カレンダー

2008年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

what's new

込山洋一

フリーランスという生き方

10月29日の早朝。

ボクは今、富士山を左の窓から眺めながら、新潟から名古屋へ向かう飛行機で空を飛んでいる。

紅葉に染まりはじめた山並み。人里離れた山間の集落。

あそこではどんな人たちがどんな暮らしを営んでいるのだろう。

出張も中盤。
昨日は朝から5つの学校の責任者と終日熱の入ったミーティング。

「この学校に入学したからこそ体験できるという研修。
自分たちの机と世界はつながっていること、将来活躍できるフィールドが世界にあることを体感できる研修を創りましょう」とボクはいつも訴える。学校の切り札のひとつになり、学生の人生の転機になるような教育コンテンツを提供し続けたい。

夕方からは新潟に拠点を置く、日本でも有数の学園グループの現場トップのKさんと深夜まで天下国家を語って痛飲した。

ボクは以前からKさんに提案していることがある。

ボクは、世の中に、組織に属する生き方だけでなく、フリーランス(フリーターではない)として生きる選択肢と、そのための教育が必要だと思っている。

それを、1万人を越えるKさんの学園グループに導入して、成功事例(種火)を作りたいし、それが日本中に広がればと願っている。

「フリーランス」

組織に属さず、人を雇わず、自分の身を自分で立てていく生き方。営業もサービスも代金の回収も経理も自己完結。そんな生き方を、いつの日か日本中の専門学校生に学んでもらいたいと願っている。

実学教育の専門学校は、いわゆる“手に職”系で、技術や資格を身につけて社会に出る。

その多くは、中小企業や個人商店に就職して、傾向として組織や社会をどっちかというと下から支える側に回ることが多い。

自分で独立起業したり、心ある経営者の目に留まって出世する人は良いが、そんな人ばかりではなかろう。

多くは、営業も達者ではないし、人づきあいや要領が良い人ばかりではなかろう。だけど、学校で身に付けた知識や技術、資格を活かしてコツコツとマジメに生きていきたいと願っている(と信じている)。

そんな彼らが、例えば自宅をホームオフィスにしたり、あるいは仲間と事務所をシェアしたり間借りをするなど、固定費を最小限に抑えて、自分でビラを配ったり、人の紹介から地道に客を増やし、不得手な人間関係に謀殺されずに、自分がもともと好きで選んだ”手に職“で、目の前の客を喜ばせることだけに集中して仕事と向き合えば、収入は少なくとも仕事で得られる満足や人生の充実感は高かろう。

リストラの心配もないし、上司や部下との人間関係に悩まされることもない。
出産や育児で泣く泣く仕事を放棄することも少ないだろう。

 

フリーターとか失業とはごっちゃにしてほしくない。

会社経営や会社勤務と並列の自己完結型個人事業主なのだ。

今の専門学校教育(大学もそうだけど)では、技術や資格は教えても、ストリートに放り出されて素手で生きていく術は教えていない。専門学校は、大学を目指したり、張り合っている場合ではないし、その必要もない。本来、どっちも世の中にとても必要な存在なんだから。

話を戻そう。

例えは乱暴だけど、ボクは生きるうえで必要なのは、素手で獲物を捕る術であり、外敵から身を守る術だと思う。その基本を学校で教えてほしい。

酒が進んだ頃、Kさんがつぶやいた。

「コミヤマさんの提案してくれた企画書(ストリートで生きられる人づくり学校の提案)は大事にとってあります。世の中を考えたら、絶対必要なのもわかっています。それをオーナーに伝えるために今一生懸命説得いるのです。時間は掛かるけど待っていてください」

ボク自身は豆粒みたいな存在だけど、歴史に残るどんな大きな出来事だって、一番最初は個人の脳味噌の中からスタートする。未来と向き合う人たちが共感する夢ならば、小さな思いは大きなうねりになって世の中を動かすにちがいない。

Kさんのつぶやきを聴きながら「あきらめないぞ、あきらめないぞ」と心に誓った。

10 29, 2008

パッチって何?

10月27日の月曜日、午後7時過ぎ。

寒い。すごく。

そう、ボクは新潟空港のカフェで、中部空港から合流するLCEのパートナーの高畠を待ちながら、メールの返信やこのブログを書いている。

福岡からの飛行機を降りて、その肌寒さにたまりかねて、まずカーディガンとジャケットの下に、ハイネックのシャツを着込んだ。デニムの下にパッチが欲しい!

