カレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

what's new

込山洋一

冷たいビールでいこう

MBAが始まって1月半。

ようやくリズムと要領がつかめてきた。

スタート直後はパワー配分がわからなくって、朝(夜?)の2時や3時に起きてやったりしたけど、今はそういうムチャはしない。

朝は5時半前後に起きて出社前の2時間、ランチタイムに1時間、往復の通勤時間を使って1時間、帰宅後に4時間、ざっくり8時間の中で、毎日の講義(オンライン)や課題と格闘している。

それでも時間が全然足りない。

もっとリサーチに手間をかけたいし、資料を深く読み込みたい。

インプットだけでなく、自分の事業に置き換えてアプトプットすることにもっとパワーをかけたい。

たぶん、多くのクラスメイトはこんなに時間をかけなくても大丈夫なんだけど、僕の場合は、あまりにも知らないことが多いし、記憶容量と演算速度がデビュー当時のコンピュータのように、デカイばっかりで小さくて遅いから追っつかないのだ。

さらに僕には、学生の頃からひとつだけ継続していることがあって、それはただの晩酌なのだけど、その時間を寝る前に1時間キッチリ確保しなくてはならないからタイヘンなのだ。

もちろん、仲間や社員と飲むことも、遊ぶことも、人生の大切な意味だから、最低限の時間は確保する。

でも1日は24時間。

そうなるとどういうことが起きるか。

時間の密度が飛躍的に濃くなるのだ。

やることが地平線の彼方まであるから、時計を追い越す勢いで物事を処理し、決断する。

散髪の時間すら惜しいから、少し伸びたサイドは、シャワーの前にバリカンで揃えてしまう。

大量のメシを摂取しながら少量の情報を摂取し、学んだことをそのまま実務に落とし込む。

さらに自分が学んだことを仲間にシェアすることで、頭を整理し、記憶に刻む。

コマ切れの5分は、ノートを開いて新しい知識と思考の散歩に出る。

自転車のうえでは、仲間と課題の企業再生についてアイデアをふくらませる。

人生を濃くすることを楽しんでいるのだ。

僕らは人生の長さをコントロールすることはできないけど、密度だったらいくらでも濃くできる。

もし今日、僕の人生が最後だとしても、僕は同じことをして過ごすだろう。

一生学び続けることが人生のヨロコビだから。冷たいビールとね。

05 15, 2014

ひとまず一生懸命だ

土曜日の朝。

早起きして勉強して、自転車で海と山を走って、辛い辛いチャンポンを食べながら、iPadでNHKのワールドテレビを見てた。

アプリを開くと、ちょうど四国のお遍路さんの番組をやっていて、旅先での様々なふれあいを紹介していた。

僕の故郷の四国の風景が流れてく。

あるお坊さんのお遍路さんに向けた言葉。

「私の奥さんは肺がんです。手術もできないくらい進行していました。

私は40年以上修行をしていながら、心は揺れ、深く悲しみ、不安です。

弱い人間です。

私はただのでくの坊です。

ただ私にはみなさんの苦しみや悲しみを聴くことができます。

こちらに来てください。あなたの悲しみを聴かせてください」

上に立つでも下に立つでもなく、

大きく見せるでも、

道を説くでもない。

ただ、心を開き、

受け止めようとする一個の存在。

別のお遍路さんは、たいへんじゃないですかという問いに、

「感謝しかありません。

私がこうして歩くより、この道を作ってくれた人ははるかにたいへんで苦しかったでしょう。

この道があること、この道を作ってくれたこと、何もかも感謝しかありません」

生きてる意味って何だろ。

いろんな人の顔が浮かんだ。

ふと、窓の外に目をやるとやわらかいピンク色のバラが風に揺れていた。

ちっとは世の中の役に立てるように頑張らんとなあ。。自分のことばっかり言っとらんと。

ひとまず。

一生懸命働くこと、一生懸命に勉強すること、一生懸命やっちゃろうと思った。

05 10, 2014

アイスクリーム会社に転職しました

日付が変わってロサンゼルスは金曜日になった。

今日(昨日)もよく働き、よく考え、よく食べた。

朝は、前の夜に居眠りしながら見てた「メイカーズムーブメントとその未来」の講義そのまんま、「これから製造業は、インターネットとソフトウェアに飲み込まれてしまうのだっ」と、歯ブラシを握ったまま呟いた。

それを強引に頭を切り換えて、
朝風呂に浸かりながら、「最後のフロンティア!アフリカビジネスに挑め」の映像講義を受けつつ、アフリカの躍進ぶりに手を叩いたり、コブシを握った。

朝からアフリカ旅行を楽しめた。

そうだ、すこしだけ遠隔授業に触れておこう。

僕には、どんな格好も許され(裸なだけだけど)、同じところ(箇所)を、理解できるまで5回も6回も聴き直せるインターネットの講義がしっくりフィットする。

必修科目の「管理会計」なんか、理解を深めたいうえに面白いから、何回も同じ講義を視聴してる。

(おっと、朝ゴハンの現場に戻ろう。眠れないから)

大辛カレーライスの大盛りを頬張りながら、アフリカ版ライトハウスを夢想した。

通勤の車では、住友化学の駐在員になって、マラリアを防ぐ蚊帳(かや)のマーケティングを考えた。

午前中リアルな経営に取り組んで、

ランチタイムは弁当を突きながら、管理会計の「闇」をテキストを片手に探検する。

午後の財務の経営会議では、すでに100年知ってる顔で実践に移した。

帰宅後は、都内の老舗ホテルの経営企画室室長に早変わりして、経営資源をどこに向けるか、明日のプレゼンの資料作りをした。

今この瞬間なら、日本国内の過去20年のホテルの件数と客室数の増減、客単価と稼働率の変化、倒産件数とその理由と傾向まで、資料を見ないで語れるだろう。

そんなホテルの室長もスリッパを履いたシンデレラ。

午後8時過ぎには、お菓子メーカーに転職して、アイスクリームの商品開発部に配属された。

さっそく市場全体をとらえるために、年間売上や商品単価、世帯あたりアイスクリーム購入額の推移をチェックする。

意外や。

真夏日の日数と、アイスクリームの売上に相関性がないことを知り、ついでに夏とそれ以外の季節の売上の差が減少していることにも気づいた。

アイスクリームを深堀して、
絶対に「アイスの王様」と世界に、後世に、語り継がれるアイスを作るのだ。

僕が香川県の出身というのもあるけれど、その切り札には「抹茶うどんアイス」というのを考えている。うどんには、隠し味でメイプルシロップをくぐらせる。抹茶ファンも、うどん好きも、幅広いアイスクリームファンも虜(とりこ)にすることだろう。

それはさておき、来週までの課題、
「日立の東原社長になって、GEがアルストム買収の中、どう対抗して社会インフラ事業を構築するか」が手つかずのままだ。

ここまで毎週、Alta Bicycle ShareのCEOマイケル・ジョンズになったり、Go-Proのニック・ウッドマン、ホテルオークラの荻田社長になったつもりで、経営の改革に挑戦してきたけど、今回は少し腰が引けている(アルストム知らないし。。)

​​さあ、、、もう眠るのだ。

頭がすでに回転してない。

もし「抹茶うどんアイス」が成功したら、「抹茶そばアイス」と「抹茶フォーアイス」を速やかに大量に市場に投入しよう。

おやすみなさい。

05 02, 2014