カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

what's new

込山洋一

パンクの時代

今、僕がルパンのような大仕事をしても証拠が残らないだろう。

自転車のパンク修理をしていて、瞬間接着剤で親指と中指がくっついて離れなくなり、それを無理矢理離したら指紋が無くなったのだ。何を触れても証拠残らず。

オチもついていて、パンクした箇所をふさいだ後、空気を力任せに入れてたら、チューブが破裂してしまった。

パンクと言えば、同じパンクでも車のパンク。

86年の渡米当時、僕はF1のチームに雇ってもらえそうなくらいパンクの交換が速かった。

最初に買った車が1000ドルのフォードで、2代目は500ドルのトヨタ。

車もボロボロだけど、タイヤも負けないくらいボロボロでしょっちゅうパンクしてた。

パンクしても新しいタイヤなんか買えないから、中古の表面がツルツルのタイヤを20ドルくらいで買ってきては間に合わせる。

20ドルのタイヤというのはある種ギャンブルで、余命1週間だったりする。

後ろのタイヤがパンクすると車がお尻を振ることがある。

振動するミラー越しに、蜘蛛の子を散らすように後続の車が僕の車を避けて奔る。

そんな時にも僕は割と冷静に、右側の方向指示器を出して車線変更をしながら路肩に車を移動させた。

思い出した。

パンクだけじゃなく、ガス欠も珍しくなかった。有り金10ドルとか20ドルしか入れられないから、すぐに無くなるうえ、いつもぼーっとしてるから残量をチェックするのを忘れるのだ。

こっちは路肩に寄せるのが、パンクよりもかなり難易度が高い。

突然怒ったようなプスンプスンという音がして車は失速。わずかな勢いが残っているうちに車線変更を迫られる。

関西では「必死のパッチ」と言うけど、その最上級の「必死のパッチ」だった。運転しててスプレーを吹くように涙が出るんだから。

右後方にトレーラーとかが迫ってたら涙は洪水だ。

そんなこともあったというより、そういうことが日常だった。

20歳代前半。あの頃も面白かったなあ。

01 22, 2012

大家族へ

もうすぐ午後8時半、オフィス。

やるべきことが終わったわけじゃないけど、緊急度の高い案件は完了。卓球台を5台くらい並べて、並行して試合してるような一日だった。充実。

今朝はスタートから良かった。

パロスバーデス半島半周(10マイル)のひとりタイムトライアルで、初めて48分を切ることができた。

山の麓から山頂まで登るなかなか歯応えのあるコースを、立ち漕ぎで鬼のような形相で走ったから傍目にはヘンだったと思う。ゼイゼイ言ってたし。

今朝から新しい試みを始めた。

親しい先輩経営者のアドバイスを受けて、毎朝営業のメンバーから3−5分ずつ報告の場を設けた。

彼らの悩みや失敗やクレームをオンタイムで汲み上げる場であり、彼らに愛情や熱を伝える場。

場を設けると、みなよくしゃべる。

僅かな時間だけど、日報の文字間行間には現れてきにくい、何かのサインが表情や声のトーンから伝わってくる。しめしめ。

気になったことは彼らの上司にその日のうちに伝える。これまで僕は現場から離れがちだったけど、営業の現場をもっと肌感覚で理解していこうと思う。

あと、今年になって、メンバーとのパワーランチも月に2回設けた。一回に3人ずつくらい。

わずかこの人数で、僕とは直接的に話したことがないメンバーの存在を知り(涙)、こりゃイカンと、全員が年に3回くらいテーブルを囲んで、経営者としての想いや夢、今取り組んでいること、みんなへの期待と感謝、そういうことを伝える場を作った。

それと、幹部メンバーとその予備軍にも、一回に3人ずつぐらい(四半期に一回)コンパの機会を作った。年に2回は僕と密に酒を酌み交わすことになる。

これまではキックオフやイベントで、みんなと乾杯してテーブルを囲んできたけど、一部の幹部やメンバー以外には、魂を込めて想いを伝えるという努力を僕は怠ってきた。

会社の急成長に備え、今ていねいに、熱を込めて、ひとりひとりに伝えていこうと思う。

大きくなるほどに、彼らと大「家族」になりたい。

01 20, 2012

one and only!

