カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

what's new

込山洋一

次の一歩

先週は2回、日本の大学とLA(って、この会長室だけど)をスカイプで繋いで、学生たちに講義をさせてもらった。

実際にそこにはいないから、教室の空気や体温が伝わってこない分、少し難易度が高いけど、毎回イマジネーションを働かせて話すようにしている。

それでも通信の発達のおかげで、こうして世界中のどこにいても、講義をしたり、受けることが可能になった。

僕自身、今春卒業したオンラインのMBAで学んだ理由のひとつは、最先端の学びの場で、オンラインの可能性を体感しておきたかったからだ。今や通信技術で大抵のことができるし、教育の分野においては、オンラインの方が優れている部分もある。

僕が人生を費やして取り組んでいることのひとつが、

「日本の若者に、多様なロールモデル(多様な価値観)を提供すること」だ。

世の中には、人の数だけ尊く多様な生き方があって、とりわけ日本の若者が、ふだん接することができない海外で、言葉や文化の壁を越えて、熱く逞しく生きている日本人の生き様に触れさせることで、人生や未来に対して前向きになってもらいたいと願っている。「自分にだってできるかもしれない」と。

そんな思いを持って、ライトハウスは、2000年から日本の大学や専門学校を通して、日本の若者に海外研修を提供している。パートナーやメンバーに恵まれ、ようやく年間に千名を超える学生を預かるようになったけど、研修そのものは「手段」であって、実現したいことは、若者の動機付けや視野を広げることだから、オンラインを含めたテクノロジー(あまり強くないけど)を駆使して、もっともっと多くの若者に気づきを提供したいと思っている。そう、一年間に何十万人の若者に届けるくらいに。

これを読んでくれている皆さん、(すでに大勢の方が協力してくださっていますが) そんな夢の実現に、将来どこかで力になっていただけたらうれしいです。一人でも多くの若者が勇気をもって次の一歩を踏み出せるように。

*ライトハウスの教育事業(LCE)のミッション・ステートメント

若者が、自分らしい「生き方」「働き方」を見出すキッカケがつかめるよう「自分ひとりでは体験できない機会」の提供者として、世界中で挑戦する人・企業と出会い、多様な価値観に触れ、感じる場をつくることで新しい可能性を自覚し、勇気を持って、次の一歩を踏み出すことを応援する。

04 27, 2016

大人の遠足(船釣り編)

この週末は、社長の植野、編集の三木、そして(なぜか)教育の古茂田と僕で、レドンドビーチの釣り船に体験取材に集結した。

ざっくり“大人の遠足”と呼んでいるけど、 自転車でも登山でもキャンプでも、 大の大人が日常から解放されて、自然の中でワイワイやるのは楽しいものだ。

が・・・、毎回そうとは限らない。

この日は朝から海が荒れていて、船が港を出た途端に上下左右に揺れまくり。出港前は威勢の良かった仲間たちも花が萎れるように次々とダウン。最後まで平気な顔で、 「水平線を眺めていたら酔わないから」なんて言っていた僕までがあろうことか、しまいには海に向かってゲーゲーする始末。面目まるつぶれである。

それでも竿を垂らせば、次から次へと魚が釣れる。みな、遠のく意識と、胃袋の底を海が突き上げるのに堪えながら、魚を釣り上げては、カメラを向けると撮影用の笑みを浮かべた(釣果はごらんのとおり)。

下船後は恒例の反省会(飲み会)もなくこの日ばかりは静かに解散。

いつもよりおとなしい夜、誰からともなく互いに“遠足”の写真を送り合った。

その中には、 船底にへばる互いの写真や、美味そうな煮付けや塩焼きの写真があった。(誰にも見せられない僕がへばった写真は、翌日のうちに社内であっさり共有された)

そんな情けない挑戦だったけど、写真を眺めているうちにまた行きたくなった。今度は海がなるべく穏やかな日曜日に。

* この日の敗戦模様は植野がレポートします。ライトハウス(LA版)の6月1日号をお楽しみに!(電子版でもご覧いただけます)

04 25, 2016

もうダメだというときが仕事のはじまり

ライトハウスでは毎週水曜日の朝、西海岸の全支局をスカイプでつないで、稲盛和夫さんの語録を教材に勉強会をやっている。
ひとつのテーマについて2回。最初の週は部署横断のグループで、翌週は部署ごとのグループで、8時半から20分間議論して残りの10分を発表にあてる。
昨日のテーマは「もうダメだというときが仕事の始まり」。
僕はこの言葉が大好きだ。
ピンチや八方塞がりの時、この言葉が条件反射的に耳の奥で響き、臆病な僕を鼓舞してくれる。
解説文を引用しよう。
「ものごとを成し遂げていくもとは、才能や能力というより、その人の持っている熱意や情熱、さらには執念です。すっぽんのように食らいついたら離れないというものでなければなりません。もうダメだ、というときが本当の仕事のはじまりなのです。強い熱意や情熱があれば、寝ても覚めても四六時中そのことを考え続けることができます。それによって願望は潜在意識へ浸透していき、自分でも気づかないうちに、その願望を実現する方向へと身体が動いていって、成功へと導かれるのです。すばらしい仕事を成し遂げるには、燃えるような熱意、情熱をもって最後まで諦めずに粘りぬくことが必要です。」
手足を使って頑張ることは誰だってやっている。脳みそに汗をかくくらい頑張ることも多くの人はやっている。でもそれだけじゃ足りない。
熱意、情熱、執念、さらに、もうダメのその先の未来(約束のない未来)を信じきる力が大切なのだと思う。自分の未来を自分自身が信じなくして誰が信じてくれるだろう。絶対に乗り越えられる、絶対にその答えはある。
もうダメだというときが仕事(人生)の始まり、だ。

04 07, 2016