カレンダー

2016年3月
« 12月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

what's new

込山洋一

学ぶことは楽しい

3月27日。1ヶ月の日本出張を終えて、ロサンゼルスに帰る機中にいる。

日本では連日クライアントとの面談や、新しい事業の仕込みに日本全国を奔走する日々であっという間の1ヶ月だった。

そんな中、昨日はBBT大学大学院の経営管理修士の学位授与式だった。

48歳でMBAに進んだ動機は、50歳からのゴールデンタイムに経営者として最高のパフォーマンスを発揮するためであり、優秀な幹部たちが思う存分暴れるのを支えられる見識を身につけるためだった。

2年間で3000時間。生まれてこんなに勉強をしたことがないというくらい勉強した。 僕は人一倍飲み込みが遅く、記憶容量も小さいので、 人の何倍も努力しないと頭に入らない。まるでF1レースにママチャリで参戦しているようだった。

それでもBBTのエアキャンパスは僕に向いていて、講義はすべてオンデマンドだから、わからないところは理解できるまで(気兼ねなく)何回でも繰り返し視聴したし、24時間世界中のクラスメイトとオンライン上で交わす議論が、学びをさらに深めてくれた。

また学長の大前研一さんが集めた日本選抜級の教授陣の講義を、自宅の書斎やオフィス、バスタブやベッドの中、通勤の車中でも聴くことができたのも有り難かった。

在学中心掛けたのは、勉強と仕事(経営)を別々に考えるのではなく、すべて日々の事業や未来の構想と結びつけることだった。学びを余すところなく実践に落とし込むことができたし、自然と実践は血肉になって身についた。

それに加えて、日本出張時に会いたい教授には積極的にコンタクトして会いに行ったし、クラスメイトとは時間の許す限り会って親交を深め、時にはシンガポールやインドにも遠征した。

今期の経営学研究科の修了生は61名(うち同期28名)。年齢は29歳から57歳、平均年齢は41歳。多種多様な分野で活躍する幅広い世代の仲間が、同志として、ライバルとして、互いが互いのブレインとして生涯にわたって研鑽を積む。ここで得た仲間たちは一生の宝だ。ずっと大切にしたいし、自分自身がみんなに貢献できる存在でありたいと思う。

帰国後はこの2年間駆け足で学んできた過去の講義や課題図書を、3年くらい掛けておさらいしようと思う。

学ぶことは楽しい。一生学び続けてやりたいことは全部やるのだ。

03 27, 2016

50歳の息子

日本出張の合間、ほんの12時間の滞在だったけど、高松でのミーティングの後、弟と実家に一泊した。

実家では、母親はテーブルに乗り切らないほど料理をこしらえて待っていた。

元気な顔を見せることもそうだけど、今回は運転が怪しくなってきた母親に、運転を“卒業”してもらうよう説得することも目的だった。

個人差はあるけど、73歳の母親の運転(運動神経)は圧倒的絶対的に信頼できない。本人はもちろんだけど、他人様を巻き込むような事故を起こしてからでは取り返しがつかない。

とくに日本では狭い道路に、トラックも自動車もバイクも自転車もいっしょに走っているのだ。そしてそのすぐ脇を歩行者が歩く。

そうでなくても制限速度を大幅に下回る速度で走る軽自動車、(あろうことか)追い越し車線をふらふら走る自転車、今回も地方都市で高齢者の目を覆うような行動を目の当たりにした。近頃は、高齢者の高速道路の逆走が巻き起こす事故も珍しくない。

そんなことで、母親に命を大切にして欲しいこと、他人様を巻き込むことは許されないこと、さらにはその決断は後世に語り継がれるべき勇断であること(ココにとくに響いた)、とにかく言葉を尽くして説得した。

その甲斐あって、来月の車検のタイミングで自動車を手放すことと、電動アシスト自転車をプレゼントすることで気持ち良く受け入れてくれた。 必然性というより気持ちを汲んでくれたのだろう。

翌朝、母親の気持ちが変わってないことを確認して、その場でヤマハの最新のモデルを注文した。

遠足のような弁当を持たされ、玄関に立つと靴がきれいに磨かれていた。50歳になっても息子は息子だ。

03 10, 2016