ユーモアというより、子どもじみていることはわかっている。

僕は年末に誕生日プレゼントにもらったTシャツを、いつどこでデビューするか図りかねていた。

胸にどーんと「one and only」。
うちの会社のモットーだ。

で、選んだのが今日。

タイミングは国際マーケティング部の企画会議。

今朝はTシャツの上にダウンジャケットを羽織って出社。

月に一回、僕もメンバーに加わって20分限定で毎回あるテーマについてアイデアフラッシュをする。今日がその日。

考え方のヒントをいくつか用意するだけで、ポップコーンが弾けるように次々とアイデアが出る。

「それ良いじゃないか」「そこにもあった!」「そう来たか」「冴えてるなぁ」

真剣に相槌を打つと加速して手が挙がる。

「発想はユニークだけど、それなら通常の広告でも盛り込めそうだ」

妥協はしない。お調子も言わない。でも素直に褒める。感嘆する。

「それ待ってたぞ」「それなんだよ」

温度上がってきた。ぐつぐつぐつ。

「うん、尖ってきた」「ソレ、どこにも・な・い」

眉間にシワを集めてう〜んと感慨に耽りながら、ガバッとジャケットを広げた。

「それこそがone and only なんだよ!!」

メンバーの笑顔がどわっと弾けた。いや、弾けさせた。

朝からつき合わせてしまった。

今週も元気だしていこう!

01 17, 2012

出世が一番の恩返しだ

1月5日。昨年秋にライトハウスを独立した上村くんが、将来の方向が決まって報告に来てくれた。

今月中旬にベトナムに渡米して飲食店を始める。店は、先に独立したハンくんが持つホテルから目と鼻の先と言う。

上村くんは、6、7年も前に、僕が日本のテレビで紹介された番組を見て、アポイントもなしに渡米して僕を訪ねてきた。

そして電話をとったアシスタントの言葉で彼と初めて会った。

「とても熱心なので会ってあげていただけますか」

凛々しい顔をしたきれいな目の青年だった。
後先考えずに行動するところは若い頃の自分に重なって好感を持った。

そして一年後に国立の大学院で建築を学んでいた彼は、日本法人ライトハウスキャリアエンカレッジに入社して、その後このロサンゼルスに転属した。

器用ではないが誠実だった。気はまわらないが人に優しかった。

昨年の春に独立したいと相談に来た時には、基本ができていない、自分の「武器」を磨いてからでも遅くないだろうと説得したが、目の色で決意が固いことを悟った。

そして今日。

カプリチョーザのパスタを真ん中に、最低限伝えておかねばならないことを話した。何度も彼やこれまでに独立していった若者に伝えてきた基本的なことばかりだ。

部下を信頼しても、依存しないこと。突然コックが抜けても、フロアの責任者が辞めても、決してサービスの質が落ちぬように(人件費が余計に掛かっても)バックアップを作っておくこと。信頼に人は奮い立つが、依存すると傲慢の芽が出る。傲慢な人間は組織を腐らせる。それは店だけでなく、本人の人生にとって不幸だ。将来、外部から得られる知恵やノウハウも担当者に丸投げでなく、必ず組織にインストールして、その後に担当者に任せること。組織の中に「あの人しかわからない」ブラックボックスを決して作らないこと。

