ってもいいです(笑)。頑張りましょう。 蟹座(6月22日から7月23日) まあ、今は素直に楽しいと思えることだけを考えて、無暗にいろいろ心配しないこと、気にかけるエリアを広げないことですね。実際、あなたは特に悪い状況にいるわけではないし、むしろ楽しく過ごせる要素は周りにたくさん存在するのですが。でも、何だか「ほんのちょっとの不安要素」を、無駄に大きく広げて考えているように感じます。今は、何もかもが過渡期なんですよ。いい悪いではなく、何かが少しずつ流れていく、そんなときなんです。だから、それが不安の根幹にあるのではないかと、私は思いますが。たとえば夏が終わり秋が来るのに善悪はないのと同じ。「夏が続かなきゃ幸せになれない!」と思い込んでいるとしたら、何だかおかしいですね。秋には秋の幸福のなり方、楽しみ方があるんじゃないでしょうか? 獅子座(7月24日から8月23日)一番信じられる、頼りにできるのは「自分自身」だ、と強く感じることがありそうです。いや、別段特に危険なことがあるとか、そういうことではないと思いますが(笑)、「この場合一体何を自分の支えにしたらいいのだろうか」と思うシーンはあるのでしょう。人に尋ねたり、何かを調べたりして、解決策を探ることもできなくはないのですが、今自分がすべきは、そういう判断ではない。外側に頼ってはいけない。これがあなたのチョイスなんだと思います。で、それが実際正解なのですよ。自分で考え、選んだからこそ、その判断が一段と輝き、強く、温かく感じられるのです。手縫いの服が、決してうまくできていなくてもいとおしい。そんな感覚と似ているかな。 乙女座(8月24日から9月23日)今を楽しんでください、乙女座。何ならちょっと羽目を外したっていいと思いますよ。現状は、探そうと思えば不安材料でいっぱいです。まあ、まだあなたの周りはいろいろな意味で定まっていないでしょうから、ぐるっと見回すと「工事中」の札がたくさんかかっていたって、全然おかしくはないと思います。でもあなたは「まだこれは決定していないのか」(強くない、頼りにできない、変化してしまう可能性がある)と思うと、つらくなってしまう。そんな感じなのかも。つまりは少しナイーブになっているんだな。でも気にすることはないですよ。工事の真ん中でだって、楽しく騒ごうと思えば騒げます。ダンスだって踊れます。キスもできます。あなたの内側が楽しいと言えば、周囲の音なんて、なんの力もないのです。 天秤座(9月24日から10月23日)スタートダッシュをかけてみましょう。今、やってみたいと思えることと、あなたの相性は、思っている以上にいいいみたいですから。いざやるか!と心を決めて飛び込めば、向こうは「よしきたな!」と、どーんと受け止めて、あなたをどんどん新しい世界に連れて行ってくれると思いますよ。まあ大丈夫だと思いますが、しり込みするだけ無駄。飛び込んでしまえば、そんな自分のこともすぐに忘れてしまうだろう。そう思います。もし、準備が整っていない、と感じるなら、現地調達でもいいじゃないですか。もしくは「何の準備もしていなかったんですが、来たさがすごくて、飛んできちゃいました!」とそこも素直になればいいのです。多分周囲が助けてくれますよ。 蠍座(10月24日から11月22日) 新しい何かがあなたの周りで始まろうとしています。そう言われて見れば…と、予兆をあちこちで感じ取っているのではないですか。物が壊れたり、人が異動したり、物の配置換えをすることになったり。細かいことかもしれないけれど、気分が変わってきた。風の通る道が、変わってきたような気がする、と感じるような。あなたの内側でも、同じような動きはあるはずです。もしそれをキャッチしたら、流れを止めないでください。流れるべきものは流したほうがいいのです。とどめないで、むしろ行き先を見届けて。風をさえぎるくらいなら、今後の自分がどこに流れていくのか興味を持って、風と一緒についていこうかなくらいの感覚がおすすめです。 射手座(11月23日から12月22日)いろいろなところに手ごたえを感じるときのようです。ポイントは、肩の力を抜くこと。おもしろそうなことに、耳を傾けることでしょうか。今の射手座は、いい状態です。ですが、いい状態にスイッチが入ろう…として、立ち上がりつつある感じなので、そこでいきなり加速したり、重い荷物を持って立とうとしたりすると、バランスが崩れやすい気もします。だから、まずは「やっほー!」みたいに、気分を盛り上げ、立ち上がる勢いをつけてくれるものと接し、一度立ってしまうこと。その後、いろいろ義務的なあれこれを、「持つかどうか」考えてください。多分思っているよりあなたはパワーがあるし、やればやれてしまうのかもしれません。が、一度身軽になってしまった後に、また荷物なんか持ちたいのか?という話ですね(笑)。 山羊座(12月23日から1月20日)「しまっていこうー!」あなたの中でそんな掛け声が上がる気がします。いい意味で守りが固く、自分のすべきことがよくわかっている感じです。で、その状態をうまくキープし続けていると、ある、なかなか越えられなかった壁もずどんと突き抜けてしまうかもしれませんね。知らぬ間に。そんなこともできちゃった?これも可能になったの私?みたいに、後から思うかも。日々きっちり走り込みをしていて、だから安定したタイムは出せていたけど、ある時ちょっと気まぐれにダッシュしたら、過去最高の記録をいともあっさり塗り替えちゃったような。そういうときです。まさに、「努力は実る」の瞬間ですね。 