カレンダー

2014年10月
« 8月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

what's new

込山洋一

征露丸

ライトハウスはあと2ヶ月ほどで創刊26年。
ロサンゼルスの大先輩メディア羅府新報は創刊1903年。111年の歴史を持つ。
ライトハウスはまだまだ洟垂れである。
http://www.rafu.com/
その羅府新報の随筆欄「磁針」に掲載された、日系社会の大先輩半田さんのエッセイがとても面白かったので共有します。

(羅府新報 磁針 10/16/14)
================
題:「正露丸」
10月15日の日本の報道で、
大阪で胃腸薬「セイロガン糖

  1. 衣A」を製造する大幸薬品が

商品名や包装が似た「正露丸
糖衣S」を販売する富山の会
社を相手に包装の使用差し止
めを求め訴訟していたが、最
高裁が上告を退けたと出てい
た。1、2審とも判決は「正
露丸」が多数の業者に使われ     
ている普通名詞だとして原告
の請求を退けている。今回の
最高裁決定で大幸の敗訴が確
定した。正露丸の名で約30種
類も販売されているらしい。
名前はそれ程普及していた。
僕はこの薬の名前で古い感慨
が呼び起こされた。
正露丸は元々の名前は征露      
丸だった。これは約百十年前     
の日露戦争に関係する。日露
の開戦寸前に出た征露丸は兵
隊たちの腹痛予防や下痢止め
の胃腸薬として使用された。
軍の装備品となり、食や水あ
たりで腹をくだす兵士のために
使われたが、要はこれを飲んで
腹を直して元気に戦いロシア
に勝とうとの意味で征露丸と
名付けられたという。ところ       
が昭和の大戦後にロシアを征
伐しようというのはまづいと
言うことになり、征のぎょう
にんべんを取って現在の正露
丸となってしまった。
因に大幸薬品は「ラッパの
マークの正露丸」として知ら
れるが、このラッパのマーク
とは日露戦争のまた10年前の
日清戦争で戦死した陸軍兵、
小口小平ラッパ手の美談がモ
デルだ。小口は致命的な敵弾
を受けたが突撃ラッパを止め
たら突撃が止まってしまうと
苦しい中に必死に突撃ラッパ
を吹き続け、遂に絶命したが、
それでも口からラッパを離さ
ず死んでいたと、明治から昭
和の戦前まで英雄として知ら
れた。              
また、ラッパのマークで当
初発売された薬は「忠勇征露
丸」の名だった。更にだ、大      
幸のセイロガンは7年前に現
在の防衛省に採用された。歴
史は巡り百年ぶりの装備品復
活となった。
話を戻すが、昭和の大戦後
に征露丸を正露丸と変えた考
え方が気に入らない。戦後の
平和、民主のと言うより、敗
戦のちぢんだ精神構造により
征を正としたのだ。名前の歴
史と意味がなくなってしまう。
これは過去の歴史。今のロシ’
ア人に対しても「当時こんな
背景でこの名前が付いたんだ
よ」と笑って話せること。お
互い歴史の話。過去の戦勝記
念を毎年大祝いする国は周辺
にも遠くにも沢山ある。敗戦
したからと言葉を姑息に変え
てしたり顔と言う行動は堂々
とせず情けない。その点、奈
良県の日本医薬品製造という
会社は今も「征露丸」の名前
で販売している。エライ。 
半田俊夫    
============= 
身近な商品の背景にも、国の歴史や人の生死があることを思った。
半田さんがおっしゃるとおり、ネーミングを変えることが姑息にも思えるし、変えざるを得ない圧力や葛藤もあったのではないかとも想像した。
ひょっとしたら、奈良の日本医薬品製造はまだその当時マークもされない会社でそんな圧力もなかったのか、それとも同じ条件下、屈することなく曲げることをしなかったのか。
戦勝国の事例を知っていたのか、知る機会はなかったのか。
また、自分であったらどうしただろう。。
先ばかり見てるけど、歴史から学ぶことは多い。羅府新報しっかり読まねば。