儲かるようになると、ボーナスを出したり、思い切った昇給をしたくなるが、熟考すること。翌年に同じかそれ以上のボーナスや昇給ができなかったら、モチベーションが下がる。ビジネスにアップダウンはつきものだが現実に減給は難しい。また会社が成長するほど、採用力が向上し、なまじっか実力以上の待遇を与えると、いつか整合性が取れなくなって、結果として、本人に応えるためにしたことが、本人の居場所を無くしてしまうこともある。今分かち合い、喜ばせることより、長期的に雇用を確保して、本人の将来や老後を考えた待遇や関係づくりを優先すること。ただし、事業を創れる人材、幹部を創れる(育てられる)人材に「相場」はない。

オンザハウス(店からのおごり)を決してしないこと。仲間を連れてきたら良い格好がしたい、自分の店なんだから金を払いたくない、これがすでに崩壊の始まりだ。オーナーを従業員は見ている。仲間を連れてきたら正規に払うこと。ふんぞり返らないこと。店が混んでいたら、仲間を置いてでも皿を下げる手伝いを率先してすること。また、自分の夕食であっても、勘定をキチンと支払うこと。ケジメをつける。率先垂範する。

不正をする人としない人がいるのではない。すべての人に、弱さも醜さもある。家族に重病人がいて、追い詰められたら魔が差すのも人間だ。お金や仕入れに不正が絶対にできない仕組みを作ることは、従業員を疑うことではなく、実は従業員を守ることだ。10店舗になっても、1000店舗になっても、不正が起こらない仕組みと風土を、1店舗目の今から作っておかねばならない。

派手な振る舞いを慎むこと。小金ができると格好をつけたり贅沢をしたくなるが、誰よりも誰よりも謙虚であり続けること。欲しかろうがスポーツカーは急がなくてもよい。小間使いのようにフットワーク良く動くこと。成功しても誰よりも謙虚に。まわりへの感謝と尊敬を決して忘れないこと。オレはもてなかったけど、もててももてないような顔をしておくこと。異性方面の嫉妬心は本当にコワイ。

不要な敵を作らぬこと。これからテーブルを放り投げたい屈辱や怒りがたくさん待っているだろう。理不尽なことが世の中にはまかり通っている。だが、決して短気を起こさぬこと。飲み込めすべて。意味は将来わかる。

人への施しには大枚をはたいてよいが、自分の贅沢する金は、ピンチの時と勝負の時に備えてひたすら貯金すること。

自分の力なんて本当に小さいこと。無力さを知ること。でもそこに人の夢や想いや気持ちが重なると、無限のパワーが生まれること。自分がパワーを重ねてやりたいと思えるような人間になること。

そして最後に。人との関係はテイク&ギブでもギブ&テイクでもない。自分ができることの「ギブ&ギブ」の気持ちで生きること。見返りを求めない愛情を持ち続けること。人はうまくいくと欲が出る。うまくいかないとゆとりがなくなる。人は弱い。自分は弱い。それでもどんな時にでも、人を思いやる「利他の心」をもち続けること。

そんなことを餞の言葉として伝えた。

カッコいいことも言ってるようだけど、すべて僕が先輩や失敗から教わってきたことだ。自分ができていないこともたくさんある。

ライトハウスで育った若者が巣立っていく。喜ばしいことだけど、寂しさの方が先に立つ。

別れ際に、上村くんが「感謝をしても感謝しきれません」と言ってくれた。

「上村くんの出世が一番の恩返しだ」と短く返した。長く語ると言葉がかすれてしまう。

01 07, 2012

2012年、スポーツ方面の目標

1月3日。ひとりタイムトライアル3日目。

結論から言うと1時間27分18秒。昨日より9分短縮できた。

ゴールしてタイムを確認した時、両腕を突き上げてひとりガッツポーズした。
少し照れがあって背伸びに見えたかもしれないけど。

この調子ならまだまだタイムを伸ばせそうだ。幹部の上野なんか49歳になってマラソン3時間40分台の自己ベスト伸ばしてたし。

で、今年のスポーツ方面の目標も立ててみた。

1)自転車の部 年間1800マイル(四半期450マイル)
出張に年間3、4ヶ月出ているので、LAにいる期間、1週間に50マイル(80キロ)のペースで実現可能。週末に30マイルを1本。週日に10マイルを2本にイメージ。

