カレンダー

2006年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

what's new

込山洋一

ワクワクワクワク

飲み歩くタイプに見られるが実はかなりの朝方人間だ。

朝起きたら日本からのメールをまずチェック。返信をして、ニュースをチェックして、それからツールドフランス(風)に着替えて自転車に飛び乗る。

パロスバーデスの山頂に近い我家から、重力に任せて麓(ふもと)まで一気に降りる。5分も朝の風に洗われるとすっきり目が覚める。早朝は、野生の孔雀(くじゃく)がよく見られる。一羽のオスに対してメスが多い。朝からモテモテ。オスと目が合うと視線を落としてしまうのは気持ちで負けているのか。散歩をする馴染みの顔はだいだい同じ地点ですれちがう。多くは犬を連れていて、どことなく飼い主と似ているのが面白い。

近頃は毎朝のように霧が深いけど、朝から青空の日は気持ちが良いもので、遠くのチャネルアイランドを見渡しながら風を切って走る。朝のまっさらな空気を吸い込むと細胞のひと粒ひと粒が生まれ変わるみたいだ。

もどりは急な坂道を全身を使ってほとんど立ちこぎで登る。寒い冬だと全身から湯気が立つくらいだ。そんな重いペダルなんだけど、近頃は軽く感じる朝が多い。

それはなんとなんと!

世界の日本語メディアが手をつなぐことで、情報を通して日本人が自分の意志で暮らす国、働く国を選択できる世の中を創ろうというライトハウスの「和僑創生」構想に、各地域のメディアが賛同してくれて、いよいよその会の創立が現実のものになろうとしているからだ。

香港、上海、北京、大連で「コンシェルジェ」を発行する大西社長、サンフランシスコ、ロンドン、バンコクで「ベイスポ」を出している小野里社長、加えて国内外1000社の無料誌と取引をするリンクスタッフの中川社長が参画。みんな個性的豊かで、荒波を越えてきた凄腕社長たちだ。

さらに今朝のメールで、バンクーバ、トロント、シンガポールの方も仲間入りしそうで、ライトハウスのロサンゼルス、サンディエゴを合わせると世界12都市をカバーする。おっしっ!!

例えば、世界のメディアが共有サイトを立ち上げて、そこでは各都市で生活したり、働いたり、学ぶために必要な情報が詳細にカバーしてあったら、将来海外を目指す利用者は、比較できるし、選べるし、人生の回り道をしないですむかも知れない。経営や営業、編集のノウハウを共有したり、切磋琢磨することで品質も向上するだろう。業界全体の志も高くなる。

そんな熱い想いと精度の高い情報を、各地域のメディアが、海外100万人を越える在留邦人と、その数十倍の海外(活躍)予備軍に発信したら、もっともっと海外で活躍する日本人が増えるし、各地域の日系社会は活性化するし、新しい人を食い物にするんじゃなくて、応援する日系社会になっていくだろう。そしてそこに暮らすひとりひとりの日本人が日本代表として、日本や日本人の持つ素晴らしさとか美しさを、誇りを持って、その国の人たちに伝えることができたらどんなに素晴らしいだろう。それが私の目指す「和僑創生」であり、創りたい世の中だ。

大きな夢と小さなことを大切にする心を持って実現したい。

(追加)

今朝の幹部会議で、編集長の西川の発案で月に一回、「未来のライトハウスでこんなことやろう飲み会」を発足することになった。スーパードライを片手に、実現性とかマンパワーとか無視して、世の中に突き抜けること&変えられること&前に進められること、この会社でやってみたいこと、そんな意見を自由に出し合える場作りをしようということになった。

予算1人30ドル。自由参加。服装自由。2時間一本勝負。会の段取りをする幹事はマネージャーの持ち回り。欠席者の代わりにジャンケンをしたら勝ってしまい、不在者(鎌塚)は姿無くして栄えある一回目の幹事に選ばれた。かなり欠席裁判。