明日は朝から5つの学校との大切なアポイントと、夜は学校グループの親分で、旧知の仲であるKさんとの会食が控えている。

明後日は早朝に岐阜に飛んで、これまた大切な会食が待っている。

午後は週日愛知の大学幹部とのミーティングと会食。

明々後日から東京に北上して、大切な決めごとをせねばならぬ。

週末には世界メディアアライアンスの第1回の総会だし、来週はシンガポールとマレーシアが控えている。

すべてのアポイントが未来につながる真剣勝負だから、最高最善のパフォーマンスをあげることができるよう、道中コンディションを決して崩してはならない。

* 追記
高畠合流後、新潟駅で無印良品の店を見つけて飛び込んだ。
「パッチください」
「パッチって何ですか?」
“パッチ”が通じない。説明するもそういうものは「ありません」。
で、購入したのが女性用のスパッツ。

スパッツのおかげで寒い新潟を乗り越えることができた。

スパッツ、やめられない。

10 29, 2008

相槌を打ちつつ

0月26日日曜日の朝。

ボクは、友人で大先輩のSさんに会うために、博多に向かうひかりレールスター号に乗っている。Sさんは仕事においても、LCEを応援し、また期待にしてくれている大切なクライアントでもある。Sさんが責任者を務める専門学校で、スタッフや学生選抜のみなさんに「元気が出て、夢を思い描ける話」をさせていただきそうなので、熱い想いと応援メッセージを送りたい。

旅で移動が多いボクは、車窓を眺めながら文章を書いたり、構想を膨らませるのが好きだ。また読書も、ベッドや書斎より移動している方が楽しい。

時々、あぜ道を散歩する親子に目をやったり、富士山に目を奪われたり。

昨日から今朝にかけて、城山三郎さんの「そうか、もう君はいないのか」(新潮社)を読み終えた。

筆者が逝く6年前に先立った夫人との出会いから見送りまでの歳月を綴った回想録。夫人への溢れるような愛情を、あえて淡々とおさえた筆致で綴っていく。

読み進めるうちに、やがて自分たち夫婦が重なり、ラストシーンを読み終えたボクは、まだ夜が明けぬ始発のマリンライナー(高松−岡山)でひとり声を押し殺して泣いた。いや、お恥ずかしい。最近涙もろいみたい。

鼻水が止んだ頃、カミサンと出逢った頃とか、勝手気ままにやらせてもらったこの20年を思った。

「良いダンナさんね」と稀にいわれることもあるようだけど、決してそんなことはなくって、ボクはこれまでの結婚生活の、いや人生のほとんどの時間は、唯我独尊で、我田引水で、見通しが甘くて、依頼心が強くて、どうしようもない人間だったと思う。

今もまともではないけど、それまでの生き方や自分を恥じて、まっとうに生きようと思えるようになったのは40になってからだ。

それなのにカミサンはボクに愛想を尽かすことなく、ボクが本質で考えているか熟考を促したり、誤った(危うい)方に流れぬようカラダを張って制止するヒトだった。

いや、「だった」じゃなくって「である」。

今生きていてくれて良かった。うるさいけど。

わかっているのだ。

ボクはウソもついたけど、カミサンはウソをつかない。何につけ筋も通っているし、ぶれない。

そして、いつも笑い、いつも誰かを気にかけている。

身内を褒めてはいけないけど許してほしい。だってこんな本を読んでしまったのだもの。反省も感謝もするさ。

それにしても本の影響と、出張で離れているからだろう。
だいぶカミサンを美化して考えているようだ。

アナウンスがこだます岡山駅のホームかカミサンに電話した。

「別に用はないんだけどさ」

家内は勝手に受話器の向こうから他愛もない日常を話している。
ボクはしゃべるとまた泣き出してしまいそうなので適当に相槌だけ打っていた。

10 27, 2008

そんな時はシュウマイを

10月24日金曜日。
新大阪から名古屋に向かう新幹線の右側の車窓に、昨日講演に招いてもらった大阪経済大学のキャンパスが流れていく。

講演に来てくれた学生の数は、今回の講演行脚の中で1番少なかったけど、地アタマの良さそうな若者たちが、講演が終わってからも真剣なまなざしで食らいついてきて気分が良かった。

講演後のアンケートの結果も、全員「たいへん良かった」と「良かった」に○をしてくれて、多少でも何かを感じて帰ってくれたようでひと安心。

今朝メールを開くと、さっそく今回講演をした大学の学生から人生相談のメールが届いていた。彼らの大切な人生に関わることだから、いったん内容を頭に入れて、時々車窓の景色と重ねながら、伝えるべきアドバイスを考えている。

