カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

what's new

込山洋一

貯金と仕込み

あと2時間ほどで今年の1/4を終える。明日から4月1日。

タイミングよく週末の今日、四半期をじっくり振り返った。

この3ヶ月は、前進というよりひたすら「仕込み」だった。

「人」「国際教育事業」「編集制作(本誌)」「営業」「ユートピア(グルメと暮らしのサイト)」「シアトル」すべてが未来への「仕込み」。根っこをしっかりと、広く深く張ることに費やした。

さらにさらに、次の3ヶ月も「仕込み(後期)」を継続。根っこをさらにさらに伸ばす。

現場に身を置き、現場に耳を澄まし、組織も人も、次の3年5年を垂直登攀(とうはん)できるようにチューンナップするのだ。

4月には、日本から植野毅さんを迎える。
5月には、ユートピアがいよいよ「電子金券化」。
シアトルでは、ライトハウスとして初めての「シアトルガイド」を発行。
次のエリア版の仕込みも同時進行だ。

忙しいこととか、試練や失敗がある日常こそがシアワセだと思う。

そもそも僕ら経営者は、日常的にそういうことにさらされていないと錆びてしまう。

だから僕は、あの世に行く前日まで、退屈しないように試練と達成を繰り返したい。長生きしたいとは思わないけど、「今日はやり切ったで!」という一日は最大化したい。

そうそう。

今日のソフトボールのリーグ戦は、3戦目でオートバンクに1点差で敗れて今期初めて土をつけた。

自分が足を引っ張っても勝てることがあったら、そうじゃなくても落とすことがある。

それがチーム(組織)なんだ。

お互いを助け、補い合い、思いやる。雨が降りしきるグランドで、大事なことを思い出せた。

自転車の方は、目標ペース(四半期450マイル/年間1800マイル)を上回る609マイルで、159マイルの貯金ができた。

貯金とか仕込みとかなかなか気分の良い言葉で締めくくる節目の夜なのだ。

今四半期も「やり切ったで!」な一日でいっぱいにしよう。

03 31, 2013

一番大切に思ってること

毎朝1時間以上自転車に乗っているものだから、11時を過ぎると腹時計が鳴り始める。

そんな頃、スミスがお母さんと妹を連れてオフィスにやってきた。

スミスは入社2年目の頑張り屋の営業マン。昔はヤンチャ坊主だったようだけど、今では礼儀正しく面倒見の良い好青年だ。

今日は、ハワイから休暇でロサンゼルスに来ている妹のために、一日休みを取っていっしょに過ごしているのだという。

僕や社長、メンバーたちを紹介しながら社内をていねいに案内する。

笑顔で迎える同僚たち。

照れくさそうなスミス。

そのあとに笑顔で続くお母さんと妹。

良い息子だなあ。

この会社には、メンバーの両親やパートナーがよく訪ねてくれる。

他のメンバーたちはそれをいつも温かく迎える。

「アメリカを代表する企業になる」

それが僕の夢であり、目標だけど、それよりももっと大切に思っていることがある。

ここに集うメンバーたちが、この会社で働けて本当に良かったと、家族や大切な人たちに誇りを持って語れる会社にすることだ。

頑張らなくっちゃ、だ。

03 31, 2013

朝晩感謝の日々

金曜日の夜10時半。ワシントン州ベルビュー。

仕事を終えて、ホテルから歩いてすぐの店にひとりで寿司をつまみに出掛けた。ライトハウスにも広告を出してくれているお店だ。

大繁盛の店が少し空いてきたところで、板前さんに「オーナーにひと言ごあいさつをさせてください」と頼むと、笑顔で出てきたのは、ついさっきまでテキパキと働いていたウエイトレスだった。

幼い顔立ちなので学生のバイトと思っていたが、道理でよく気が回るわけだ。

トップが現場を見えている組織は強い。

はてさてシアトル。朝から晩まで人と会っている。

今朝いただいた名刺に浮かぶ顔が、ずいぶんと昔の記憶のようだ。

たぶんこの1ヶ月だけで、50件くらい訪ねて、100人以上の方とお会いしているけど、好印象の100連勝。みんな親切で温かい。これだけ続くと偶然とは思えない。

この土地の人の人柄を表すエピソードをひとつ。

業務提携が間近な西城時報。シアトルではナンバーワンの中国系メディアなのだけど、創業者のマイケルが香港から移住を決めた理由が面白かった。

今から20数年前にシアトルを訪れた時のこと。借りたレンタカーが誰かに当てられてへこんでいたのだけど、電話番号と自動車保険の登録番号がお詫びのメモといっしょに記していて、この街で暮らそうと決めたのだそうだ。

