カレンダー

2008年6月
« 5月   7月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

what's new

込山洋一

伴走

週末の剣道大会で、息子の玄(はるか)が準決勝で敗れてから、親子で朝晩300本ずつ素振りを始めた。

いや、100本のつもりが熱が入って回数が自然に300本になったのだ。どうしよう。

2本いっしょに握って、力一杯振っていると、すぐに両腕が鉛のように重くなる。手のひらにはマメが浮き、握力が失われていく。

それでも、1本たりとも手を抜かず、真剣勝負で黙々と振る。

100本振るたびに「うぉー!!!」とクマのように叫び、叫んではまた100本振る。

はるかも最初は呆れていたけど、ボクの気合いに圧されて、いっしょになって2本の竹刀で振っている。

いよいよ来週に迫ったラスベガスで開催される全米大会。
将来の世界大会への登竜門だ。

昨年、息子は20件以上の道場が加盟する南カリフォルニアの剣道協会の代表選手のひとりに選んでいただき、この一年間強化選手として厳しい稽古に耐えてきた。

その練習を、週日に、週末の早朝に、続けることができたのも、剣道の先生や先輩たち、ボランティアのお母さんたちのおかげだ。

スポーツや演劇は、コート(グランド)や舞台に立った者が主役ですべてのように見えるけど、決してそんなことはない。それを支える何倍もの人たちのおかげで成り立っているのだ。

その存在を知り、出たくても出られなかった仲間を思えば、いい加減な練習ができるはずがない。

ボクには朝晩いっしょに素振りをしてやることしかできないけど、せめて息子が、やれることをやり尽くすための伴走をしたい。

ボクが伴走をしてやれる時間も人生の中ではそう長くはない。

「自分ひとりのために戦うんとちがう。お前を支え、応援してくれているみんなのためにも頑張るんや。それに人間はな、自分ひとりのためより、誰かのために頑張った方がすごいチカラがでるんや」

と、目に力を入れて息子を見ると、息子はボクの手元を凝視している。

げろ。

自分の手元を見ると、茶色の革靴の磨いたところが真っ黒けになっている。

艶出しと思って磨いた液体は黒い靴墨だった。

覆水盆に返らず。そのまままんべんなく塗って黒い靴を一足増やした。

06 24, 2008

長い一日

「あれ、ハンくんまだ寝てるの?」

土曜日の朝10時。娘をスケートの練習から連れて帰ったボクは、シャワーを浴びてサッパリした顔の瀬尾くんに訊ねる。

昨日(金曜日)は長い一日だった。

朝、滝に当たるため、3時半に起床。瀬尾くんやハンくん、友人数名と夜が明けぬフリーウェイを走った。

新鮮な空気の中、往復で一時間の山道を歩いて、途中滝に当たって身を清め(たはず)、スッキリした頭で8時過ぎには会社に到着。

ランチの後、ユウタイ離脱しそうなくらい眠くなったけど、充実感で一週間の仕事を終える。

午後10時半、最後の版入作業で残業していた瀬尾くんとハンくんを我が家に呼んでシャンパンで乾杯。冷蔵庫の残り物をフライパンで振って、ワインに合いそうなつまみをこしらえる。

「オレ、明日早いんでサクッとな」のはずが、だんだん本気モードに。

メンバーと飲む酒は楽しくて美味い。
とくに第2四半期は必死の思いで売上を伸ばした達成感があるからなおのこと。

ボクは酒の席でも、本気で思いを伝え、夢を語り、バカ話をして自らをさらけ出す。
メンバーも、ネクタイを締めて言えない話を聞かせてくれる。お前そんなん昼間に言わんかいと尻を叩くこともあれば、たまらず抱きしめることもある。

途中でジャグジに入り、気がついたら3人とも湯船で寝ていた。

それでも、また寝巻きに着替えていつまでも酒を飲んだ。

結局寝たのは午前2時。ほとんど24時間起きていたことになる。

ゴロゴロ転がる酒瓶を眺めてまた反省。

起きてきたハンくんも加わり語っていたら、朝ご飯が昼ご飯になっていた。

「アナタたちよくしゃべることが尽きないわね」と帰ってきた家内。

家内が止めても、並んで食器を洗う二人の背中が、若い頃のボクとかぶった。

06 21, 2008

ちっとも変わらないですね

「ほんっと!社長は歳取らないですね!」

先日、5年ぶりに会った元社員Xさんにチカラをこめて言ってもらって、すっかり気を良くしていたら、後日、副社長の片山から「Xさん、社長が老けたってビックリしてましたよ」だって。