2)ソフトボールの部 リーグでホームラン王
チームとしてはもちろん優勝を狙いつつ、優先順位はヘタクソでも企業チームとしてみんなが出場すること。個人の成績は、去年ホームランと打率の両方のタイトルを追いかけて、両方ともリーグ4位に終わったので、今年はホームランのタイトルにしぼって狙う。外国人にも若者にも負けませぬ。21世紀の間、自分しか更新できない最年長記録に挑むのだ。

番外編)山の部 ホイットニー再挑戦
マッキンリーを除いて北米で最高峰のホイットニー(約4,400メートル)。
アタックは今回で5回目(4勝1敗)。今年は秋口の雪が溶けた頃、ビギナーの希望者を連れて山の楽しさを紹介するつもり。時間が許せば、山仲間の高津さんと日帰りのタイムトライアルにも挑戦したい。

と、このあたりをサラリと実現してみたい。
どれもわくわく楽しい目標なので節制も苦にならないし。

仕事もプライベートもすごく楽しみな一年が始まった。
明日が仕事始め。楽しみだ。

01 04, 2012

2012年の抱負

1月2日夜。NHK(TVジャパン)で良質な番組に出会えた。

「エベレスト〜ハイビジョンカメラが挑む〜」

5人のカメラマンが、試練を乗り越えながら、世界で初めてエベレスト山頂からのハイビジョンカメラ撮影を成功させるドキュメンタリーで、もう見るものの魂を揺さぶる揺さぶる。見終わって、テレビを抱きしめそうになった。

民放が残念な番組を量産する昨今、NHKにはあまり視聴率や世論に迎合せず、骨太で良質な番組を作り続けてほしい。

それは僕らローカルメディアにも言えることで、ウケ線狙いや二番煎じじゃなく、誰かの人生の転機や灯台(道しるべ)になるような本質的な記事を、魂を込めて丁寧に作っていかねばと想いを強くした。

ライトハウスの2012年のスローガンは昨年に引き続き「One and Only(唯一無二)」。
全事業部、全従業員が一冊の本、一本の教育研修、1本のイベント、そして電話の一本、メールの一本にまでOne and Onlyの宿る仕事をしたい。

そして僕自身の2012年の抱負は次の3つに決めた。

1)2分でできることは今すぐやる
これは昨年勉強会で学んで以来実践しているのだけど、もっと磨きをかけたい。
2分でできるアクションを「今すぐ」やることが、全社の納期とサービスの完成度、信頼、ブランド力を高める。相手の期待や期限に「応えられる」その上の、「腰を抜かせる」集団になるのだ。

2)任せる勇気。限界まで任せ切る
2012年は「事業を創る」ことと「ジャッジ(判断・決断)する」ことにさらに注力する。そのために自分しかできないこと、自分がやるべきこと以外は、すべて任せ切る。そういう勇気を持ち続けようと決めた。それができる下地を去年一年かけて作ることができた。

3)ドアをノックし尽くす
僕が思い描く、ライトハウスが在米アジア社会やアメリカを代表する企業になるには、パズルに例えるなら、足りないピースの方がはるかに多い。そのピースは、ライトハウスよりはるかに大きな企業とのパートナーシップであったり、合弁企業の設立やM&A、アライアンス、あるいは国や政治を巻き込んで物事や法律を動かす、そんな今は想像もつかないことが通過点にある。わかっていることは、自分よりはるかに大きな相手と四つに組んでいかなければ、そんなこと実現できっこないということだ。小さなアリンコが、ライオンや象やクジラと組んで、さらに束ねていこうとするんだから気後れなんかしてられない。ここと組みたい、ここに売りたいと思ったら、どんな相手でも気持ちで負けない。勇気を出してノックする。ノックし尽くす。AppleもGoogleも三井もホンダも最初から巨大企業だったわけじゃない。ちっちゃかったんだから。最初は。

