カレンダー

2006年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

what's new

込山洋一

日本出張(後編)

朝、おっちゃんたちと朝食と温泉を共にして握手で解散。

夕方のミーティングがある大阪へ移動。奥村先生と高畠の三人で新会社設立のための打ち合わせをする。日本での会社設立は始めてのことばかり。知らないことだらけだけど奥村先生は呆れもせずに親切に教えてくださる。

 打ち合わせが終わって、タクシーを飛ばして梅田で商船時代の親友と合流。

去年の同窓会以来。「オマエ、まともなこと言うようになったなあ」褒められているのか貶(けな)されているのか。楽しい再会に焼酎ボトルが3本空に。

 625日(日)

軽い二日酔い。熱いシャワーと水を交互に浴びてサッパリする。お昼は大阪リーガロイヤルホテルでクライアントと会食。経営や新規事業についてアドバイス。熱が入ってあっという間に3時間。

そのまま京都に移動。少し時間があるので、駅ビルの伊勢丹をぶらぶら、夏のジャケットを購入する。その後、高畠ファミリーと合流。長女の朋ちゃんは今春から立命館の大学生、長男の大ちゃんも付属高校に入学。久しぶりの二人はますます逞しく成長していた。会食後、川床のあるショットバーで雨上がりの夜風に当たりながら気持ちの良い時間を過ごす。

 626日(月)

早朝の新幹線で東京に移動。駅弁をかき込みながら日経新聞を斜め読み。

 渋谷に移動して、老舗の専門学校の理事長とミーティング。
残念ながら今期初めて実施する研修は目標参加者数を大幅に割り込んだ。
2期目も集まらなかった場合を聞かれ、その場合は実施できない旨を伝える。学校の温度や取り組みによって参加者数はぜんぜん違ってくる。こっちも命がけ。真剣勝負で取り組んでくれる学校とだけ仕事をしたい。

 次のアポイントまで時間があるのでインターネットカフェに飛び込んでメールのチェック。煙草の煙にクラクラしながら一気に返信。日本ではキンコスやインターネットカフェにずいぶん助けられている。毎回2週間を越える出張でPCを持ち歩かなくてすむのはホントありがたいことだ。でも煙草はそばで吸わないで。

 627日(火)

この日は名古屋へ日帰り。
朝イチ、渋谷に本社を構えるデジタルスケープ社の藤川社長や幹部の方たちと懇談。同社は
CGやクリエーター系の人材会社としては最大手。お互いの事業構想や課題を話し合う。

 その後、名古屋へ新幹線で移動。2つの学校を訪問して東京へとんぼ返り。

日本でマーケティングや経営のコンサルタントとして大活躍されていて、本誌「マーケティングサーフィン」でもお馴染みの阪本啓一氏と新橋で会食。

 「直感を大切に」「心の中の執着やこだわりが視界を曇らせる」「世の中に困ったことは何ひとつない。常識が困っているだけ」「すべては必然。身に降りかかることはすべて意味がある。自分に何を教えようとしているか常に意味を考よう」毎度のことながらたくさんのことを気づかせてくれる。ホテルへの帰り道、心がポカポカする。

 628日(水)

終日ホテルに缶詰になって事業計画書を作成。食べに行く時間もなくてランチはルームサービスで稲庭うどん。

夜は高畠やブレインが集まって事業計画についてのブレスト。議論が白熱して午前3時半にお開き。

 629日(木)

睡眠時間2時間だけど身体は軽い。
日本出張中は気が張っているから毎日
45時間でもへっちゃらだ。

 夕食はニスコムの社長の尾上卓太郎氏と麻布十番で会食。同社は千数百名の技術者を企業に派遣している。経営の話から家族、趣味へと話は尽きない。経営者の視点で今度の事業計画について意見をもらう。二件目はシティクラブで赤ワイン。

 630日(金)

出張最終日。良く今回も元気でやってこれた。ありがたい。

午前7時半、エコライフ研究所の所長でジャーナリストの中野氏と最上階のバフェで会食。ここからの風景は朝から元気にしてくれる。同氏は、ライトハウスの「和僑創生」構想を一冊の本にできないか検討してくれている。日本人がどこの国でも自由に働いたり暮らせる世の中作りに共感してくれているのだ。ブレストの中でいろいろなアイデアが出る。

 荷物をまとめて、少し時間があるので金曜日の銀座を散歩。スクランブル交差点を晴海の方から風が横切る。夏がそこまで来ている。

ちょっと覗いた三越で夏のシャツを見繕ってもらう。店員の男の子が気持ちの良い青年でつい散財。

 ホテルに帰って旧友の青木氏と2階の「インペリアルバー」でサンドウィッチとビールでランチ。青木氏とは、彼が90年代に帝国ホテルのアメリカ事務所の責任者をしている頃からのつき合い。「このホテルの社長になりたいと思って入った」と言い切る根っからの帝国マン。昔から酒を飲んでは、帝国ホテルのホスピタリティや経営哲学について学ばせてもらった。