報告せんでよろしい。片山がワルい。

「『ヨウイチくん、いつまでも青年だと思ってたけど、だんだん私たちの方に来たよね。運動会の時、感じちゃったあ』ってYちゃん(古くからの仲間)が言ってたよ」と家内。

これも報告せんでよろしい。家内がワルい。

ちなみにYちゃんも「ヨウイチくん、ホント若いよね」と言ってくれていた。

どっちも一度眉間にシワを集めて、大笑いしてしまった。

これ、ウソつきと言うなかれ。ボクを喜ばしてあげようという思いやりから来ているんだもん。

やさしい心をかけてもらえるのはありがたいことである。

今日は長年お世話になっているOさんの喜寿のお祝いのパーティに夫婦で行ってきた。

60名余りの方たちがお祝いに駆けつけ、Oさんが喜寿を迎えたことをいっしょに喜んだ。多くの年配の方たちは、いろんな分野で功成り名を遂げた日系社会の功労者たちだ。

Oさんの母校W大学の後輩も多く、60歳でも70歳でも後輩は後輩だから、テキパキ軍隊みたいに動くところが微笑ましい。

Xちゃんではないけど、3年ぶり、5年ぶりにお会いした方たちはみな一様に、会っていない期間の分だけ年齢を重ねていた。

久しぶりの再会に、相手の加齢を実感しても、「ちっともお変わりないですね」と両手で握手をする自分がいた。

そう言えば、ゴルフで、お世話になっている年配の方とまわる時、良いショットが出ると「初めて会った頃より飛んでるじゃないですか。怪しいクスリでも飲んでないですか」と手を叩くボクがいる。

その思いを、ウソやお世辞で括(くく)られたくない。

じゃあ何かと言えば、愛という言葉しかしっくりこない。

06 21, 2008

大相撲ロサンゼルス場所

「せっかくだから、水入らずで行っておいでよ」

と家内に背中をおされて、親父と二人、大相撲ロサンゼルス場所に行ってきた。

空席が多かったという声もあろうが、あの大きなスポーツアリーナを会場に、よくあれだけのお客さんを集めたと思う。日本人だけでなく、アメリカ人やハワイ系、モンゴル系と見受けられる人も多く、なかなか国際色豊かな観客席だった。

主催者はこれだけの人を集めるのにたいへんだったろう。

ライトハウスでも過去に数百人、数千人規模のイベントをやって来たから、その段取りのたいへんさはよくわかる。また今回のそれは、日本からの受入れ人数も半端ではないから、比較にならない苦労が想像される。

はてさて。初めて見る力士の土俵入りは壮観だった。
ひとりひとりが大きいから遠いのに近い、いや、ホントすぐそこに見える。



*写真は白鳳と朝青龍の土俵入り

白鳳と朝青龍も凛々しくて格好良かった。

やっぱりテレビで見るのと迫力がちがう。

朝青龍の一番は迫力があった。文字通り横綱相撲。

だけど、それにも増してうれしかったのは、引き上げる花道に集まってきた観客と、笑顔で握手をしたり、肩を組んでの撮影にも気持ちよく応じていたこと。なかなか良いヤツではないか。

「なぁ父ちゃん。全盛期の千代の富士と貴乃花と曙と朝青龍が勝負したら誰が一番強いやろうの?」

「曙は強いけどちょっと鈍いかのぅ。先代の若乃花も強かったしのぅ」

難しい顔で首をひねる親父と、網のうえのホルモンを突つきながら、いつまでも相撲談義に花を咲かせた。

06 08, 2008

あきらめないで「道」をつくろう

前回、75歳の渡辺貞夫さんと12歳のエリちゃん、音楽の世界で活躍する二人の話を書いた。

現代美術の世界では、最近、村上隆さんのフィギュアがニューヨーク「サザビーズ」のオークションで1516万ドル(約16億円。タイプミスじゃないよ)で落札されたそうだ。

音楽やアートの分野だって日本人は活躍しているのですね。

もちろんそれだけじゃない。

例えば、フードビジネスの世界で言えば、石井龍二さんが全米のスーパーマーケット内に展開するSUSHI店舗(コーナー)はいよいよ年商400億円に迫る。また、焼肉の「牛角」は、アメリカで進化を遂げて、全米の飲食店協会から栄えある「最も革新的なレストラン賞」を受賞した。