10 28, 2014

キックオフ

土曜日の朝。昨日は第4四半期のキックオフだった。
3ヶ月前に立てた目標は、個人でもチームでも達成できたことばかりではない。
不本意な結果もあれば、脱帽するくらいの躍進もたくさんあった。
それでも毎回、最後のメンバーひとりひとりの振り返り発表の時は、それぞれが頑張ってきたこの3ヶ月を思い、心の中で手を合わせる。
キックオフ後のコンパでは日常から解放され、メンバーたちと酒を飲む。
昨日はスイス料理のケータリングだった。どのあたりがスイスだったのかはよくわからんかったけど。
あっちのテーブル、こっちのテーブル、メンバーの笑い声の中にいるのがボクにとって一番心地良い時間のひとつだ。この3ヶ月の様々なシーンが浮かぶ。
それにしてもちょっと飲み過ぎ。
残ったメンバーと昼メシを賭けて勝負したビリヤードではさっぱり落とせなかった。
そうそう、キックオフではこんな話をした。
「ボクらの事業はアメリカだけでなく、日本とも密接に関わっている。
俯瞰してこれからの世の中がどうなっていくか、常に頭を使って考えなくちゃならない。
25年後の日本は人口が1億人を割っている。
毎年50−100万人ずつ人口が減り、500以上の市町村が消滅していく。
その時のピークの年齢は70歳。どんな世の中になってると思う?
25年という年月は驚くほど世の中を変えてしまうんだ。
25年前の中国のGDPは九州のGDPといっしょだった。それが今では中国は日本の2倍のGDPだ。これからの世の中はもっとはやく変化するだろう。
(MBAのクラスメイトが聞いたら、それ、習ったばっかりやんけと突っ込まれそうだけど、そこがボクらしさなのだ)
そんな日本の未来を考えた時、日本人や日本の企業は絶対に海外に出て生きていかなくてはならないんだ。
そのために必要なのはなんだろう?
海外で暮らしていくための「情報」であり、外に飛び出せる人材を作る「教育」だ。
ボクらはそういう事業をしている自覚と誇りを持たなくてはならない。
もうひとつ、みんなに自覚しておいてほしいこと。それは、ライトハウスは永遠にベンチャー企業ってことだ。
ベンチャーってなんだろう?
ボクの考えるベンチャー企業って、
ー舗装された道は選ばず。道なきところに道を創り、未開の地をオアシスに変える企業
ー失敗を恐れない、チャレンジ精神を持ち続ける個人の集団であり、リスクを取れる企業
ースピード!スピード!スピード!
ー頭がちぎれるくらい脳みそを使う、考える集団
ー働く人も組織も商品も進化成長変化し続ける組織
ボクらの会社が、1000人になっても、世界的な企業になってもそのことを忘れてならない。」

10 28, 2014

映画と自転車と勉強の週末、ビール少々

月曜日の朝7時。この週末から大学院の後期に入り、新しく開講した「企業論」の講義を見終える。
格好は寝間着。場所は書斎。
講義も議論も課題も試験もすべてオンデマンド。
24時間自分の都合のよい時間に学ぶことができる。便利でありがたい時代だ。

この週末は仕事も勉強もずいぶん捗(はかど)った。
仲間と自転車にも乗れたし、デンゼル・ワシントンの最新作「イコライザー」も見れた。
映画は足を運んで映画館で見るのがやっぱり面白い。
自転車は立ち漕ぎで山を登りながら、エアラインの方から航空業界や航空行政の話が聴けた。
なぜ成田は24時間営業じゃないのか、アジアのどの路線が今後期待される市場か、飛行機はどうして稼働率が重要か、そんな講義をライブで受けられたのだからたまらない。

そう。クラスメイトが教えてくれたTEDの「(イタイ・ガルダム) 偉大な指揮者に学ぶリーダーシップ」も奥が深くて惹き込まれた。いろいろなタイプの経営者がいるように、指揮者にもいろいろなスタイル、リーダーシップがあることを学んだ。これからクラシックのコンサートが新しい視点でも楽しめそう。
https://www.ted.com/talks/itay_talgam_lead_like_the_great_conductors?language=ja
すっかりリフレッシュ。
今週もよく働き、よく学び、そして新しい何かを生み出せる一週間にしたい。(10月7日)

10 28, 2014

みんなで作ったミッションステートメント

10月3日金曜日。
朝6時半、一番乗りした会社の窓を、朝焼けが水色とピンク色に染めていた。

秋の匂いがする朝の空気を肺いっぱいに吸い込む。
まっさらな1日のはじまり。


日本、インドネシア、シンガポール、インドへの長期出張、帰国翌日にはシリコンバレー。
朝目覚めると「オレ、どこだっけ?」と一瞬考える。
そんな慌ただしく、そしていろいろなことがあり過ぎた一ヶ月だった。

そんな中、今週はLCE(ライトハウス・キャリアエンカレッジ/ライトハウスの教育研修事業)の日米のメンバー全員が集まって、サンディエゴに程近い海辺の街エンシニタスで合宿を行った。
12名を乗せたバンはボクがハンドルを握る。
往路では、一人ひとりがこの会社に入るまでのストーリーを1人5分で順番に語る。
誰もがその人のドラマの主役を立派に歩んできている。
バラバラの時代に生まれ、異なる風景の中で育ち、いろんな出会いや別れ、喜びや悲しみ、無数の決断と決意を経て、その人生の一番新しいこの瞬間にともに力を合わせて働いている。
世界には60億人もの人がいるのに、そのこと自体が奇跡だと思った。