 昔からの仲間がいろいろな世界で活躍している。
そういう仲間からアドバイスをもらったり、人の輪を広げてもらったりする。本当にありがたい。人は生かされていると思う。努力をするのは当たり前で、自分の力なんてせいぜい
2割か3割。いやもっと少ないだろう。あとは「おかげ」だと年を重ねるほどに思う。

 今回の出張は人生の転機になりそうだ、いや転機にしたい。
充実感とワクワク感で日本を後にした。

 

07 14, 2006

日本出張(前編)

この原稿は7月の週末、息子の剣道の合宿をやっている体育館から。

息子はトーランス市の剣道場に所属する豆剣士で、789日の週末、筑波大学から先生を迎えて稽古をさせてもらっている。リーダー格の鍋山先生は日本選手権に10回出場、日本で3位になったこともある達人。同行の奥さんはやはり女性の部で優勝経験を持つ女流剣士。こういう方たちから直接指導を受けられるのは本当にありがたい。

南カリフォルニアだけで何十という道場があるけど、とりわけこのトーランスの道場は先生方やそれを支えるお母さんたちが熱心で、多くの大会では各部門トーランス道場の剣士が軒並み上位に名前を連ねる。またお兄ちゃんたちが驚くくらい下の面倒を見てくれる。言語は英語で人種も様々だけど、みなとても礼儀正しい。昔の良い日本がここにあるみたい。

さてブログの更新は約一ヶ月ぶり、出張で日本に経つ前以来。その間の様子を書いてみたい。

614日(水)

夕刻、成田到着。

梅雨ど真ん中。覚悟を決めて来るも幸い晴れ間も見える東京の空。

日比谷の帝国ホテルにチェックインをして、ロンドン駐在や留学をしていた仲間たちと懇親会。ライトハウスのヨーロッパ進出について意見をもらう。2001年のニューヨークのテロの際、日本からの研修(ライトハウスは出版以外に日本の大学・専門学校向けにアメリカでの研修プログラムを提供している)がすべてキャンセルになった苦い経験から、アメリカでテロが再発した時に備えてヨーロッパにも拠点を設けるべきか検討しているのだ。

意外だったのは、911以降アメリカに限らずヨーロッパでも同じ現象があって、観光客は激減し、修学旅行なども中止や国内切り換えが多かったという。日本に住んでいると「外国」は「外国」らしい。またロンドンの威光もかつてほどはなく、駐在員を減らして現地化する企業が多いという。実際のところは現地に飛んで自分の目と足で確かめよう。

615日(木)

午前5時起床。フィットネスルームで一時間たっぷり汗を流し、今日のアポイントの予習。

この日は終日、日本のフリーペーパー事情に詳しい物流会社の中川氏、中国4都市で情報誌を発行する大西氏、サンフランシスコ、バンコク、ロンドンで情報誌を出す小野里氏の4人で、中川氏が本社を構える池袋サンシャインで終日ミーティング。

みな創業社長だけど40歳前後と若い。各地の様子や成功事例、失敗事例の情報交換する。お互い力を合わせたらどんなビジネスが可能か。それぞれ強みや独自のノウハウを持っていて学ぶところが多い。私個人は、共有の世界サイトを立ち上げ、そこでは職業軸、地域軸で多種多様な職業の成り方、要件、適性、やりがい、収入、難易度などを情報発信することで、これから留学を考えている人を含め、日本人が早い学齢から天職や適職を海外にも広げられる情報環境を創りたい。

夜の会食は話題の「ちゃんこ 若」で。焼酎片手に鍋をつつき熱く夢を語る。勢い年商100億円を越えるのを競争しようと。達成者は何番目でも他のメンバーをヨーロッパクルーズに招待する約束。そうだ、その時はメンバーも連れて行こう。

616日(金)

朝、世界で活躍するジャーナリスト協会を主宰する森氏とホテルで会食と情報交換。

日経新聞の中国支社副社長の市瀬氏の紹介で、元ロサンゼルス支局長をされていた方。昔、ライトハウスを読んでくれていたそう。情報誌の発行を検討されているので、経営的な視点でアドバイスをさせてもらう。ライトハウスのコンテンツ強化でも将来接点が出てきそう。

