カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

what's new

込山洋一

ジャカランダの季節

小雨がちらつく土曜日のロサンゼルス。

今日は朝から帰国子女のための教育セミナー、午後からは日本の医療・介護セミナーとイベント続き。

直前まで集客に気を揉んだけど、蓋を開けたらどちらも満員御礼でひと安心。

ライトハウスは、日本から様々な分野のエキスパートをお招きして、最新の日本の事情を伝えていただくことで、海外在住者の情報ギャップを埋めることにも努めている。

それらの情報によって、どこかの誰かの人生の選択肢が増えるかもしれないし、別の誰かの回り道やリスクが避けられるかもしれない。

そこに僕らのモチベーションがある。

さて、街並みをジャカランダが薄紫色で彩り始めたと思ったらもう5月だ。

サマータイムで少しずつ日が長くなったおかげで、出社前・退社後の時間の使い方にも幅が広がる。僕はこの季節が好きだ。

メンバーの多くは早朝にジムに通ったり、サーフィンをしたり。退社後にゴルフをハーフラウンドするグループもある。慌ただしく市民大学に急ぐ者もいれば、ヨガやダンスのクラスを楽しむ者、スタバで最新技術の習得に取り組む者もいる。

朝型の僕は、自分でコントロールできる出社前の時間を大切にしている。

仕事の予習復習を済ませたらジムで汗を流し、自転車で山を往復し、まだ冷たいプールで身を引き締めてから出社する。

通勤ルートも工夫して、ちょっと遠回りして、海が眺められるルートや森を抜けるルートのドライブを楽しむ。日常を最短とか最速ばかりで埋めてはつまらないから。

そうそう、ちょっと先の話だけど、自転車でアメリカ縦断を計画している。飛行機でも車でもなく、自分の足でアメリカの広さを確かめたいのだ。

すでにサンフランシスコからメキシコ国境(1040Km)は走破したので、残りはカナダ国境からサンフランシスコまで(1874Km)。

グーグルマップを眺めながら、ルート、時期、気候、気象、日照時間、装備、水や食料の補給場所、宿の有無、ネットや充電環境等を勘案しながら計画を立てる。

そんな時間も旅の一部。次の計画がある限り人生はずっと旅になる。

05 07, 2016