そんな気持ちでいる1月2日。

仕事始めの明後日(1月4日)にセットした「メンバーへ指示」と「自分が率先して仕掛けること」を入力したiPadの「リマインダー」がもう溢れそうだ。

01 03, 2012

健康大作戦

1月2日。背中の矯正とマッサージにイーストウエストカイロに行ってきた。
院長のローバート・ジョー先生には20年近く診てもらっている。

先生には矯正だけでなく、トレーニング法やコンディションづくり、食生活を含めた健康管理全般をアドバイスしてもらっている。

ジョー先生のスゴイのは、数ヶ月顔を出せなくても、どこの筋肉がつき(あるいは落ち)、ボディラインがどう変化したか、少し触っただけでわかり、必要な治療とアドバイスをくれる。今日は姿勢を良くするアドバイスとトレーニングを教わった。

そう、社長業を健康面から支えてもらっている強い強い味方なのですね。

そもそも健康管理って、イチローやプロアスリートだけのものじゃない。

僕自身、根っから身体を動かすのが好きなのもあるけど、健康管理は経営者の責務だと思っている。

だから煙草も大昔に止めた。深酒や飲み歩くこともふだんはしない。(ごく稀に正体不明になるが)

ある時に思った。

年々事業が発展する中で、それが原因で病気になったり、命が途切れることがあっては、社員やその家族、応援してくれる方たち、導いてくれた方たちに申し訳が立たない。

自分のために止めるのは難しいけど、仲間や大切に人のためなら止められる。そう思って止めた。それに可能な限り、命懸けて取り組む事業の行く末を見届けてみたい。(だから僕の身近で大切な喫煙派の仲間には、ぜひこの絶好の機会に煙草なんか止めてほしいと願う)

話を戻す。

日常的に運動をして汗を流すと、ストレス発散はもとより、イヤな感じの疲れやコリも取れる。眠りが深くなって翌日に疲れを持ち越さないのは言うまでもない。

体調不良や寝不足、過度に疲れが溜まった状態では、良いジャッジはできないし、クリエイティブな発想も生まれない。どうでもいいことで腹を立てたりしてしまう。

関係なさそうで「体力」は、「気力」、「粘り」、「忍耐力」、「愛情、思いやり、利他の心」、はたまた「調整力」や強い「リーダーシップ」すべてを支えるベースだ。

ちなみにライトハウスはB型が多いのも特長だけど、アスリート系(体育会系とはビミョーに異なる)が多い。

副社長の上野とジョンはランナーで、毎朝ビーチの近くを走ってから出社する。
それ以外にも上野は自転車と水泳、ジョンは週末にバスケットのリーグに参加している。

今年は上野がLAマラソンに出場するための社内チームを作って、女性スタッフを中心に5名ほどが挑戦する。(2月1日号で「LAマラソンに挑戦しよう(仮題)」という特集を組み、読者参加イベントも企画しています。乞うご期待)

編集長の川嶋は単独でLA近郊の山をことごとく制覇して歩く。

デザインのマネージャーの青木は縄跳び名人。

会社としては年間通じてソフトボールのリーグに参加しているし、多くのメンバーは日常の中で体力づくりをしている。

全員がウルトラマルチタスクで忙しいにも関わらず、社内に笑顔が絶えないのはそのあたりも関係していると思う。大切にしたい習慣と社風だ。

さて、ここまで読んでくださった方に、僕が実践している日常に身体づくりを導入するアイデアをシェアさせてください。

1)細切れの時間で実行
週日に1時間とか2時間のまとまった時間を作ろうとすると難しいので、出社前後に捻出できる15分とか30分でまず実践します。散歩でも自転車でもジムでも何でもオッケイ。やるまでは億劫だけど、まず1週間、その次に2週間と、短い目標で達成感と成功体験を重ねるとやがてやらないとキモチ悪いくらいに習慣化します。そしたらしめたものです。