宿舎に到着後、そのまま会議室に集合。
全員が書いてきた「2年後の未来日記」を読み上げる。
「そんなふうに思ってくれてたのか」
「そこまで考えてくれてたのか」
「おっ、宣言しよったな」
みんなが思い描くLCEの未来が立体的に浮かびあがる。
じっと聴き入るメンバー、うっすら目頭を赤くするメンバー。
ボクは鼻の奥のほうが熱くなり、それを悟られないように腕を組み眉間にシワを寄せた。
全員が読み終える頃、何だかその前よりおたがいの存在が近くなったように思えた。

それから、社長の高畠が経営方針をプレゼンし、いよいよメンバー全員で会社の「ミッションステートメント」と「2年後のビジョン」作りに取り組んだ。
まずファシリテータの植野毅が冒頭でルールの説明をする。
「肩書きや権威を持ち出さず対等で自由な立場で」
「自分の意見にこだわらず、人の意見の背景を理解しようとすること」
「ディスカッションでもディベートでもなく、この場は常にダイアログ」
話し合いは夜のコンパをはさんで、翌日の午後まで自由闊達に交わされた。
誰もへんな気後れやこだわりがない。ひとりでもスッキリしなかったら、何度でも元に戻って納得するまで話し合う。
「その表現、どうしてもキモチ悪いです」遠慮なくボードを指差す。
若手もベテランもナシ。
ひとつひとつの言葉をみなで徹底的に練る。練って練って練り上げる。
例えば、ボクらは学生に(機会を)「提供」するのか、「貢献」するのか、「奉仕」するのか、「支援」するのか。それぞれ似ているけど、微妙に立ち位置が異なる。
「カスタマー」は誰で、「クライアント」は誰なのか。相手は「学生」なのか「若者」なのか。
このプロセスが、互いの理解を深め、自分たちの事業や事業領域を定義づけていく。曖昧が行き場をなくし、次々と塗りつぶされていく。

そうそう。初日の膨大な話し合いは、コンパが終わった夜中の1時から、植野が徹夜で整理してまとめてくれた。
そんな経営の姿勢と覚悟も、メンバーたちはよく感じ取ってくれたと思う。
そしてできあがったのがこのミッションステートメントだ。

************************
若者が、自分らしい「生き方」「働き方」を見出す
キッカケを掴めるよう
「自分ひとりでは体験できない機会」の提供者として
世界中で挑戦する人・企業と出会い、多様な価値観に
触れ、感じる場をつくることで
新しい可能性を自覚し、勇気を持って
次の一歩を踏み出すことを応援する。
************************

これからは、すべての「よりどころ」がみんなで作ったこのミッションステートメントだ。
新しいことを創造する時、大きな決断の時、判断に迷った時、苦しくてもう足が前に出ない時、常にボクらはここに立ち帰ればいい。

10 28, 2014

一生学び

日本出張5日目。
萩で親父の墓参りをしてからじわじわと北上。今日東京入りした。
昨日今日は、お世話になっている経営者Fさんの依頼で、大阪と東京で講演をさせていただいた。同社の取引先の創業者や、2代目、3代目の後継者が対象。
先輩経営者も多い中、毎回、自分でいいんだろうかという思いもある。それでも講演後に、名刺交換の長い行列と晴れやかな表情にふれると少し肩の荷が下りる。
「アメリカで勝負しようと決意しました」「勇気をもらいました」
そんな言葉を聴けると、自分の心の中のたぎるような想いが、ほんの数時間前まで知らなかった誰かの心に点火できたようでうれしくなる。
さらに今回の講演の様子を、子守康範さんが毎日放送ラジオの番組の中で紹介してくれたそうで、関西在住の方がおしえてくれた。ちょっとでもまだ見ぬ誰かが元気になってくれたらすごく有り難い。
それにしても今回もまた風呂敷をずいぶん広げてしまったもんだから畳むのがたいへんだ。キチンと自分の言葉に行動と結果を伴わせねばならない。有言実行。
講演を終え、ひと風呂浴びたら、夜の会食までの間、今度は“学生”に戻る。
10月に後期が始まる前に、前期のおさらいもしっかりしておかねばならないのだ。
そうそう、前期の結果が3科目返ってきた。
がんばった甲斐あって、3つともA+とAだった。
すごくうれしい。素直にうれしい。
MBAで学ぶにあたって、最低でもB、それ以下の成績の科目は合格していても再履修することにしている。せっかくこの歳になって学ばせてもらっているのだから、余すところなく血肉にして経営にぜーんぶ活かすのだ。
さらにその先も一生学び続けたい、死ぬまで成長し続けたい、と思う。人生楽しまなくては。(9月2日)

10 28, 2014