この日は終日青山のシティクラブでミーティングの続き。何本かの具体的なプロジェクトと宿題をお互い持ち帰る。

大阪入りしてリクルートの学び事業部の責任者中元氏、高野氏、三浦氏と会食。教育事業を99年に立ち上げたときから長年バックアップをしてくれていて、ライトハウスの想いや目指すものを最も理解してくれている仲間たちだ。同世代の彼らのおかげでたくさんの学校との取引が広がった。恩人であり戦友のような存在。グルメでもある高野氏が二件目に地酒のショットバーに連れて行ってくれた。オーナー夫婦がこしらえる珍しい酒肴と思い出話で夜は尽きない。

619日(月)

週末は鹿児島、福岡のクライアントと面会。鹿児島ではクライアントが持つホテルの幹部の方に「仕事と人生」「マーケティング」をテーマにお話をさせていただく。後日、オーナーから「スタッフが自発的に商店街など営業に出るようになった」と感謝のメール。こんな風に想いが伝わるとうれしい。人生は一生懸命取り組まないともったいない。

この日は朝からパートナーの高畠といくつかの学校の企画会議に参加。午後の新幹線で再び大阪へ。一本でも早く次の目的地に着くために、あるいは多くの場合ミーティングが白熱して予定時間をオーバーするから駅ではしょっちゅう走っている。40歳になって重い荷物を斜めに持ち上げてエスカレーターを駆け上がるとは思わなかった。

余談だけど、それで名古屋から新大阪の便に間一髪飛び込み、ニコッと笑ったら東京行きに乗っていたりすることもある。そんな時は新横浜でシュウマイを土産に買って4時間の遅刻を詫びる。

この夜の会食は、元リクルートの役員で今は後進の指導をしている蔵野氏、大阪の印刷協会の会長の南氏と。南氏は元インターンの南君のお父さん。筑波のラグビー部出身で、一代で従業員200人を抱える印刷会社に育てた素晴らしい経営者。会話が隣のビルまで聞こえる。上背があり目方は120キロオーバー。還暦間近で私の3倍以上食べる。「節制してても死ぬときは死ぬ」という持ちネタで霜降り肉をガンガンおかわり。お二人の掛け合いに腹を抱えながら北新地で二次会。帰りのタクシーの運転手が「おかげさんで大阪も景気がようなってきましたわ」

620日(火)

8時半からライトハウスの財務のアドバイザーで、本誌コラムでもお馴染の 奥村先生と大阪の事務所で面会。

その後、新幹線に飛び乗り岐阜のクライアントの専門学校へ。着いたら、理事長自らのお出迎えに心が温まる。学校ではなんと学生を集めて待っていてくれた。美容師を目指す学生たちに「夢と仕事」をテーマにお話をさせていただく。「夢を持って。そして夢には目盛りをつけて」キチンと届いただろうか。その後、教職員の方たちと順番に記念撮影。うれしいけど恥ずかしい。会食後、名古屋へ移動。いったんチェックインをしてトライデント専門学校へ。じっくり今年の研修の作戦会議。

最後は、今春まで中京大学の国際英語学部の学部長で、現在は大学院の責任者になった境教授をお訪ねする。今では中部地区一、二の英語学部と評価される同学部とは、遡ること学部の開設前から関わらせていただいてる。今思っても、日本で何の実績もないライトハウスの研修を「募集の切り札に」と推薦してくれたリクルートのメンバーたち、そしてそれを信頼して採用してくれた境教授や将来の理事長の梅村教授には言葉に尽くせないくらいのご恩がある。

ミーティングを終えて、境教授馴染みの寿司屋「気楽」で高畠と三人、今夏の研修成功を祈って乾杯。同学部からは夏に冬に毎年たくさんのインターンシップ生を預かっている。

境教授の頭の中には学生の幸せしかない。天職適職につかせたい、しあわせになってほしい、そういう言葉が小さな身体から自然と出てくる。世代も立ち位置もちがうけど同じ想い、同じ方向を向いているんだと思う。熱い酒に少し飲みすぎ。帰りのタクシーの窓を少し開ける。6月の生暖かい風が頬を撫で生きている実感。この屈強な身体が動くうちに世の中を前に動かすような仕事がしたい。

621日(水)

高畠が持つ中京大学のキャリア講座でゲストとして話をする。ライトハウスのインターン生だった懐かしい顔があちこち混じっている。元気でうれしそうな顔を見るとこっちもうれしくなる。みな事前に驚くほどライトハウスについての予習をしてくれていた。後からのレポートにも両面ギッシリ感想を書き込んでくれている。

「真剣に生きようと思った」「ムダに時間を過ごしてはいけないと思った」「家族を大切にしようと思った」伝えたかったことを真っ直ぐキャッチしてくれたようで心底うれしい。