その気持ちはよくわかる。

だって僕自身がロサンゼルスに移り住もうと決心した理由は、真っ青な青空もあるけど、27年前に実習生で初めてアメリカに来た時、みんなに親切にしてもらって感動したから。とくに、今も息子のようにかわいがってもらっている日系人のビルさんの存在が大きかった。

その印象は今はどうかと言えば。。

あの頃よりもますますロサンゼルスが好きになっている。

シアトルもそうだし、サンディエゴもそうだし、ハワイもそうだし、京都もそうだけど、大好きな街で、大好きな仲間や素敵な人たちに囲まれて、大好きな仕事ができるってシアワセだ。

毎朝毎晩ありがたいなあって思う。

そうそう、シアトルの「日常」を過ごしたくって、この週末僕は2つのシアトルデビューを果たす。

ひとつはゴルフ。もうひとつはラグビー。

ラグビーは18年ぶりか。僕が最年長らしい。若い人の動きについていけるか心配でもあり楽しみでもある。

意外やあまりの動きの良さに、みんなに感動されてしまったらどうしよう。。。

03 08, 2013

シアワセな日々

「会長、まとまりました!」

と昨夜、大型契約の報告を弾んだ声で(携帯に)かけてきたのは、新人の絵里ちゃん。

彼女はシアトル版立上げのプロジェクトチームに抜擢して以来、メキメキと頭角を表すひとり。

今日の午後は、先約があったために僕が参加できなかった韓国系の新聞社との業務提携話のテーブル。

2年目の二郎がしっかりまとめてきた。

先方はオーナーから幹部勢揃いの中、良い仕事をしてくれた。

放置放任はダメだけど、若手にも大きな仕事を思い切って任せることって大切だと再認識。伸び盛りの彼らにガンガン機会を提供しようと思った。

さて。そんな若手メンバーの活躍も、後ろで支える中堅メンバーの存在があって成り立つ。

そんな中のひとり、明後日で勤続10年を迎える制作の西村くんを囲んで、今夜はレドンドビーチの「ザズー」でささやかなお祝いをした。

一番印象に残った仕事を問うと、彼が作った広告が出た週末、ガーデナ市の「かんぱち寿司」に長い行列ができ、挙げ句にネタが切れてしまったことだと。

そういう仕事を誇りに思えるメンバーこそライトハウスの宝だ。

僕らのメディアは日系社会と歩んできたし、育ててもらったから、洗練された大手企業のイメージ広告も良いけど、身銭を託してくれる商店のオヤジさんや店員さんに喜んでもらう方がうれしい。「ありがとうっ」「おおきに!」反響がダイレクトに返ってくる。

この先どれだけグローバルな会社になれたとしても、深くローカルに根ざした会社であり続けたい。

難題の日替わり定食あり。今週もまた良い一週間だった。

03 02, 2013

シアトル・ポートランド版誕生

ライトハウスのシアトル・ポートランド版の創刊号が刷り上がった。

来週の今頃は、ワシントン州、オレゴン州の店頭に並ぶ。

何度もゲラ束(校正)でチェックした誌面だけど、1ページ1ページめくると、メンバーたちの息づかいや体温が伝わってくる。

とくに新しいシアトルのメンバーたちは、強烈な社風と猛烈なスピードに、面食らうことも多かったと思うが、顔を上げて、前向きな気持ちでよくついてきてくれた。

誠実な人柄のメンバーたちを託してくれた前オーナーに感謝したい。

会社を引き継ぐという事、新しい都市に進出するという事、

想定内のことも、想定外のこともたくさんあった。たくさん勉強させてもらった。

勝負はここからだけど、事がすべてスムーズに運ばなくって良かったと思う。

難易度が高ければ高いほど、人と経営が磨かれ、ノウハウが蓄積される。そして参入障壁も高くなる。

社長の上野とは、一連の流れの中で、近い将来新たに会社を引き継ぐことを想定しながら準備を進めた。

次回は、今回の反省と気づきを活かして何倍もスムーズにやれそうだ。

さて、シアトル・ポートランド版の創刊号は52ページ。60ページを目指したけど及ばなかった。

今はほぼ毎号150ページを超えるロサンゼルス版も、24年前の創刊号は8ページだった。

小さく生んで大きく育てたいと思う。

創刊号をシワにならないようにゆっくりと抱きしめてみた。

03 01, 2013