水瓶座(1月21日から2月19日)まあまあ落ち着いてください、不安がらないでください。そこに座ってください。本当の意味で、あなたの中に迷いや恐怖があるわけではないはず。でも、今たまたま、心を揺らすような何かを内側に引き受けてしまっただけですよね。それも、そんなに怖がらなければすぐに回復します。正しくて明るく、温かい光がやってきて、あなたをぐるっと包んでくれますよ。今抱えている暗いものはすべて消えて去りますから、自分と光を信じてじっと待ちましょう。熱が出たときと同じですよ。体が解決してくれることを願って、おとなしくしているのです。何でこんな熱なんか出した自分!と騒がない方が、早く治るでしょ。あれと同じね。 魚座(2月20日から3月20日)さあ〜〜〜ときは来た〜〜〜!たちあ〜〜〜が〜〜〜れ〜〜〜うお!みたいなときでしょうか(『今こそゆけ魚座』のテーマ)。何か、いよいよそのときがきた、という実感があるなら、合っています。その通りです。だから自分が信じている通りに動き、得るものを得、戦うべきときは戦ってもいいですよ。イメージは、「門が開いた」です。あなたは飛び出していくし、ひらめきも得るし、戦いにも勝つのです。能動性こそ、今頂ける最高の恩恵です。だから、夏にばてている暇はありませんし、「えー、うちで待ってちゃダメですか〜」もなしです。とはいえ、「さあ、準備ができた人から突撃だ!レッツゴー!」とひとたび号令をかければ、魚座は一斉に飛び出すと思いますけどね。何だ案外みんな、やればできるんじゃないの、という(笑)。にほんブログ村にほんブログ村

乙女座その1:乙女座のカラダ

乙女座その1:乙女座のカラダ 乙女座の象徴する体の部位:腸、脾臓、膵臓、神経系。消化吸収、異物や老廃物等の排除、細菌の繁殖防止と排除など、体内での重要かつデリケートな役割を多数引き受ける。そこで行われる仕事は複雑かつ多様で、ある種の知性さえ感じさせる部分。イメージとしてはいるものといらないものの分別のような“秩序を守る”内容が多く、そこが実に乙女座的。(小腸は、食べ物を最小・分子段階まで消化し栄養を吸収&体内最大の免疫システムが存在する場所。同時に脾臓は心臓から血液を預かり、ろ過することで古くなった赤血球を破壊。ヘモグロビンを分解して鉄分を回収する)。また、小腸は全長6〜7メートルもあり、広げるとテニスコート並みの広さになることも有名だが、「それだけの機能、存在感を持ちながらもあくまでコンパクトにまとまる」ところも(最小限で最大限の効果?)、効率主義でミニマムな生き方を好む、乙女座テイストに感じる。美容と健康のためのお勧め:まず、お腹周りを冷やさない。腹巻、腹部をカバーするインナーなどを着用して物理的に温める。ストレスを溜めないための生活習慣を身につける(必須:主にリラクゼーション系がよく、セルフマッサージやアロマ、適度な運動に関連するものがベスト。刺激物やアルコールなどの多量摂取は人一倍ダメージを食うので注意。それでリラックスできても一時的。乙女座は、自分はお腹が弱い、と思っておくとちょうどいいかも)。温かい水分を適切に取る(消化機能には水分が不可欠。でも冷えると働きが落ちるので。そして働きが落ちるとメンタルにも影響が出る。乙女座は下痢や便秘などもしやすい星座だが、それはもともと頑丈とは言えない体質のせい&神経が繊細で、腸に負担をかけやすいからでもある)秩序と清廉を好む、12星座一の優等生。乙女座です。その中身と同様、容姿もさっぱりした印象が強いのが特徴で、清潔感やある種の若さ(はつらつ!みたいなのではなく、余分なものをあまり身につけていない感じ)を醸し出しています。大体顔は細面&面長。やや目力は弱めですが、穏やかで静か、知的な印象。頭部は発達していて額は広い。あごは小さくひっこんでいる。鼻筋はまっすぐで唇は薄い。肌質は大体デリケートで白いことが多く、髪もやわらかで、ややくせがあり茶色ががっている場合も。全体に色味が薄い印象というと、わかりやすい。背は高く全体には細身で、バランスよく整った体つきの持ち主が多数。手足はまっすぐで特徴的ではないものの、歩き方は早く活発。決して小柄でもないけれど、乙女座の影響の強い人はやや目立たない第一印象の場合が多いかも。クールな空気を身にまとっているので、人にひっかからない(意識に残らない)のかもしれないし、本人の「あまり目立つのは好ましくない」という価値観から、装い、ふるまいを選択しているせいもある。とてもわかりやすく「インテリ風」「神経質そうだな」という印象を与える人もいるし、繊細そうだけどふんわり、という人もいるのが乙女座。ただ総じて、うるさそう、たくましそう、ということは早々ない。さて、今回が12星座のカラダの最終回(その2はあります)なのですが。乙女座とその管轄する部位…。本当にそのまんまじゃないか(ひねりがなさすぎるんじゃないか?いや、ひねりとかいらないか?ひねりって何?笑)と、一瞬悩んでしまいました。そのくらい、体内のセンター、中枢部で最も繊細な仕事の一つを司る、そしてその仕事内容は実に微妙で多様。乙女座にぴったりの部位です。他の部位が単純だとか、ひとつのことしかしていない、という風には思いませんが、特に小腸はデリケートな場所で(それだけ、普段から繊細なことに対応しているから、外的刺激にも敏感なんでしょうけど)、日々のちょっとした不調のきっかけは、腸の疲労、トラブルから始まることが多いです。それだけ、いいときは気を張ってカラダを守り、神経をとがらせてくれている臓器なのでしょう。なのに、いまいち地味な扱いで(涙。