カレンダー

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

what's new

込山洋一

寄り道

11月25日の夜。

日本でのメンバーの結婚式と出張の帰り道、台湾に寄り道した。

1泊の短い滞在だったけど、市場を歩き、電車に迷い、屋台をはしごする楽しい冒険だった。

若い頃から心掛けていることだけど、出張に限らず、時間の許す限り、人に会い、足を伸ばすことにしている。

出張であれば、ほんの少し「その先」まで遠征して、その街を歩き、その街の人から話を聞く。

多くの都市では、その街で発行される日本語メディアを訪ねて、その街の様子や日系社会の現状を訊ねる。

何が流行っているのだろう、
どこの移民が幅を利かせているのだろう、
ライトハウスのメディアや教育のビジネスモデルが通用するだろうか、
先入観をできるだけ持たずに歩き、そして目を凝らす。

外に出て、世界を歩くと、自分たちのコミュニティや立ち位置も立体的に見えてくる。頭の中の地図が広く、深くなる。

事業は、経営陣が持つ「地図」の広さだけ、可能性も広げられるものだと思う。

事業の領域を選択する時(あるいは人生の選択の時)、それ(そこ)しか知らないからそれを選ぶのではなく、広い選択の中から、自分にフィットするもの、人生を賭けるに足るものを選びたい。

とりわけ僕が教育事業を通して、若い人たちに伝えたいポイントだ。

少し台湾のことに触れよう。

台湾の一番の印象はとにかく人が親切なこと。

日本、中国、韓国、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、僕が知るどのアジアの国より“親切人口”密度が高かった。

英語はあまり通じなかったけど、ホテルマン、通行人、タクシードライバー、車掌、サーバー、店員さん、、、思い浮かぶ人たちみんながみんな親切で温かかった。

偶然かも知れないけど、これだけ揃うと確信になる。

屋台のおばちゃんは、よくしてくれたのでチップを置こうとしても、決して受け取ってくれなかった。そんなことは当たり前だという表情で。

道を尋ねたネクタイの青年は、僕のメモの英語表記を漢字に直してくれたうえに、スマートフォンでダブルチェックまでしてくれた。

タクシーのおじさんは、信号の度に質問に筆談で答えてくれた。また日本への感謝を表してくれた。

そういうひとつひとつのシーンが旅を豊かにしてくれる。

素で、お・も・て・な・し、なんだなあ。

もうひとつの印象に残ったこと。

仕事中に食ってる人が多い。

屋台でフライパンを振りながら食べてるのは当たり前。店員さんが食べている光景をふつうに見かけた。

空港の家電の店では、制服の若い女の子が口いっぱいに何かを頬張っていて、思わず笑ってしまった。

空港と言えば、荷物をチェックする係官の真剣な視線の先は、モニター画面ではなく、掌の中のFacebookだった。

友だち申請しようかな。

11 26, 2013

スモークパーソン

「スイマセン。あなた、、、さっきから彼が言っているのが聴こえないのですか。

どうしてやらないの?

どうして動いてあげないのか私に聞かせてくれませんか?」

楽しい名古屋での会食の後。

先に勘定を済ませるためにレジで待っていたら、小意地の悪そうなバーテンダーが、若いウェイターのオーダーをわざと無視するのに遭遇した。

何度頼んでも動かないバーテンに、おろおろするウェイターの青年。

「(・・・むむむむむっ)」

大きなお世話だし、何様でもないし、おまけにアウェイだけど、割って入った。

顔を歪めてバーテンは意味不明の言い訳をしたけど、「ずっと見とったぞ」と睨んだら、しぶしぶ動いた。

絶対反省していない顔なので、さらにイジワルが繰り返されぬよう、店長にも丁寧に状況を伝えてカイゼンをお願いした。かなり余計なお世話なんだけど。。

実は一昨日の夜も、些細なことで余計なことをしてしまった。

大阪。遅い会食のテーブル。隣のテーブルには後から入ってきた中年カップル。

僕ら以外に客はいない。

男はすぐに煙草に火を点した。

それから小一時間。。

こいつ、、、聖火ランナーか?イスに座ってから途切れることなくずっと吸い続けてる。

場所を選べば、煙草を吸うのは自由だし、喫煙者の権利だ。人が気持ちよく吸っている時間を損ないたくない。

それにしても、、同席の女性に煙が行かないための配慮か、宙にあげた煙草の煙は、僕のゲストの頭まで30センチの位置から、そっくり僕らのテーブルに運ばれてくる。

煙に包まれるマイゲスト。スモークサーモンならぬ、スモークパーソン。

繊細の料理の味も、日本酒の香りも、楽しいはずの会話も、すべて煙草の煙が邪魔をする。

「ガラガラガラーッ」

玄関脇に座っていた僕はゆっくりと立ち上がってドアを全開にした。

のれんが風に揺れ、大量に晩秋の夜風が店内に吹き込んだ。

口から深く吸い込むと清々しい空気が肺の中を満たしていく。

「寒いんやけど」

とっさに振り返って凄んでみせる男。

「すいません、煙草がすごく煙くって。僕、ゼンソク(気分)なもんで」

Tシャツ姿の僕は、肩をすぼめて明るい笑顔で返した。奥から店長が走ってきた。

そんな出来事を思い出しながら、新神戸から東京に向かう新幹線のトイレで着替えていたら、水道に置いた僕のズボンにセンサーが反応して、ズボンが水浸しになっているのに気づいた。