ここに書き並べるより、ライトハウスのウェブサイトやバックナンバーを見ていただいたらそれが証明できるだろう。

今後はさらに、日本人の繊細さと想像力が活かせるアパレルの世界でも、「モンスター」が出てくると期待している。

いろんな分野で個人が突き抜けてほしい。

そしてそこに至る道のりで挫けそうになっても、後に続く、見知らぬ誰かのために、あきらめないで「道」を創ってほしい。

生きるってことは、自分や家族、身近な人だけのものではなく、世の中の創り手のひとりとして、何かを遺すことなんだと近頃思う。

これまでもこれからも、ボクは、世界中で活躍する個人がそこに至った道のりを、情報や教育を通して、今同じ時代を生きる人たちや次世代に伝えることで、もっと海外を身近にし、選択肢を増やすことで、世界中で個人が活躍できる世の中を創りたいと思っている。

とくに先端技術分野で活躍する個人にも、今後はチカラを入れてスポットライトをあてることで、例えば、日本の地方の中学校の教室と、世界の研究開発の現場を結びつける、そんな人生(職業)のロードマップをライトハウスが創ってみたい。

06 08, 2008

渡辺貞夫さん

昨夜は、地元オーケストラのアジアアメリカシンフォニーのコンサートに行ってきた。

同オーケストラには、友人の娘エリちゃんがバイオリニストとして大人に混じって演奏している。

まだ12歳のエリちゃんはホームスクーリング(特定の才能を伸ばすために、学校に通わず家庭に教育を委ねる方法)で、小さい時から音楽の英才教育を受けてきた。

音楽の才能も素晴らしいけど、それ以上に、両親の愛情を一杯に受け、たくさんの音楽家の中で育つ彼女は、謙虚で礼儀正しく、子どもなのに立派な人柄で、こっちがお手本にしたいくらいだ。

すでに活躍のフィールドをヨーロッパにも広げ、将来を渇望された音楽家のひとりだ。

コンサートの話に戻ろう。

昨夜のコンサートは、前半がベートーベンの作品。インターミッションをはさんで、後半はサックス奏者の渡辺貞夫さんのジャズセッション。

にこにこ顔の小さなおじいちゃんがサックスをぶら下げてステージに入ってくる。そして、ピアノとベース、ドラムの演奏に、サックスが加わった瞬間、会場は割れんばかりの拍手。

あんまりにも格好良くって鳥肌が立った。

しばらく会場がジャズに酔いしれた後、同楽団の指揮者のディビッド・ベノィットのアレンジメントによる渡辺さんたちのジャズとオーケストラによる大セッション。

ジャズとオーケストラなんて想像もつかなかったけどこれが面白い!!
ボクみたいに音楽がわからなくても、カラダが震えるし、心が躍る。

音楽ができるってホントに素敵だなあとステージのうえの演奏家たちを羨ましく思った。言語も文化もちがう集まりがひとつになって、こんなに大勢の人たちを魅了してしまうもんなあ。

その中心にいるのが今年75歳になる日本人のおじいちゃん。

LAで録音したアルバム「カリフォルニアシャワー」が一世を風靡して、ジャズを身近なものにしてくれたのが1970年代後半。

あれから30年、このおじいちゃんはちっとも錆びてない。

ボクより32年先輩。くたびれたり、弱音吐いてる場合じゃない。
    

*渡辺貞夫 SADAO WATANABE
(Alto Saxophone,Sopranino Saxophone, Flute)    
1933年、栃木県生まれ。高校卒業後、上京。アルトサックス・プレイヤーとして数多くのバンドのセッションを経て、1962年米国ボストンのバークリー音楽院に留学。
日本を代表するトップミュージシャンとしてジャズの枠に留まらない独自の音楽性で世界を舞台に活躍。写真家としての才能も認められ6冊の写真集を出版。2005年愛知万博では政府出展事業の総合監督を務め、音楽を通して世界平和のメッセージを提唱。

http://www.sadao.com/index.html
 

06 08, 2008

片山選手来る


6月6日金曜日。来週サンディエゴの大会に参加するために来米したプロゴルファーの片山晋呉さんが、取材のためにライトハウス社屋に来てくれた。

片山プロは過去に33のタイトルを獲得し、つい先月の日本プロゴルフ選手権でも23アンダーでダントツの優勝をおさめた日本を代表するプロゴルファー。

ボクが事務所に帰ってきたところに、ちょうど社屋の前で片山プロの撮影をしていたので、川嶋くんが気を利かせてパチリとツーショットで撮ってくれた。

立ち話だけだけど、語り口がマイルドで礼儀正しい方だった。

よく仲間から「込ちゃんは片山晋呉とソックリだ」と言われることを話そうかと思ったけど、悲しい顔をされたらボクまで悲しくなるので止めておいた。

記念に握手をしようと思ったけど、クラブを握る微妙な感触が狂ってはいけないから控えておいたら、後から追いかけた女子社員とニコニコ握手していた。

握手いいんだ、別に。

06 06, 2008

メンバー全員で達成

6月3日。今日(さっき)、ロサンゼルス版が第2四半期の(4−6月)の営業目標を達成した。

サンディエゴ(以下、SD)の責任者の大野くんに電話をしたら、SD版も締め切りギリギリで最後の0.5%分(現在99.5%の達成)を追いかけて奮闘中。すでに前年比で12%以上業績を伸ばしている。