でも頭や心臓、胃などに比べると少しそうじゃないですか?)、「上手く機能して当たり前」だと思われていそうなところも、乙女座が私たちの中で果たしてくれている立場と、よく似ている気がします。そう、人間の乙女座も(笑)、「良い状態を維持する、ある水準に保つ」ということが最も得意です。持ち前の勤勉さと細かい目配り、整理された頭脳でそれをとても自然にこなすため、周りはその役割の大事さに気付きにくいのですが、いざその場から管理者・乙女座がいなくなると、いろいろなことがいつも通りにまわらなくててんてこ舞い。あれはどこ行った?これっていつまで?何でこれ枚数足りないの?明日あの人何時に来るって?そういう、ちょっとした、でも大事なことが、多々とっ散らかってしまいます。乙女座のもっともパワフルな必殺技が「整理整頓」「スケジュール管理」であるがゆえんです。きちんとあるべきものがあるべき場所に収まっている。何かが入ってきても、自分の中のルールに従ってそれに居場所を与えることができる。そういう落ち着いた、高い知性が司る世界こそ、乙女座の「気持ちいい」世界なのですが。そういう人であるからこそ乙女座は「無秩序」が苦手で、「イレギュラー」が苦手で、「変化」に一段と敏感に反応します。そもそも、知性が高く繊細な人というのは憶病で、だからこそアンテナを鋭く高く立てることができるのですが。乙女座も御多分に漏れず、おそらくいろいろなことが怖いのでしょう。そして、怖いからじっくり様子を見ることができない。敏感すぎて見ないふりができないし、元来タフでもないから、違和感のあるものを「まあいいか」とたくさんは受け入れられない。受け入れなければならないと思うとパニックにさえ陥ってしまう。怖いからこそ、自分的に怖いことを少なくしようとして、世界を把握し・明快にしようとして、自分のルールで事を運ぶことにとてもこだわり、それで何事も測って納得したい気持ちが強いため、自分以外の人のやり方に合わせることがとても苦手。受け入れるのだとしても、時間がかかる。臨機応変などもってのほか、「なりゆきで」「ケースバイケースだから」「大体でいいじゃない」みたいな状況はひどく堪える。何をどうしたらいいのか、まったくわからなくなる。「一度一人にしてください。考える時間をあたえてください。自分のペースでやらせてください」あくまで乙女座は冷静に言いますが、この台詞は必死に何かに対応しようとしているときのSOS一歩手前の反応です。でも、とてもよく聞く言葉でもあるでしょう?つまり、まあちょっと言い方を変えると、乙女座は社会の中の苦労人であるのかもしれません。懸命に機能し続けているのに、その目立ち度は低く、いてあたりまえ、くらいに思われがちで、かつ「もっとも、ここで活躍したら目立つだろう、みんなが感心するだろう!」的イレギュラーなある種トラブル含みなシーンでは、率先して早退してしまうので(多分)、「何だよあいつ、使えねえ!」くらいのことさえ、気を付けないと言われがちです(人間って、ピンチの時にどーんとしている人に、「すごい!素敵だ!」とか単純に思いやすいですからね)。でもね。実際には、乙女座がきちんと機能してくれているがために、気持ちよく回っている日々が日常の九割九分なんだよ!というのを、この機会にぜひ世界に伝えておきたいと思ってこれを書いております(涙)。かつ、乙女座自身にも強く言っておきたいのは。あなたはそのままでいいのです。どういう世界、境遇にあるにしろ、あなたの几帳面さ、気配りの繊細さ、ある種の正確さはとても大事な要素です。かつ、あなた自身がおそらく「いや、誰かのためとかじゃなく、きちんと数字が合ってる方が気持ちがいいですから」「本が順に並んでいる方が、好きなんで」「清潔な部屋の方が、私の効率も上がりますから」みたいに、「自分自身のために、その力を使っているのだ」(他人のためじゃないよ、私のため)という意識でいてくれることも、なおさら結構です!(大体乙女座はそういいます。人のためだとか恩着せがましいことは言いません)なぜなら、そう思って動いている人間の精神の方が、恩着せがましい人に比べ、遥かに健康で高機能だからです。でも、同時に「そんなに始終、細かいことに気を使うのが好きだったら、当然疲れていろいろ嫌になったり、何もかも無理になったりすることもあるよな」とはわかっていてほしいし、「自分は敏感なたちだから、ちょっとしたストレスも、ほかの人より察知しちゃってもおかしくない」とも、知っておいた方がいいでしょう。本当にそうですからね。あと、乙女座は頭がよく勉強家な分、大体において頭でっかちで。たとえばカラダがくらくらしていても、「いや、熱は36.8度なんで、平気です」といったり、人が怒られるのを日々聞いていて自分が調子悪くなった、なんてときに「実際に怒られているのは自分じゃないのに、こっちがストレスを感じるなんて、ナンセンスじゃないですか」と、やや悪い顔色で言ったり、そんなところがありますが。熱なんて何度だっていいんだよ〜〜〜。怒られているのが誰であるかなんて、どうでもいいんだよ〜〜〜!くらくらするなら、休むべき、まずは少し眠るべき。何か変だと思うのなら、まず顔を見てごらんなさい。たとえそれが今あなたの中で、多少辻褄が合っていなくても。そんな予定はなくっても。いやだなあと少しでも思うなら、ストレスはあなたにかかっているのです。「周りの人は平気そうだし」とかは関係ないです。あなたが嫌なら、嫌、の判定でいいんです。カラダは理屈じゃない。頭だけじゃ測れない。計算通りには動かない。