ここでバチが当たった。

11 19, 2013

心地良い夜

日曜日の深夜の桜宮。灯りが落ちた大阪の夜景を、ホテルの窓からぼんやり眺める。

あーっという間の一週間だった。

ちょうど一週間前の日曜日の夜、僕は六本木にいた。

天井の高い個室で、日本有数の学園グルームの理事長夫妻と、外国人講師の採用や学校のM&Aの話をしていた。新しい挑戦ごとを次々任せてもらえるのがうれしい。

翌月曜日は、朝一番の新幹線で京都へ。

某大学の理事長と幹部に両手を広げてプレゼンして、
夕方には、静岡の熱き教授たちと、2015年導入の新プログラムのブレスト。
地酒をメニューの下の方から3つ飲み干したところで、10時6分の列車に飛び乗って帰京。

火曜日は、朝イチで広尾のインターナショナルスクールを視察後、アジアの日本語メディアの怪物くん、ジャピオングループの片岡さんとフォーシーズンで情報交換。

片岡さんとは、お互いの近況と経営課題、事業計画をシェアして、アドバイスし合う切磋琢磨の関係。いつかは環太平洋連合で、いっしょに仕事をしたい仲間のひとりだ。

駆け足で上越新幹線に滑り込み、社長の高畠と合流して新潟へ。

長いトンネルを抜けるとまさに雪国。雪がナナメに降っていた。

新潟駅では、迎えに来てくれたKさんとがっちり握手。Kさんのドライブで郊外の温泉に向かった。

10数年来のつき合いのKさんは、学生数1万人、北陸ナンバーワンの学園グループのトップだ。昔は中堅のリーダーだったけど、年に1回乾杯しているうちに着々と出世してとうとうてっぺんに登り詰めた。

歳を重ねる楽しさのひとつは、まわりもいっしょに成長したりパワーをつけていくことだ。

温泉につかり、地酒にブレーキをかけつつ、午前1時まで学園の経営について作戦会議。2014年は、経営陣を火の玉軍団に変貌させるべく、教職員向けの研修を提供させていただくことに。毎シーズン新潟に行く口実ができたとも言う。

ここは新潟で一番なのですよ、という宿のスィートで3人川の字で寝た。

一転、翌水曜日からは2日間「菊水酒造」で酒造りの仕込み。
日本の食文化「酒」をゼロから学ばせてもらった。

夜は、経営陣と菊水の大量試飲しながら、事業への想いや夢を聴かせていただく。謙虚で、ユーモアたっぷりで、クレバーなT社長がすっかり好きになった。

同社は、市場が縮小する日本酒業界において、海外にも販路を広げ、着実に業績を伸ばす。2日間行動を共にすることで、ここに書き切れないくらいの「伸びる理由」「強い理由」を学ばせてもらった。

金曜日は、地ビールの雄「越後ビール」を見学して、久保田で有名な「朝日酒造」を訪問。旧会長邸でお茶を立てていただいた。けっこうな御点前でございましたが、お作法がわかりませんでした。

午後の新幹線で再び東京に向かい“遊びの先生”Sさんと築地で再会。
Sさんは日本一の専門学校グループの幹部のひとりでもある。
鮪と日本酒で、近況と未来の話をして、カクテルコンテストで優勝したIさんの店に行って、すだちのカクテルで一週間を終えた。

そして週末は、琴平で商船学校の仲間たちとの同窓会。地球で一番美味い酒を飲んだ。

今週末も充実盛りだくさんの一週間だった。少し疲れてるけど、すごく心地いい。

11 17, 2013

りんごのウサギ

ひかり号が静岡駅を通過。東京に向かってる。

今朝は、お袋が暮らす高松の実家を発ち、新大阪の駅構内の喫茶店で役員会。

2時間1本勝負で、2014年に向けた重要案件を決議し、再び新幹線に飛び乗った。

北へ北へ。今日から出張本番。

この後の東京を皮切りに、今週は、京都、磐田、東京、新潟、新発田、東京と駆け足で回る。

車窓に流れる風景を眺め、いろんなこと、すべてのことに、有り難いなあとゆっくり深く息を吸う。

来年は大暴れするぞ。。

空腹に気づき、新聞紙に包んだお袋の弁当を開くと、みかんとりんごのウサギとおしぼりが入っていた(赤面)。

ゆっくり周囲を見渡す。

ワシ来月48歳。永遠の息子。

(11月9日)

11 16, 2013

木曜から日本に来ている。

仁川経由で福岡に入って、レンタカーを飛ばして長門の施設に暮らす親父をピックアップ。墓参りをして、温泉宿に泊まった。

翌日は、「もうすっかり飲めなくなった」と嘆く親父の焼酎を6パック(1升)購入。

それから、90歳になる伯母も連れて温泉へ。露天風呂から紅葉を眺めた。

夕方一人で白壁造りの街を歩くと、萩高校の校庭から聞こえてくる運動部のかけ声やブラスバンドの演奏が夕暮れの空に溶けていった。

夜は従兄弟がさばいてくれた河豚で飲んだ。

伯母から、僕が生まれた時には他界していた宮大工の祖父の話、歌や演劇が達者だった伯父のことを初めて聴いた。

耳が遠い父親は、焼酎の湯割にデコポンを絞って、機嫌良さそうに頷いた。

今年は柿が豊作だそうだ。

(11月9日)

11 16, 2013