カレンダー

2006年1月
    2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

what's new

込山洋一

寒い日本の「熱い」日々

1月26日の東京は晴れ。
帝国ホテルからすぐの銀座のキンコスでこの原稿を書いている。

1月の17日に日本入りしてから今日で10日目。
到着日は成田からそのまま陸路で新潟に移動した。

とにかく今回の出張も最初から飛ばした。

手始めは東京駅での乗り継ぎ。
地下5階の成田エクスプレスを降りて新潟行の新幹線までわずか5分(JRの目安は15分)。成田エクスプレスの、東京到着5分以上前に降り口で待機。到着と同時に、バッグとスーツケースを担いで、エスカレーターを一段飛ばしで駆け上がった。目が潤みながら新幹線に飛び込んだときには耳やら鼻から煙が出ていた。


そのままの勢いで、毎日朝から晩まで、日本のパートナーの高畠さんと、大学や専門学校でプレゼンテーションをしつづけた。そう、日本にはライトハウスの出版事業ともうひとつの柱、大学や専門学校向けの教育研修事業の作戦会議と営業(主に新規開拓)に来ているのだ。

情報誌ライトハウスで培ったネットワークを活かして、「ビジネス」「児童教育」「医療・福祉」「コンピュータ」「コンピュータグラフィックス」「映像・映 画」「アニメーション」「スポーツ経営・トレーナ」「自動車」「音楽」「ダンス」「ペット」など、アメリカが本場の分野で、企業(学校)訪問やセミナー、 交流、コンテストやインターンを通して“ホンモノ”に触れることで、学生たちの目からウロコをボロボロ落として“転機”をもたらすこと。そして彼らが日々学んでいることと、世界がつながっていることを体感してもらうことが目的だ。

もっと言うと、これは「入れないところに入れる・聞けない話を聞ける・会えない人と会える」その学校だけのオリジナルの研修だ。

その根拠は、今、全国で30の学校(学部学科で言うと100以上)の研修を作っているけど、1校として同じ研修はナイ。

ひとつひとつの学校と、将来どんな人材を世界に輩出したいか、学生たちにどんな体験をしてもらいたいか、そしてどんな学生を獲得したいかについて、経営のトップ、 現場の先生、広報担当者と、徹底的にひざを詰めて話し合いブレイクダウンする。プログラムを作りこんでいるから、1校として同じモノにはならないのだ。多 くの学校は、5人も6人も視察団がアメリカまで来て、リサーチや作戦会議をする。

学校もわれわれも「人づくり」にかかわる仕事だから熱い熱い真剣勝負なのだ。そしてそれができるのも、リクルート出身で、学校経営やキャリアのエキスパー トの高畠さんというパートナーが得られたこと(同志で兄弟のような存在だ)。年間50冊のライトハウスを発行することで、アメリカのさまざまな分野に日々 ネットワークやデータベースを築き上げられること。そして、創業からのディレクターの鎌塚始め、寝食も忘れてこのプログラムを支えてくれる優秀なメンバーのおかげだ。

この研修も出版もそうだけど、人さまの人生の側で仕事ができるというのはホントに幸せな人生だと思う。感謝しなくちゃならないことが私の周りには溢れている。


はてさて。
そんなドタバタで始まった出張は新潟を皮切りに、東京、名古屋、京都、大阪、博多と南下して、一気に豪雪の札幌に北上。札幌からふたたび東京に戻ってきて、明日の新潟で最終日を迎える。

駅を走ったり、雪道ですべったり、コインロッカーが見つからなかったりもしたけれど、全体としてはたくさんの方たちの愛情や思いやりに包まれた素晴らしい出張であった。博多で皿うどんも食べられたし。

今回の出張で、2006年度は新たに十数校の研修プログラムがスタートする。某国立大学の重要なリサーチを受注することもできた。
昔描いた夢や目標が少しずつ現実になっていく。

こりゃ帰ってからも大忙しだ。
次回はロサンゼルスから。

【込山洋一】
01 25, 2006

「和僑」をつくる

「和僑をつくる」のが夢だ。
結束力でも規模でも、華僑に負けないような。

日本人の就職や生活拠点の選択肢に、海外が加わるような世の中になったら良いと思う。創りたいと思う。

昔に比べて、留学とか駐在とか、海外に渡る日本人は増えている。
その一方で、そんな日本人を食い物にする輩も発生している。そういう連中はたいてい自分も誰かにやられて同じことを繰り返している。

そうじゃなくて、海外に暮らす日本人みんなが、後から来る彼らのことを応援すれば、余計な苦労や浪費をしなくてすむし、その中から成功する日本人は確実に 増えて(また彼らが、次の人たちを助けるというポジティブスパイラルに入って)、海外の日系社会はもっともっと強く大きく良くなるし、日本人はもっともっ と海外での活躍の場が得られると思う。

そんなことを、香港・北京・上海・大連で情報誌を発行する「コンシェルジェ」の社長の大西さん、サンフランシスコの「ベイスポ」社長の小野里さん、オー ストラリアや東南アジアで展開する丸山さん、あちこちで情報誌を発行するメディア仲間に声をかけながら構想を練っている。

なぜ日系メディアかっていうと、それぞれの地域事情に精通して、ネットワークも豊富だから。日系メディアが音頭をとって、日系社会が元気になるよう、そし て日本からの人たちにむけて情報を発信すれば、どんどん日本と世界の距離は縮まるし、面白いことになると思うんだけどなあ。

*お知らせ1
1月25日から2週間、リクナビに求人広告を発信します。

*お知らせ2
週末から2週間日本出張。日本の様子をお届けします。

【込山洋一】
01 13, 2006

この次の10年

ライトハウスの冬休みは例年12月24日から新年の3日まで。

少し多めに休みをいただくのは、日々のハードワークを頑張ってくれたメンバーへの感謝と、日本の親元を離れてこんな遠くで暮らしているので、この時期にこ そ里帰りをしたり、親御さんを招いて、ゆっくり親孝行をしてほしいという思いからだ。どこか旅行するにも、気兼ねなく、まとめて休めた方が良いからね。

かくいう私は、24日から一週間、仲間家族と家族、親父、姪っ子を連れて、ロサンゼルスから北に6時間のリゾート地マンモスで過ごした。マンモスは、初めてスキーをやった87年以来の18年ぶり。ここの雪は文字通りパウダースノーで滑っていて気持ちいい。顔から転けても痛くないし。

現地では、3階建ての一軒家を借りて毎日自炊生活。
朝から晩まで頭を真っ白けにしてスキーばっかりして過ごした。

賑やかな夕食の後は、夜更けにグラスを傾けて一年分の日記をめくっていく。

自分では一年笑って過ごしたつもりでも、読み返してみると、心がざらつくような出来事もいっぱいあった。心ない言葉で大切な人たちをまたしても傷つけてしまった。

今年の一番の出来事は、いっしょに15年も仕事をしてきた弟が独立するという、もっとも祝うべきことだけど、でも一番さみしい出来事もあった。

でもこれまでで一番と言えるくらい、よく頑張れた充実感と、新年への期待感に包まれて、なんとも幸せな気持ちで年末を過ごしている。ありがたい。

そうそう。この旅行の間に40回目の誕生日を迎えた。

言うなれば、40歳代10年が始まる「元年」の年。
20歳代と30歳代は、お金と夢をごっちゃにして失敗もうんとしたけど、そろそろ次の10年はこれまでの経験とたくさんの恩を、世の中や後輩たちに還元する時期だと思う。それができる自分でありたいと思う。

【込山洋一】

 
 
 
01 04, 2006