カラダは何より賢くて、カラダがキャッチしてくれるまでは、感覚は何もわからないときもある。むしろ、感覚は当然カラダの一部なのだから、「何かがおかしいから」こそ、いつも通り気づくことができない場合もある。そんなときに頼りになるのが直感。私たちのカラダに宿る、本能です。本能は、私たちが危険にさらされたときこそ、出番&本番。どんなときでも間違わず確実にサイレンを鳴らし、けたたましいばかりに「本当のこと」をいいます。だからもしその本当のことが、あなたの計算には合わなくても、理解しがたくても。本能がボールを投げてきたら、必ず受け取ると約束してください。「今手にこれ持っているからあとで」とか、そんな理屈は言わないで。何を持っているとしても、その時ばかりは脇に投げてしまって、かまわないんですよ。そんな時にまで優等生でいなくていい、むしろ自分のカラダに対して忠実な優等生であるべきなんです。元々、あなたが自分で作り出した秩序は、あなたが気持ちよく暮らすためのルールです。だから、「そのルールがあるおかげで、自分の人生は本当により快適になっているのか」にも、もっと関心を持ってください。そして、あなたにとって、その大事な生きるルールを生み出して、守らせてくれる、自分自身のカラダに、もっと敬意を払い、手間をかけましょう。乙女座は大体、質実剛健、シンプルな生活を好みます。言い方を変えるなら、自分を甘やかしたり、大事にしたり、ゆったりさせたり、余分にあたえたりが苦手です。つまり自分自身にも「あなたにはこれだけ、と決めたから、毎日これくらいでやりくりをしなさい」と言いたいタイプ。いつも同じがいい、やりすぎ、多すぎ、与えすぎは害、と思っているところがあると思いますが(だからこそ、乙女座の世界はいつも片付いているのだが)。でも、それも時と場合によるんじゃないですか〜〜〜?これこそ、乙女座の苦手な、臨機応変の一部かもしれませんが。いつもより残業が長い日々が続いたら、単純に休息時間も、摂取すべきカロリーも、カラダには多く必要じゃないでしょうか。きちんと衣服を整えたのに、少しまだ寒く感じるのなら、普段より一枚でも二枚でも、多く衣類を着るべきではないですか。いつもサクサク片付けられるものを、何だかめんどうくさく感じる日があったのなら、「これは疲れが残っているな」と思って、何もしないでぼーっと寝ている、好きなことだけする時間を自分にプレゼントしてあげてもいいのではないでしょうか。いつもなら気にならないような、かわいい服が妙に気になるのなら、たまには買ってあげたっていいと思います。もしそれがストレスによる衝動買いだったとしても、「服一枚でストレスが解消される」のだったら安いものです。それに、その一枚をきっかけとしてあなたが自分の新しい魅力に気づくかもしれないとしたら、なおさら元は取れています。大きなルールは、確かにあったほうがいいでしょう。あなたらしく生きられるために必要です。でも、本当にいいルールは、“揺らぎ”も受け入れます。本質的なことさえ守られ、維持されていくなら、本当は表面的な部分はどんな形であってもいいはず。ちょっと飛び出したり、ちょっと引っ込んだり、大きくでっぱったり、大きくえぐれたり。そういうもの、すべてが総合されたときに、そこに何か、一定の流れ。あなたらしい生き方の気持ちよい流れが生まれているのなら、それはそれでいいんじゃないですか。そしてあなた自身が心地よく思う世界も、本当はそんな感じのものではないでしょうか。繊細なあなたは、今後も迷うことがあるでしょう。実は日々、小さなずれを感じて生きているのかもしれません。でも、そのずれも、実は全部含めてあなたで、あなたという人生のルールの範囲内です。そう、現実は常に揺れるもの。ずれるもの。でもあなた自身がたくましくなり、柔らかくなれば、人生の消化吸収能力は増大し、「想定の範囲」自体が大きくなります。そうなれば、きっと怖いもの、違和感のあるもの、しっくりこないもの数はどんどん減っていきますよ。だって、想定の範囲内だもんね。まあ、すぐには納得かないとしてもいいでしょう。でもこれからは、何かしっくりこないときはお腹をさすってみてください(自分側から見て「の」の字をかくと便利解消にも効果ありよ)。そうやってお腹に聞いてみて。お腹が行けそうなら、多分あなたも大丈夫です。恐れずどんなことにも向かっていきましょう。何なら少し、声に出して気合いを入れるのもいいでしょう。「ようしこい、どんな人生だって食らっちゃる!…食べやすい大きさに切ってやる!(←乙女座的)」みたいな感じでね。

タイでの卵子提供について

タイでは、今年2015年7月31日をもって、卵子提供プログラムについて法的規制が実施されました。この法規制により、タイでの卵子提供プログラムをとりまく状況が極めて不安定になるとのことでした。それに比べ、アメリカでは、30年近く前から卵子提供プログラムが法的に問題のない環境で行われており、卵子ドナーさんの権利や安全性が守られた中で、卵子の提供、という貴重な『命の贈り物』をしていただけます。特に、弊社CRODの提携クリニックの院長は、卵子提供プログラムの先駆者で、日本人ドナーさんのケースについても、20年も前からの実績があるので安心です卵子ドナーさんからの素晴らしい『いのちの贈り物』を届けるために、安心して提供していただけるこちら米国サンフランシスコで私達CRODで是非お手伝いさせてくださいm(_ _ )mあなたからのドナー志願、心よりお待ちしております!お問合せは info@ranshi.com  へ日本語でどうぞ!