つい先日、営業部長の片山が「中堅メンバーや新人に発言や責任が持てる機会をどんどん与えましょう。その中で面白いプランがあったら、思い切ってリーダーとしてチャンスを与えませんか。そういう環境と風土があったら、もっとみんながイキイキ働けます(キッパリ)」と言っていたのを、どんな形で場作りをしようと思っていた矢先だった。

ワクワクワクワク・・・・・(続く)

05 17, 2006

食卓

昨晩は会食のアポイントを一週間まちがえて、図らずも7時過ぎに家に帰れた。

が、家で待っていたのは家族ではなく洗い物。子供たちはスケートや野球の練習でしばらく帰ってこない。運動代わりに腕をまくって夕食の仕度をしながら食器を洗う。キッチンでは作るのも片付けるのも苦にならない。というか、4つのコンロをフル稼働させながらテキパキ料理をこしらえる時、あるいは、どこから手をつけてよいかわからぬようなキッチンが磨き上げられてキレイになる時、自分に酔ってアドレナリンが噴出すほうだ。

でもこれはたまの話。

ライトハウスの読者には仕事や育児に忙しい女性が多い。

私のようにたまにやって胸を張るんじゃなく、当たり前のように毎日料理をこしらえ、片付け、そのうえ掃除や洗濯をするのはたいへんなことだと思う。自分だけでも面倒なのに、家族があったらことさらだろう。そんな合間に読んでもらえるライトハウスだからこそ、心に潤いや元気を提供できるものでありたい。それも、どこかから買ってきたアリモノの記事じゃなく、想いのこもった手作りの記事を贈りたい。

ジャガイモの火が通り、シャキッとサラダが完成した頃、家族が帰ってきて食卓を囲む。平凡だけど尊くて、手に届くけど永遠じゃない。子供たちの他愛もない一日の報告を聞きながら豊かな時間を噛み締める。

この9月から娘は8年生、息子は6年生になる。ふたりとも親元を離れて大学に行きたいようだから、こうして家族4人揃って食卓を囲むのが「日常」であることは5年しかない。7年経ったら、そのほとんどは2人だけのテーブルになる。

そう考えると、仕事がうまくいかなかったり、途方にくれることもあるけど、「今」が一番幸せで、人生の中のゴールデンタイムに立っているんだと思う。大切にていねいに、感謝して生きなくっちゃならないと思う。

05 11, 2006

山歩き復活

数年ぶりに仲間と山歩きを復活する。

特に今年は歯ごたえのある山にチャレンジしようと、6月にボールディ(約3000メートル、ロサンゼルス近郊)、7月にサンゴルゴーニョ(約3300メートルロサンゼルス近郊)、そして8月には本命のマウントホイットニー(約4400メートル、ロサンゼルスから約4時間)、さらに9月はグランドキャニオンの谷底を歩いて降りようと計画をしている。

メンバーはみな40歳を超える週末ハイカーだけど、エンジンはフェラーリだ(燃費が悪い)。

どれも過去に登った山でそれぞれ思い出深い。アラスカのマッキンリーを除くと、北米大陸一の高さを誇るホイットニーに初めてチャレンジしたのは確か8年前。隊長の高津氏を中心に5人のメンバーでワンデイアタック(一日で頂上まで登って下山する)をした。2600メートル地点の登山口を、まだ真っ暗な早朝5時に出発して頂上を目指したが、午後2時を回った4000メートルくらいの地点で、メンバーの疲弊があまりに激しく、これ以上前進するのは危険だと判断して引き返した。あの時は急激な高度変化に身体が追いつかず、頭はズキズキするし、手のひらはグローブのように腫上がり、身の危険を感じた。唇を噛みながら重い足取りで下山したのを覚えている。

それでも翌年、5人のメンバーでワンデイに再挑戦した。途中あと一歩のところで、二人のメンバーが脱落したが、隊長の高津氏と石川氏(先のクルーズの相方)と私の3人が頂上を踏むことができた。タイラノールで頭痛を騙しながら、薄い空気の中で頂上に辿り着いた瞬間は3人で抱き合った。そのときの写真は今も大切に飾ってある。

