カレンダー

2014年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

what's new

込山洋一

ピグマリオン効果

ボクがその昔営業の現場でバリバリやってた頃、「この人の商売にかかわらせてほしい」「この人の商売を繁盛させたい」そんな思いで商談にのぞんだ。
だから、主語はライトハウス(自社)ではなく、主語は常に相手の商売で語った。
相手の商売の繁盛の組み立てを考えていけば、おのずとライトハウスの役どころも生まれる、そういう思考が成果に結びついていたと思ってたのだけど、それだけではないようだ。
「ピグマリオン効果」
今学ばせてもらっているBBTで頻繁に出る言葉なのだけど、「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」のだそうだ。
「私に任せてください。きっと繁盛させます」
そんな思いがお客さんにも伝搬して、任せてくれる結果に結びついていたのかも知れない。
みなさんそれぞれの持ち場でぜひお試しください。ウソのない期待が大事なようです。
ウソのない期待がモチベーションをもたらす

http://www.motivation-up.com/motivation/pygmalion.html

引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「やればできる」と心から信じてくれれている人が近くにいると、「そうかな~」と思いながらも何だかできる気が出てくるものです。
逆に、「お前はどうせダメだ」と全く期待されなければ努力する気になりません。
引用終了・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こっちも参考に。
期待を込めれば人は伸びる「ピグマリオン効果」

http://allabout.co.jp/gm/gc/392478/

引用・・・・・・・・
期待をされた人ほどその通りの成果を出せる、という説があり、それを「ピグマリオン効果」といいます。これは、60年代、米国の教育心理学者ローゼンタールが説いた説です。
引用終了・・・・・・・・・

11 07, 2014

常に明るく前向きに

この週末から冬時間。

時計の針を1時間戻すので1時間トクした気分になれる。
昨年は冬時間をまたいで日本出張だったからややソンした気分になったのを思い出した。

その恩恵を活かして、今朝は4時から勉強している。

MBAに進んで半年を過ぎたけど、日々学んだことが経営や営業に直結するから楽しくって仕方ない。元々ゲームもしないし、ドラマも見ないけど、そんな架空の物語や勝負ではなく、命を賭けた経営というゲーム、人生というドラマに比べたら、それより面白いものなんて何があるだろう。

運と勘と経験を頼りに生きてきたようなこれまでだけど、この時期このタイミングで学ぶことは必然なのだと思う。学ばなかったらヤバかったとも思う。

週末ある経営者のインタビュー記事を読んだ。

ベンチャーの経営は、真っ暗闇のどしゃぶりの嵐の中を、計器を頼りにセスナで目的地に向かうようなものだと。

その通りだと思ってじんとした。命懸けだもん。

だから「常に明るく前向きで、夢と希望を抱いて素直な心で経営する」

今週も稲盛さんの言葉を胸にスタートするのだ。

11 03, 2014