☆☆8月10日〜8月24日の星座占い☆☆

☆☆8月9日〜8月24日の星座占い☆☆ 牡羊座 (3月21日から4月20日)ちょっとした会話や、何気ない選択が、その後を大きく分けるかもしれません。どんなときにもユーモアを忘れず、相手との対話を楽しみ、小さな遊び心を持って物事を選んで行って。かつ、機転を利かせるのも大事です。いつも自分はこうだとか、ああじゃなきゃ、などと言う理屈にこだわらず、そのときどきで、一番ピンとくる明るい方向に進むのがいいでしょう。人生とは、わずかの差で何かが大きく動きときもあります。今はそんなときかもしれませんよ! 牡牛座 (4月21日から5月20日)冷静さが大事なときのようです。そもそも元々あなたは浮ついてなどいないのですが、「ここは確実に、慎重に見極めるべきところだな」と意識しているとなおさらいい、ということなのでしょうね。それに、わーわー動き回ることだけが、積極性ではないですよ。物事を良く見、自分が出るべきタイミングをきちんと計って待っていることも、かなり能動的と言えると思います。川の流れの中にいても、「今は流されたくないので」と自分の意志である場所にとどまっているのなら、見た目こそ動きがなくても、それってなかなかすごいことでしょ。運動量的にも。今のあなたはそんな感じです。 双子座(5月21日から6月21日)普通のことをやっているだけなのに、なぜか人から評価されたり、細かくいいことが起こったりしやすいです。最初は戸惑うかもしれませんが、あなたもすぐにいい意味で調子に乗り始めますよ。だから普通に暮らしているだけ、のつもりの割には、いろいろなことが楽しいときかも。今は、パッと見当たり前のことほど、不思議な魔法がかかりやすいので、特別なことをしなきゃとか、考えなきゃとかしなくていいのだと思います。常に楽しんで、無理はせず、今日を充実させることに集中してください。そういう日々が、もっとも大きな可能性を秘めているのですから。 蟹座(6月22日から7月23日)新しい一歩を自分から踏み出しましょう。多分、すでにこの前段階の動きは済んでいて、それをさらに強く補う、フォローする系の行動を、ここで判断して実行に移す感じですね。引っ越し先は決まり、大きな荷物を運ぶ準備はできているところに、ここで正式な契約を済ませ、新しいカーテンも買う。そんな感じかな。いい流れは自分で生み出し、さらにそこに自分でつなげていくのです。そうやって、“本物”にしていくのです。段階を分けて取り組んだ方が、物事の流れは強固になります。同時に、その流れを求める気持ちも安定し、強くなりますよ。「ああ新しい生活を自分で作っていくんだ」という実感が強まるみたいにね。 獅子座(7月24日から8月23日)自分にとってとても大事なことを、じっくりやり遂げるのに向くときです。今の獅子座の内面は非常にいい感じだと思います。何だか十分に熟していて、それでいて新しいことを受けいれる余地もある。片付いていて使いやすく、人を招き入れやすい部屋のようです。そんな部屋の持ち主だから、ここから新しい目標を持っても、思う存分頑張れる。力を発揮できる。そんな雰囲気ですね。何か新しいことをやり始めてみてはどうでしょう。いつも置かない場所に花を飾ったり、部屋の香りを少し変えたり。多分小さなことでも、気分がかなり活性化しますよ。 乙女座(8月24日から9月23日)いろいろ、ちょっとしたことでつじつまが合わなかったり、すんなりいくと思っていたことが滞ったりしやすそうです。でも大事なのはそこではなく、そうなったとき「じゃあどうする?」という次の判断をする部分のよう。「予定通りいかなくなったけど、それでもあなたは先に進みますか」こう尋ねられているのでしょうね。はい、進んだ方がいいと思います。今は自分の中での“完璧”にこだわるより、このタイミングで何かを成すことの方を大事にすべきですよ。かつ、いざ「何とかなるはず!」と突き進んでみると、想像以上に上手く行くとも思うので。そんなに準備をしなくても、精密な計画を立てなくても大丈夫なんだ、私って結構アドリブも利くんだ…と分ると思います。それって大収穫でしょ? 天秤座(9月24日から10月23日)急がば回れを今週のモットーにしましょう。何かとテキパキ、とっとと片づけたい!と思う時期ですが、でも、敢えて急ぎすぎない方が結果として良い状況になる気がします。最短の道よりは、歩いていて気持ちの良い道を選んで歩いてみて。遅いなあ、と思っても、そこで急かさずもう一回深呼吸してのんびり待ってみて。いろいろ頭に今すべき義務が浮かんできても、休憩時間はしっかり取ってみて。そうやって、あなたの周りを『やさしい流れ』に変えると、これまで詰まり気味だった何かも、スムーズに動き出しますよ。そして最終的には、ばっちりの展開に変わっていくでしょう。 蠍座(10月24日から11月22日)どんどん動き回りましょう。行動あるのみ!のエネルギーのときです。動き続けているとどんどん内面が活性化し、普段なら気づかないようなことにもいいアンテナが張れます。何か新しいアイディアが必要なら、移動中や、スツールに座るくらいのカフェなどで考えるとよさそう。