高津氏は大学時代、冬山に籠もったり、岩山にも登るホンモノの山男で、日頃はTWI INFOTECH(www.twiit.com/)という技術者専門の人材会社の社長をしているが、窮屈そうにネクタイを締めているより、山でリーダーシップを発揮したり、重たい共同装備を率先して持つ姿の方がホントの高津氏だ。

石川氏(天体関連のネット販売が表の顔 www.astrohutech.com/)も一見線は細いが、元早稲田のラガーマンで足腰の強さが人間のそれとはちがう。いつかボールディに登ったとき、みんなバテバテの頂上で、リュックからバズーカのような双眼鏡を出して、「さあ星を見よう」と涼しい顔で笑っていた。

そんなわけで、二人の怪物の足を引っ張らぬよう、今年は2月からジムに通って身体を造っている。前回ホイットニーは19時間(朝5時出発、深夜0時帰着)かかったので、今回は17時間くらいで登ってみたい。

05 05, 2006

顧客との理想の関係

いきなり、下記は弊社デザイナーAくんからのメール。
「本日、T社様へ、営業担当のBさんと同行しました。
やはり、先方のオフィス、W社長、その他の従業員の方々とお会いして、いろいろなお話を直接聞くことで、先方の弊社へ対する温度がよくわかりました。
明日、ミーティングの中で、他のデザイナーともこうした動きについて話し合う予定にしています。

さらに、自分から言うのはおこがましいのですが、長年おつきあいいただいている、不動産のS様から先日「あなたの対応は人間味がある」とおっしゃっていただきました。
これまでファックスのみでやりとりしてきたクライアントさんですが、なるべく電話で対応するように、最近やり方をかえてきたので、それが功を奏した、ということでしょうか。

これらも、今後の積み重ねが大事ですね。地道ですが、コツコツやっていきたいとおもいます。」
実は先月、Aくんからの提案で、直接デザイナーが広告主のお店や会社をお訪ねして、
「どんなところで、どんな方たちが、どんな想いを持って仕事をされているか、また何をライトハウスに期待してくれているか」知る機会を作り、それを単発ではなく、継続的な仕組みにしようと声が上がった。
一般的には、営業担当者がある程度まで広告主と内容をつめて、コピーライターとデザイナーにバトンタッチする。その後のやり取りは多くの場合、事務的な電話やメール、ファックスのみだから、直接デザイナーが広告主と顔を合わせることがない。そうすると「必要な情報」は伝わるけど、一番大切な広告主の「情熱」や「想い」がなかなか伝わりにくい。
4名の広告制作のデザイナーが、不定期の広告主も含めると600件近い広告主を訪ねることになるので、締め切りの合間を縫ってひとまわりするのは一年がかりの試みとなる。決して「作業」や「惰性」にならぬよう、一件一件愛を持ってていねいに根付かせてほしい。
顧客との理想の関係は、ライトハウスと広告主という会社の繋がりだけでなく、個人と個人という複数の絆が生まれて、それを何十年もかけて育み、共に苦難を乗り越えて、時代の中で成長を重ねて、ヨロコビを分かち合っていくことだと思う。
一方で、片山をリーダーにわずか3人で回してきた営業部(顧客事業開発部)も、夏に向けてある程度の補強の目処が立った。人数が揃うことで、健全な競争、部内の切磋琢磨も期待できるだろう。これまでは、どうしても新規開拓や売上目標の達成にしかエネルギーが割けなかったが、来年にむけて少しずつ、新規開拓同様、あるいはそれ以上に、既存の顧客へのケアに情熱とマンパワーを費やしたい。そしてみんなに愛される会社、愛される個人の集団になりたい。
再来年には創刊20年目に入る。アクセル全快で通過したい。
05 04, 2006