今週は関西を中心に飛び回っていたので、すっかり土地勘がついた(つもりでいた)。
何なら関西のことは何でも訊いてほしいという意気込みでいた。

そして今朝の話。

昨日の別れ際に役員の木田は、駅の路線図を傘の先で指して「午前10時のアポイントの関西大学は、新大阪から京都線に乗って吹田駅で降りて、そこから電車に乗り換えて関大前駅で降りるように」と詳しく説明をしてくれていた。

間違えぬよう繰り返し暗唱したボクは、少し早めに新大阪駅に行って、まさに出発する京都線に颯爽と乗り込んだ。まるで初めてマンハッタンで地下鉄に乗った時のような自信と達成感を胸に。

ドアの上にある停車駅の表に、吹田駅が2つ目にあることを確認した時、ボクはうっすらと笑っていたと思う。

そこに流れたアナウンス。

「次の停車駅は高槻ぃ〜高槻ぃ〜」

って、どういうこと!!

恐る恐るもう一度、停車駅の表を眺めたとき、快速に乗ったことが理解できた。

そうきたか!

結局、京都に行くくらいの時間をかけて高槻に辿り着いた。大切なアポイントに10分遅刻の大反省。

それでも以前犯したチョンボに比べたら軽いさと自分を慰めた。

それは、大阪で人と会うために、名古屋で新幹線に間一髪飛び乗った時のこと。

荒い息をおさえながら聴いたアナウンスは「次の停車駅は新横浜ぁ〜新横浜ぁ〜」だった。常識破りの4時間遅刻に、ボクは言い訳っぽく新横浜で買ったシュウマイを手土産にした。

 

10 26, 2008

エンカレッジ

10月23日の大阪から。

メールのチェックと返信を一通り終えて、ホテルのカーテンを開くとまだ朝の5時過ぎなのに、空っぽに見える電車がもう走っている。
高速道路では、トラックやバンなど業務車両ばかりが空いた道を行き来している。
ボクらがふだん手にする商品や口にする食材も、こうしてモノを運んでくれる人たちによって支えられているんだなあと感謝感心。

昨日の同志社大学での講演会は無事大盛況に終わった。
国際センターの方の話だとふだんの講演会の倍以上も集まったそうだ。

大学の正門や掲示板など学内のいたるところにボクの写真入り(何回見ても恥ずかしい)のポスターを貼ってくれている。

当日朝にはビラも配ってくださったそうだ。

同志社エンタープライズをはじめ、関係者の方たちのおかげである。本当に本当にいつも誰かに支えてもらっている。心から感謝。

講演をさせてもらった大教室には、やる気に満ちた学生がいっぱいで、ボクの言葉に頷いたり、メモを熱心にとってくれる学生が多い。

講演のおしまいの質疑応答も、歯応えのある前向きな質問が続いた。

講演後には質問し切らなかった学生が並んで、人生への悩みやギモンを直球でぶつけてくれた。一生懸命な彼らの情熱にふれると、踏み台にでも吊り橋にでもなって、彼らの人生を応援したいと思う。そしてボク自身も彼らに恥ずかしくないようもっともっと成長し続けたい。

この夏インターンに参加してくれたKさんやMさんも応援に駆けつけてくれた。

次のアポイントまでの10分余りの時間、彼女たちとカフェに行って再会を喜んだ。

彼女たちの屈託のない明るさや成長にふれると、この仕事をしていて本当にシアワセだなあと思う。

市場が低迷しようが、世の中がどう変わろうが、ボクたちは彼らをエンカレッジし続けねばならない。そう、ボクらの社名(ライトハウスキャリアエンカレッジ)のように。

10 23, 2008

@京都事務所

10月22日、京都の事務所から。

昨日は午前中に東京から大阪に移動した足で、LCE役員の木田の同行で、リクルートの教育事業(学び事業部)の営業担当のみなさんに、LCEの事業内容についてのプレゼンテーション。関西のほとんどの大学をカバーするリクルートには、この事業を立ち上げから思い切り応援していただいている。いつもいつも心から感謝。

午後は寝屋川の摂南大学で講演。大学の掲示板にボクの写真入りの講演会のポスターを貼ってくれていて、ありがたいし照れくさい。

講演会の方は司会の木田がうまくリードしてくれて、口下手なボクだけど彼らに思いを伝えることができたと思う。積極的に質問してくれる4回生の男の子が二人。イキイキと良い目をしている。地アタマがいかにも良さそうで、こういう青年は将来どこででも活躍できると思う。真っすぐ素直に伸びてほしい。