じっくり腰を据えてしまわず、いつでも動き出せる状態の方がいいのです。でも、急にそんなに考えられそうもないと思うのなら、日々の行動をメモしたりしてみて。頭の中から思いを引き出す習慣をつけると、その回路が段々開きやすくなって、もっと奥にある願いや思いも、気軽に外に飛び出てくるようになりますから! 射手座(11月23日から12月22日)おもしろそうだ、と思うことをあなたの周りに集めてください。その中に、今後大きなチャンスやヒントに繋がる何かが混じって入ってきます。「確かにおもしろいと思うし、好きだけど、…まさかこれは違うでしょ?そんな真面目な何かじゃないでしょ?」そう感じるものほど、ありえます。今の運気はそういう気楽さ、リラックスしてそれに向き合っているあなたが好きなのですから。今大事なことをやろうとしている場合も同様です。真剣になりすぎず、今まで食べたことのないお菓子を初めて食べる…くらいのゆるさ、喜び度、期待感で行きましょう。そのくらいがちょうどいい感じです! 山羊座(12月23日から1月20日) 何かと幸運に恵まれやすいように思います。「え、そんな、いいんですか〜?」みたいなセリフを度々言うことになるかも。世界は私にやさしいなと感じるかもしれませんね。多分それは、この後あなたがかなり頑張ることになるからでしょう。だから神様が先回りして激励してくれているわけけよ(笑)。あなたもすぐにそのことに気付くと思いますが、応援されながら頑張れるって、いいですよ。どうぞ、あなたの持てる真剣さを尽くして、挑みましょう。かつ、ある程度やることをやってしまえばその後はサクサク行きます。何かもが真剣勝負レベルじゃないから、その点でも大丈夫! 水瓶座(1月21日から2月19日)楽しく過ごしましょう。今はあまり深く考えるのに向いていないタイミングです。いやいい意味で。おそらく、「もう考えようが考えまいが、いい方向にしか行かない」案件しか、あなたのそばにはないからですよ。でも、今何か考える…っていうと、多分それしか思い浮かばないでしょ?特に必要ないなら、雲でも眺めて、好きなお茶でも飲んで、足をぶらぶらさせながら楽しんでいたほうがいいですよ(笑)。あなたの中にいる子供を、思い切り遊ばせて、次にジャンプするときまで英気を養ってください。お祭りのような、華やかな色や音がある場所に行くのも、よさそうですよ。 魚座(2月20日から3月20日)ひとつひとつの作業に、少し長めに時間を取ってみましょう。多分「じっくりやりたい」が、今のあなたの心境ではないですか。だからそれに合わせるのです。でも、やらなきゃいけないことはたくさんあるのだから、もっと急がなきゃいけないって?その気持ちはわかります。でも、今急ぐのは、図鑑のページだけどんどんめくる読書のようです。本来、一冊読破することより、早く読み終わることより、「どこかものすごく気になるページがあったらそこだけ一日眺めていてもいい」のが図鑑でしょ?そんな風に時間を使ってください。そのほうが結果として充実するし、そのほかの面に置いてもいい影響を及ぼしますよ。にほんブログ村にほんブログ村

獅子座その2:『獅子座のカラダをもっと大事に、活かすために』

獅子座その2:『獅子座のカラダをもっと大事に、活かすために』 さてさて獅子座。あなたがあなたのカラダともっと上手に付き合うために必要そうなことを考えてみました。1・一日ひとつ、カラダのために小さい何かをするさてよく考えてみると、獅子座はとても元気そう…いかにも運動とか好きそう…というキャラクターの割に、大人になるとあまり体を動かすことに熱心ではない気がします(もちろんいくつになってもスポーツ命よ!みたいな方もおられますが、全体から見ると少数派かも)。そう。大人になってから運動に目覚めたり、日々熱心に取り組んだりするのは、どちらかというと子供のころカラダが弱かったり、忙しい中でも生活をいい状態に保たないと!という意識の強かったりする性格の星座のほうで(カラダ周りが得意じゃない人ほど、大人になったら頑張る&用心するの構図)。獅子座は基本、働くとなったら大体そちらにまっしぐらになりますし、子育てする!となった場合も同様で、どちらにしても、自分自身(本体)のことは大体後回し。どこかが本格的に悪くなるまで、「何とかなるよ」「大丈夫だよ、このくらい」と言いながらやり過ごしてしまうことが多いみたいです。でもこれが…ダメよ!ダメなのよ、獅子座諸君。10代などの、わっか〜〜〜〜い頃ならいざ知らず、人はみんな、着実に年を取ります。同じように暮らしているつもりでも、カラダの中では着実に時は過ぎており、同じような良さを維持するためにも、何かしらの特別な努力は必要になってきます。また、流れゆく年月の中で、あなたを取り巻く環境自体も大きく変わっているのですから。昔はなかった種類の責任やストレス、いろいろな困難も、間違いなくあるではないですか。ほらすぐそばに!だから、本当なら、カラダには一日単位で、向き合わなきゃいけないんです。今日食べたいもの、今日休んでほしい時間の量、今日特にケアしてほしいカラダの部位…などは、毎日変わるのですから。それで普通なんですから。