カレンダー

2014年8月
« 7月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

what's new

込山洋一

成功するまであきらめない

朝から海風が涼しい水曜日。

今朝の全社勉強会のテーマは「成功するまであきらめない」

各部署ごとに、成功するまであきらめないってどういうことか話し合った。

「自分たちの高いスタンダードを設けて絶対に妥協しないこと。越え続けること」

「自分が良しとしないものを世の中に出さないこと。曖昧や複雑なまま通さないこと。自分の田舎の親父さんやお袋さんが読んで理解できるものであること」

「期待どおりはただの満足。期待以上で応え続けること」

聴いていて、やる気が漲ってくる。

ボクはこんな話をした。

世界中の人、みんな当たり前にがんばっている。ウチだけじゃない。

その中で、こんなちっちゃな会社が世界で突き抜けようと思ったら、ふつうの努力じゃぜんぜん足りない。

ふつうの人が諦めてしまうラインが本当の始まり。

もう一件。

もう一押し。

もう一歩。

もうダメだと思ったところからが本番だ。今日から、今から、実践しよう!

08 13, 2014

地中海の朝焼け

8月9日の土曜日の正午。

先週も教育セミナーの進行役あり、久しぶりの営業同行あり、連日日本からの来客あり、盛りだくさんの楽しく充実した一週間だった。

が、ビジネススクールの課題は遅々としてはかどらず。

遅れをとり戻すべく朝から書斎にこもり、着地点が見出せなかった「企業再生」の最終レポートをようやく提出。

めでたしめでたし。

お腹がぐうぐう鳴るので気分転換にカレーをこしらえた。

名付けて「大地と海の出逢い・地中海の朝焼け風漁師仕立てカレー」

まあフライパンに、お湯とローストビーフとサバ缶、ざく切りのトマトとカレーのルーを放り込んだだけだけど。

さ、もうひとがんばり。

カレー食べたら、一気に読みかけのマイケル・ポーターやっつけて自転車に乗るのだ。

08 09, 2014

満点の週末

日曜日の朝。
まだ少し薄暗い時間、中庭に面したドアを開くと、プールの水面に見逃しそうなくらい小さな雨粒が音もなくそっちにこっちに大小の弧を広げる。
広がっては消え、また広がっては消えていく。
スリッパのまま外に出て、手のひらを空に仰いでも、意識しないと気づかないくらいに微細な雨。
自転車はお休みにして、水面をしばらく眺めることにする。
繊細でも激しくても、雨の水面は眺めていて飽きない。
晴れた日の午後は、音のないプールの底にゆれる水面の影をゴーグル越しに眺めるのも好きだ。
その瞬間瞬間の風景が、日常といっしょで二度と再現することができない。
大学院も、あと二つの試験を終えたら夏休みに入る。
昨日は、夜中までと覚悟していたマーケティングの最終試験が、午後の5時前には終わったものだから、急遽ゴルフ場に集結してたけちゃんとハーフラウンド回った。身も心も軽かったこと。
しっかり勉強して、自転車も水泳もゴルフも、そして帰省した娘を囲んで冷たいビールも飲めて満点の一日だった。
今日は午前中に技術戦略論の最終試験をやっつけて、午後から再びグリーンの人となるのだ。
こういう大事なこと(試験!)に対峙すると、ついブログをていねいに書き始めたり、さっき計った血圧計をまた手首に巻いてみたり、ネット通販に逃避したりしてしまう。人間だもの。
いかん、これ以上逃げては。。。料理でもするか。
それもこれも含めて、穏やかで豊かな週末なのだ。

08 03, 2014