今日の午前中は役員で、教育事業、キャリア事業それぞれの方向性の確認。

スカイプやメールのおかげで便利な世の中になったけど、肝心なことは直接話すに限る。それだけ直接のコミュニケーションはたくさんの情報を伝えられるのだなあ。

午後からは同志社大学で講演。夏にうちでインターンをしてくれたKさんも参加するそうなので楽しみ。短い期間だけど、ライトハウスという学校の卒業生と会うような気分だ。

そして夕方からは大学に滅法強い旅行会社A社の幹部と会食。
A社とは、関西の大学への教育プログラムの提供でこれから強い関係で握ろうとしている。ベクトルをしっかりと重ねて、ひとりでも多くの学生にボクらのプログラムを体験してほしい。そしてその中から世界中で活躍する人材を輩出できることを夢見ている。

明日は息子の誕生日。

いっしょにいてやれないけど、出張から帰ったら思い切り草野球とサイクリングをしてやりたい(してほしい?)

それまで直球勝負で全力投球!

10 22, 2008

日本出張初日!

今日は10月21日。

新大阪に向かう新幹線の車窓を、早朝の柔らかい朝日に包まれた田園風景が流れる。

昨日の夕方に日本入りして、その足で税務を見ていただいている奥村先生と、LCEの副社長竹内が待つ銀座へ直行。久しぶりの再会に話が弾み、もう一杯、もう一件、最後の一曲と言っているうちに時計は深夜をまわり、ホテルには5時間余りしかいなかった。湯船で居眠りするし。いかんいかん。

今日が出張初日。

今回の出張も、3つの大学での講演会、来期に向けてのじっくり役員会、加えて東名阪を中心に、新潟、福岡など、全国の得意先への挨拶回り、そして念願の世界メディアアライアンスの第1回の総会と盛りだくさんの毎日だ。

どれも真剣勝負だから健康管理には気をつけたい。

そして、いつ誰と会う時も、ポジティブで、少しでも優しい気持ちで向き合えるよう、心のケアにはいっそう気を配りたい。

10 21, 2008

マヌケのむこうの別世界

車のドアをロックアップするようなヤツは、トンマとかマヌケのそのさらに向こうにいる別世界の存在だと思っていた。

驕りであった。

夕方、運転しているところへ副社長の片山から携帯に電話。

「ちょっと待ってろよ。トランクのカバンにアドレス帳があるから。一度パーキングに車を停めるよ」

片山が急ぎで連絡を取りたいという方の電話番号を知らせるために、ボクは車を道沿いのモールのパーキングに停めて、素早くトランクを開けてカバンの中のアドレス帳から番号を読み上げた。

「オッケイ、じゃあしっかりな」

バタンとトランクを閉じて、再び車に乗り込もうとすると、あらまぁ、車をロックしているではないか。

習慣でロックしたのだろう。

そこでも事態を呑込めていなくて、ポケットをまさぐる。

が、空っぽ。

中空を見上げながら、今度はトランクを開けようとすると当然ながらロックされている。

ここで大きく息を吸って、再びポケットをまさぐった時、事態の重さに初めて気づいた。

「これがロックアップか」

気を取り直してカミサンに電話すると、

「スペアキーなんてないよ。アナタ前に日本に行った時にカバンごと無くしたじゃない」

そうだった。カバンごと無くしたんだ。

メルセデスはトラブルが起きても、車内の「SOS」ボタンを押すと、瞬時に衛星でオペレーターに繋がり、冷静沈着、どんなときもどこにいても助けてくれる。

パンクをした時も、フリーウェイでガス欠した時も、いつだって迅速に駆けつけてくれて、そのブランドへの信頼に応えてくれた。

だけど、だけど、そのボタンは近くて遠い車の中だ。

そうだ!

AAA(トリプルエー)がボクにはついている。

電話して30分余り。あたりが闇に包まれた頃、AAAのトラックが現れた。

もう漂流先の無人島に待ちかねた救助艇が来てくれた思い。

中からギャングっぽい黒人のでかいアンちゃんが出てきて一瞬たじろいだけど、良いのだ、トランクが開いたら。

期待の視線の中、近代的なツールが出てきて、デジタルっぽく解決してくれるのかと思ったら、薄い下敷きのような板をドアとドアの間に挟み込み、拾ってきたナイロンのような紐を隙間から通している。それを器用に操って、ドアロックのポッチに引っ掛けて引っ張り上げようとしているのだ。まるで車の窃盗。こいつ、本物の元ギャングではなかろうか?