でも、獅子座は、何事も「やるなら徹底的に!」がとにかく好きなので、そうね、休暇を取ってどーんと高級スパに!とかなら燃えるのですが、毎日クリームをマメに塗る、マッサージする、とか、そういう作業は苦手とする人が多い。そんなところがありますね。「いや、そういうのが大事だっていうのは、知ってるんですけど…。何だか面倒だし、それに作業が地味じゃないですか。あ、効果出た!ってわかりにくいし」こういう返事が戻って来そうです。まあそれはわかるんですけどね。でも、面白いからワクワクしたいから、カラダを大事にしろって言ってるんじゃあ、ないのよ。カラダは大切だから、愛すべき存在だから、言っているのよ、私は!(笑)そう、たとえるならカラダは付き合いの長いあなたの恋人のようなもの。ええ。誰よりも付き合いは長いでしょう?実際にね。で、長い付き合いだからと言って、「これはこういう感じだから」と高をくくりすぎてしまって空気みたいに扱い出すと…恋人だって不満が溜まりますよね。「そこそこいい状態で当たり前。何かあったときだけ、『え、何でこともあろうに私のカラダに、そんなことがあってくれちゃうの?』みたいな顔をして、怒り、当惑する」的な扱いを受けたら、あなたのカラダだって気を悪くすると思いません?まるで、「同棲に慣れきって世話焼いてもらうのが当たり前になって、相手の存在の上にあぐらをかいていることにも気づかない、よろしくない彼氏」みたいじゃないですか。あなたが!(笑)ね。で、こういうときだって、解決方法は同じでしょう?日々彼女がやってくれていることに感謝し、その合間合間でできることはしっかり自分でして、時には彼女を手伝って、積極的にいたわって愛情を示して。「ありがとうね」「今日はどんなことがあったの?」「明日は何しようか」そうやって、日々の中で小さく愛と気遣いを発揮しながら、一緒に日々を運営していく意志を見せるんですよ。これでしょ?これ。彼女は、何年かにいっぺん(しかない)、どかーんとスパ旅行なんて望んでないんですよ。そういうんじゃないんですよ。日々をきめ細かく支えてくれる、あなたに愛情を持っていてくれる相手(カラダ)に対して、すべきことは!!いや〜これ我ながら、過去最高レベルの例えですね(笑)。これを読んでくださる女性(が多いでしょう)が、みんな一発でわかる、しみるであろう比喩です。とはいえね、カラダの彼氏の諸君(みなさんのこと)。そうわかっていても、それが義務感ばかりじゃ続きませんし、そこにストレスが発生してしまって、かえってカラダによくないこと、にもなりかねない。だから、あまり難しく考えず、「何でもいいからカラダにいいこと」くらいのくくりで行くのがいいんじゃないのかな、と思うのです。さて、そもそも、どういうことが「カラダにいい」に入るのでしょう。この話はこういう好奇心を持つことから始まりますね。これがまず、一歩目の「カラダにいいこと」です。自分のカラダの状態や望んでいることを知ろうとする、が最も大事です。だって、その要求はいつも変わるのですから。「ハイハイ、ずっとこれやればいいんだろ!」じゃなくて、「カラダは今日は何を望んでいるのかな?」ですから。望むべき姿勢は。たとえば、足が疲れているなと気づいたら、軽くお風呂でマッサージしたり、ヒールで疲れて冷えているなら、寝るとき靴下をはいてあげたり、そんなことでもいいでしょう。髪が少しパサついているかも、と感じたら、しっとり系のトリートメントに変え、オイルをしっかりつけてマッサージして蒸すのもいいですね。胃の不調を感じたら、少し刺激物を控え、一度の食事量を少なめにして回数食べる。夜はお腹を温めて早めに寝、回復を促す。そういうのもいいと思います。何だか気持ちがさっぱりしないと思ったら、普段より長く眠って体を休めるのもいい。逆に少し早く起きて、静かな街を歩いて代謝を促すのもいい。好奇心をたっぷり満たしたいなら、遊びに行くより、書店や図書館に行くべきかもしれません。何かきれいなものが欲しくなったら、花屋さんによるのもいいですね。理由はわからないけどどうにも悲しいときは、思い切り誰かに話を聞いてもらって、大騒ぎしたり泣きわめいたりするのもカラダのためです。腹が立ってしょうがないとき、大声を出したり、走ったり何かをたたいたりして発散するのもカラダのため。明日の準備として、夜の内からお米を研ぎ、新たにお漬物などにも挑戦するのもカラダのため。気持ちよく着られるように服を丁寧に洗って干し、アイロンをかけるのもカラダのためです。今日少し遠回りして、夕日がきれいに見える道を通って帰るのも、カラダのため。道行く猫にあいさつして、透明な空気に深呼吸して、鼻歌歌って帰るのも、カラダのためです。そう。カラダを大事にすることは、そのままあなた自身を大事にすることです。カラダがご機嫌なら、あなたもご機嫌。だって二人は、切っても切れないナイスカップルなのですから(笑)。2・自分の見つけた「カラダにいいこと」生活を、喜びとともに拡大する。そして人とも共有するはい、正直言って、1が守れていれば獅子座に言うことはありません。大体の場合、1をしっかり理解して心掛けている獅子座は、必ず、その中でも特に好きな「カラダにいいこと」を見つけてですね。