東京に移動。

青山のシティクラブで、ロサンゼルスジョブフェアを主催している大川氏とミーティング。今後アメリカでの事業構想を伺う。同氏は30歳ちょっとの若さだけど「あの国でこれがやりたい」など留学系情報誌では最大手の会社リーフエイジの幹部。いろいろ学ぶところが多い。

622日(木)

午前10時、東京大学でアメリカでのリサーチの途中報告。ロサンゼルスと電話をつなぎメンバーの川嶋も参加。詳細をここでは書けないけどワクワクするようなプロジェクトに関わらせてもらっている。このことはいつか報告したい。

午後も取引校をまわる。夜は西麻布の「まどい」で 奥村先生、若き事業家で親友の水谷氏と合流。 8月からライトハウスの教育事業「ライトハウスCP」と日本のパートナー高畠の「キャリアエンカレッジ」を統合して日本に本社を構える。この会社でリクルートを超える教育事業を目指す。それにあたってこれまで何社も上場企業を輩出した 奥村先生と、やはり20歳代から年商数十億の会社を2つも創り上げた水谷氏のアドバイスをもらう。

623日(金)

中川氏の引き合わせで、東南アジア12拠点に物流拠点を持ち、同時に情報誌を各国で発行する森氏、それと物流会社をやっている松下氏と御殿場で富士山を眺めながらのゴルフ。

運動不足だったのでできるだけカートに乗らず走ってラウンド。汗を思い切りかいて気持ちが良い。ラウンドをしているうちにお互い打ち解けてくる。森氏は「アジアの雄」と噂に聞いていたが、会ってみると(格好や言動は濃すぎるけど)気持ちの良いおっちゃんだった。日が落ちて、箱根の温泉につかる頃にはすっかり仲良しに。それぞれの国の様子について深く情報交換する。国や地域によって進出企業の顔ぶれも、そこに暮らす日本人のバックグラウンドもずいぶん異なるものだと改めて知った。

社長の集まりではふだん口にできない経営課題や悩みがよく交わされる。そんな時、お互いに一生懸命アドバイスをしたり自分の失敗談をオープンに語り合うことが多い。

経営者の悩みで多いのが、長年勤めている人間を昔からの流れで重要なポジションに置いてはいるが、会社の伸びとともに採用環境が良くなり、後からもっともっと優秀な人間が入って来て、業務の難易度も上がり、その人間がお荷物になったり、弊害になってしまった時どう処遇したらよいか。多くの場合、いっしょに苦しい時期を乗り越えたかわいい社員だから判断が鈍ったり先延ばしになり、結果として後から入った優秀な社員が愛想を尽かして会社を去ったりする。

18年近く会社をやっているから、そういう悩みをよく聞かれる。

そんな時答えるのは、まず徹底的な現状の分析をすること。事実を徹底的に洗い出すこと。そのうえで、そのポジションを任せておくことがマイナスであれば、本人と膝を詰めて話し合い、理解してもらい、そのうえで降格させるか部下を持たない仕事に就かせるように勧める。管理職には一番人望が厚い人間を、多少経験が浅くても就かせるべきだと思う。

そのうえで・・・。

その後も空気を下げるようであれば辞めさせるようアドバイスする。酷なようだが経営はサークルではない。管理職には一番熱く優秀な人間が就かなくてはメンバーが腐るし組織も蝕まれる。経営者が生やさしいジャッジをしていたら会社そのものが引っくり返る。そうしたら個人の犠牲ではなく、社員や関わる全ての人の家族にまで影響が及ぶ。管理職は、質はもちろん誰よりも働かなくてはならない。管理職はそういう厳しい立場に晒されているけど、だからこそ管理職なのだと思う。管理職の立場に胡坐をかいたり、その立場にしがみつくことは許されない。常に会社の成長より早く伸びなくてはならない。会社の成長に追い越されたときがそのポジションを明け渡す時なのだ。

実は多くの場合、相談する経営者本人もそんなことわかっているのだ。ただ背中を押してほしいのだ。

余談だが、ライトハウスでは今年から360度査定を導入する。

上司から部下だけではなく、私がメンバー全員からヒアリングを行うことで「上司>部下」「部下>上司」「管理職同僚>管理職同僚」という360度の意見を元に管理職の仕事を立体的に判断する。それは管理職が常に自分を磨き続けるためであり、風通しの良い組織を創るためだ。

この合宿で中川氏のアドバイスが響いた。

会社を大きくするときに「何を“やらないか”を決めることが大切」だという言葉が響いた。これまで曖昧にしてきたことをすべてクリアにしようと決断する。やるべきことはなんだろう、やらないべきことはなんだろう、考えているうちに深い眠りに就く。

07 13, 2006