2)仲間とやる
実行する曜日や時間に仲間も巻き込む。やや無精な人は休んでも休まなくても自由だと、もう10分寝たくなるし、はたまたサボった後悔が澱のように溜まってますますストレスが溜まってしまいます。遅刻したら不愉快な顔をしたり、奢らされる仲間も持ちましょう。

3)一石二鳥の法則
僕はジムだけではもったいないと考える欲張りなので、そこを「構想とアイデアの場」あるいは「情報収集(インプット)の場」にしています。主に階段を歩き続けるマシンに乗って、本を読み、浮かんだアイデアはその場でiPhoneの「ボイスメモ」にメモします。自転車や散歩の時も同様です。帰宅後や出社後にテープを起こし、目的ごとにiPadの「リマインダー」にto Do Listを入力します。やること、共有対象者、担当予定者、リマインド時期、頻度を入力すると、「アイデア」が「実行」になってやり遂げるまでヘビのように催促し続けてくれます。また時には「ボイスメモ」そのものを、担当者にそのままメールで送ってしまいます。

いかがでしょうか。
もし参考になったら、一年の最初の今日この瞬間から、取り入れていただけたらとてもうれしいです。

ではそろそろジムに行ってきま〜す。

01 03, 2012

のんびりサンタ

大晦日。世の中にはいろんな人がいるように、サンタも少しズレたのがいる。

昨年の2010年、元気と気合いばかり、人が優しくて頼りないの営業の瀬尾くんが独立した。

自分も経営者を目指して、フードトラックのカレー屋を始めると言う。資金や計画を訊ねるといかにも心許ない。

何度も相談に足を運び、朝の5時からスタバでレクチャーしたりしたけど、腹に落ちているのか心配ばかり残った。

撥水加工。

自分を導いてくれた人たちもこういう気持ちだったのだろうなあと思って、今理解できなくてもいつか役に立つと思えることは何でも伝えた。

3ヶ月、6ヶ月、1年、、、威勢よく退職したはいいけど、保健所の認可が下りない月日が流れた。あのトラックでは認可は下りないよという傍観者は刺そうかと思った。ヤキモキもやもやする時間が流れる。

そして2011年のクリスマスを過ぎて、ようやくフェースブックに報告が来た。

「社長、ようやく開業です!」

「最初の客になっていいか。大晦日の夜にカレーを21人前届けてくれい」

2011年午後7時。

日付が変わる5時間前にロケットみたいな形をしたLuckdish号が到着した。3時間遅れ。

みんなが駆け寄ると、発電機が掛からず困っている瀬尾くん。進歩がないぞ。

しばらく星を眺めて、首のマッサージが欲しくなる頃、ようやく段取りが整いカレーの大きな容器とご飯を受け取った。

トラックの前に並んで写真を撮った。

僕らがお客さんの1号で、まず50万人を目指せと言った。
50万人はライトハウスが今月立ち上げたサイト「ユートピア」が目指す会員数だ。
僕らも在米アジアでナンバーワンを目指す。

握手をしてから抱きしめようかと思ったけど止めておいた。
まだ「達成」でも「中間地点」でもなくスタートラインだから。

これからハモサビーチで年越しイベントがあるのでそこを目指すと言う。

手作りトラックがゆっくりと小さくなっていく。
闇のせいかトラックがにじむ。

46歳になってサンタ来るとは。

あ、肝心の味。

期待が低かったからかな。どこでレシピを手に入れたのか、ひっくり返るくらい美味いです。南カリフォルニア在住のみなさん、年明けの肝試しにどうぞ。

www.luckdish.com

新年もライトハウスグループともどもよろしくお願いします!

01 01, 2012