メンバーは自ら立てた高いハードルをよくぞクリアしてくれている。

下半期のSDの目標は、大野くんの掲げた数字があまりに高すぎるので、少し抑え目にしようと相談したくらい。「SDは物価も家賃も高いんで、頑張ってメンバーの生活もっと楽にしたいんです」と大野くん。

聞いたセリフと思ったら片山と同じことを言う。だからLAも目標が高い。

リーダーは自分よりも、メンバーのシアワセを本気で願える人間でなくては話にならない。

すごい営業力とか、スキルや知識を持っていることも大切だけど、それより、自己犠牲を厭(いと)わず、メンバーを思いやるやさしい心とか、愚直なくらい誠実でフェアなことの方がずっと大切だと思う。

今四半期はまだ終わってないけど、営業のみならず、編集制作、管理部門、地味な作業もていねいに取り組んでくれたパートやインターンのみんな、メンバー全員の総力戦の成果だ。

心からメンバー全員に感謝したい。

感謝と言えば、引越のテンヤワンヤのしわ寄せで、延期していた社員旅行は、今月の後半でラスベガスに決まった。

今回は兄弟会社のライトハウス・キャリアエンカレッジ(LCE USA)も合同で実施。

LCE(東京、京都、ロサンゼルス)はまだ創業して浅いので、数字や成果が現れるのは本当にこれからだけど、目標に向って気持ちをひとつに頑張っている点はまったく同じで、ライトハウス同様に火の玉軍団だ。

日本のメンバーは今回参加できないけど、早くしっかりと業績をあげて、日米合同で開催できるようになりたい。例えばハワイ合流とか、日米交互に行き来できるようになると楽しいだろうなあ。

今回の社員旅行はラスベガスが初めての連中もけっこういる。

ラスベガスには世界トップレベルのショーが集まっているから、一流のエンターテイメントにふれて大いに感性を磨いてほしい。

またこの日ばかりは車の運転も気にしなくていいから、よく飲みよく笑い、修学旅行気分で夜更しを楽しんでほしい。

06 03, 2008

リーグ戦首位ターン!

青空が眩しかったこの日曜日、ソフトボールはリーグ戦の前半最後の試合だった。

対戦相手のロビンスはリーグ発足からのライバルで、お互いに全勝同士の対決。

結論から言うと16−6で快勝して、シーズン前半を最高のカタチで閉め括れた。

http://www.nsnlsoftball.com/

エース田山さんの快投、編集長川嶋の好守やフェンス直撃のバッティング、ホームランバッターのハンくんの場面に応じたチームバッティングなど、この日は全員がヒーロー。

ボク個人も4打数3安打。最終打席は狙っても良い場面だったので、好きなインコース高めの球を思い切り引っ張って、久しぶりにサク越えのホームランが打てた。

今シーズンから外野のフェンスが3倍くらい高くなって、リーグ全体でホームランの数が激減している。(真新しいフェンスを見てため息が出たよ)

それに加えて、今シーズンのライトハウスは接戦が多くて、3番を打つボクは攻撃の起点になったり、ランナーを返すために確実なヒット狙いが求められたので、大きいのを狙うような余裕はまるでなかった。

そんなことで、この一本はことさらにうれしかった。

40過ぎてからはホームランの度に「これが人生最後の一本かも」といちいち感慨に浸りながらやってるからなあ。

なんにせよ、いつもは世界一の日本語情報誌を目指す仲間たちと、大笑いしたり、全身で喜びながら、真っ青な芝生のうえでボールを追いかける時間は、人生最高のシアワセだ。

メンバーの笑顔を見ているとツライことも汗といっしょに溶けて流れていくし。

これでチームは単独首位。

個人成績も打率がリーグ3位、ホームランは5位で折り返し。

後半戦も欲張らずチーム打撃で行きたい。(ちょっとフェンスの向こうが気になるけど)

06 03, 2008