その、やり出すといきなり相当凝り出す性格を持ってして(笑)、がっつりやるのです。年齢不詳ビューティーに燃える獅子座もしかり(ガオー)。早朝ランニングに燃える獅子座もしかり(ガオガオー)。浅漬けのバリエーションに燃える獅子座もしかりです(ガオガオガオー)。そして、ちょっとした権威、くらいにもすぐになってしまいます。凝り性というのはそういうものですし(根つめるタイプの別称)、また獅子座は非常にアピールも上手くて人好きのする性格ですから、その、自分の獲得した「カラダにいいこと」(素敵生活)を、周りの人にもふりまきます。影響を与えます。その辺も含めて、いいと思うのです。そんなにいいことなら、みんなでやればいいじゃない〜楽しめばいじゃない〜っていうね。そっか、それそんなにいいなら、私もやってみようかな?獅子座の周りでそう思ってしまう人は多いはず。獅子座のエンタメ力のなせる業だと思います。実際、面倒見もいい性格ですから、人を何かの道に誘導する、先導するのに向いていますね。そうやって、みんなで元気に暮らせばいいじゃな〜い?3・年を取ることを楽しむ。「自分はどう年を取ろうかな!」と計画を立てる基本、獅子座はいつまでも若々しいのですが(素材としては)。主にはつらつとした、有り余るエネルギーのおかげでその良さが保てている分、何だかがっくりきちゃったり、「私なんかもうだめだよ」的に思いはじめたりするといきなり、弱っちゃう、老化しちゃう気もします(それだけ気力の人なのだわ。基本)。で、もともと濃い目でややオールドタイプの顔が、本物の老け顔と化すと!ダメ〜〜〜〜〜〜、それ絶対ダメ!!(涙)いっときますが、獅子座。あなたは、いくつになろうが魅力を発揮できるタイプの個性です。健康自慢な人が多いせいで、カラダが少し昔ほど動かなくると、「もうおばさんだから」「俺おっさんだよ」とか自分から言う獅子座って多いんですけどね(そうやって自分を慰めている、エクスキューズしている、そんなことないですよ!と言ってもらおうとしている。笑)。ダメ。おばさんっていうのは、おばさんおばさん言う人がおばさんだから(笑)。いえ、違うのです(ちゃんと説明します)。もちろん生物学的には、みんな等しく年を重ねるのですから、ぶっちゃけ、ある程度生きれば老化はしてきます。本当の意味で、おばさんじゃないわけではありません。少女なわけはありません。でも、「生き物としてのパワフルさ、若々しさ、エネルギーの強さは、生物学的な枠では測れない。数値化なんてできない」。これも、本当のことですよ!だって、その人が圧倒的に魅力的である時に、年齢って、関係あります?それが20歳にしろ30歳にしろ、40歳にしろ、50歳にしろ。「私らしい、●歳になる。今持てる力のすべてを発揮して、輝く!」これはいつだってできます。しかもその年齢によって、出る輝きの質は違うのですから。虹の中にある7色の中に優劣がないように、どの年齢の輝きも、等しく美しいのです。そしてそれを発揮できるのは、自分からその年齢に「なった」人だけです。「いつのまにか●歳になっちゃった〜」と、他人事のように言ったり、昔の自分の方がよかったと、今の自分を認めない行動ばかりとって、過去の栄光?にすがろうとしたり。自分からその年齢という新しいステージに乗ろうという気がない人には、そういう輝きは与えられません。だって輝きって、スポットライトだもの。自分からカモン!っていって呼び寄せないとこっち来ないわよ。そう、自分が重ねた年月というのは、彩りが少しずつ変化する人生のステージそのもので。季節が変わったら、ふさわしい服装も、似合う髪型も変わる。まとう雰囲気も変わる。それが自然で、それを楽しんでできる人が、もっとも素敵なのです。だからこそ、いつも今の自分を愛し、今のステージに合う、自分を輝かせるための何かを探し求めてください。そして、堂々と…その背に羽織ってください。「どう?これが今の私よ?」(さあ見ろ、ほれ見ろ)そういう俺様感、いくつになっても獅子座には大事。そして周りの星座たちが見たいのも、そういうあなたですね。間違いない!(笑)
CRODのブログ 〜サンフランシスコから〜」ブログは「CRODのブログ 〜サンフランシスコから〜」さんの著作です。 上記は 2015-10-04 21:33:58 にキャッシュした内容です。 そのため、このページは最新版でない場合があります。 最新版はこちらです。

アップデートランキング

4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」 1日2.3回のペース
羅府散歩 1日1.4回のペース
VC社長日記 1日0.7回のペース
ロサンゼルスで子どもと暮らそう! 1日0.4回のペース
TAEKOのOCへいこう!ブログ 1日0.3回のペース
肉警部ログ 1日0.1回のペース
■ IRVINE/OC /LA/南カリフォルニア 雑記帳 ■ 1日0.1回のペース
アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible 1日0.1回のペース
NetHeroの「今は昔」 1日0.1回のペース