そのうち、

「お前、ここを持ってろ」

とブラザーのアシスタントをするはめに。

AAAのトラックがそこになかったら、いっしょに窃盗してるみたい。

2、30分奮闘してくれたけど、結局この兄ちゃんには開けることができなくて(そりゃそうだろ)、別のAAAの助っ人にSOSをしたらさっさと帰っていった。

ボクは明後日から出張だというのに、トランクに入ったままのパスポートや航空券を取り出すことはできるのだろうか。そうだ、キャッシュを入れた封筒もカバンの中だった。

しばらく待って到着した二人目のアンちゃんも、いかにもヤンチャというかギャング風で、やはり同じやり方でドアを開けようと試みている。

このやり方ではキビシイだろうなあと別の対策を考えはじめた頃、闇を切り裂くアラームの音が響きわかった。

やった、開いたのだ!!やったぜベイビー(古い)

アンちゃんに喜んで駆け寄り、車の内側からトランクを開けるボタンを引いても、一向にトランクは開かない。

えっ!?

盗難防止機能が働いてくれたのだろう。いや、なんて頼もしいセキュリティ。オレ、持ち主だって。

気を取り直して、SOSのボタンを押して、メルセデスのオペレーターにつなぐ。

ここまですでに2時間。

エライなあと思うのがオペレーター。

SOSボタンを押す時はみな楽しい気分では決してなかろう。そんな時に、明るく自信に満ちた声で対応してくれると、地獄に仏、本当にありがたいもんだ。

この日も、明るく頼もしいオペレーター女性が、手際よく最寄りのメルセデスのメカニックにコンタクトをとってくれた。

それを確認して、AAA2号のアンちゃんは「グッドラック」と笑顔で去っていった。
こいつも良いヤツなんだ。人の情けが心に沁みる。

時計の針が午後10時を刻む頃、隣にどうやら彼女を乗せたメカニックが颯爽と到着した。

日系人のそのアンちゃんは愛想笑い半分で、懐中電灯片手に後部座席にもぐり込む。

そしてものの1、2分で「バターン」とトランクは開いた。

駆け寄ってトランクを覗き込むと、あったあった、カバンの横に車のキーが鎮座しているではないか。おぉ、愛しいカギよ。もう二度とロックアップするヒトをバカになんかしません。人の失敗も茶化しません!しばらくは。

腰に手をあててダンスを踊ろうかと思うくらいうれしかった。

「困ったらまた電話しな」と走り去るメカニックにいつまでも手を振った。

そして遅くに帰宅したボクは、トランクが開いた祝いに静かにひとりシャンパンを開けた。

10 21, 2008

雪辱果たす(熱球編)

日曜日のロングビーチの空港から。

40分も出発が遅れる飛行機をもどかしく待っていたら弟から電話が入った。

ソフトボールリーグの最終戦、先月のJBA(日系進出企業協会)の大会で敗れた宿敵JTBに10点差以上つけて圧勝したそうだ。

ヨッシャ!!

強くコブシを引いたら、隣のオジさんが驚いてこっちを見た。いいのである。

これでリーグ戦は、完全優勝こそならなかったけど、1敗のみでダントツの優勝を飾ることができた。最終戦に参加できなかったのは残念だけど、気分良く出張に出られそうだ。

おっと、ボーディングタイムだ。行ってきます。

10 08, 2008

ラブソング

NYのある夜。

「もう一件、行きましょうよ」

ふだんハシゴはしないボクだけど、長年の友人のSさんに引っ張られて、43丁目だったか。「リキ」というこじんまりした酒場に行った。

カウンターのなかにピアノとギターがあり、ミュージシャンの歌を聴きながらグラスを傾ける。

「彼女はユカリさんと言って、この曲は彼女のオリジナルなんですよ」

仲良しになった隣の席のヒロシさんがうっとりした目で教えてくれた。ヒロシはユカリにお熱のようだ。

ユカリさんの透き通った声とギターの響きが胸の奥のほうに染み込んでいく。

スタッフも気分が良いヒトばかりで、「一杯だけ」のはずが、気がついたら、ボクはカウンターのなかでギターを弾いて、スタッフや他の客と熱唱していた。

学生時代はよく自分で曲を書いていた。

ラブソングを作ってみても、男子寮だったから、流しのアンちゃんのようにギターを肩からかけて、部屋を回って野郎に聴かせるしかなかった。聴く方も聴かせる方も辛い話だ。

あのちょっと気恥ずかしい楽譜はどこに行ったのだろう。

10 05, 2008