カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

what's new


ライトハウス会長・込山洋一
1965年生まれ。国立弓削商船高等専門学校 航海学科卒。1986年、国交省航海訓練所の練習船(日本丸、大成丸)での1年間の航海実習で、ロサンゼルスの青空と自由闊達な風土に魅了され、卒業と同時に渡米。学習塾経営を経て、1989年、日本語情報誌ライトハウスを創刊。2016年、ビジネス・ブレークスルー大学大学院(BBT大学院)経営管理修士課程を修了。

ルート66を走る(その1)

11月6日午後6時10分。東に1300キロ、ニューメキシコ州のアルバカーキに向けて、アムトラックはとっぷり日が暮れたロサンゼルスを出発した。
車窓をオレンジ色の街灯がゆっくり流れる。
今週は休暇をとって、自転車の相棒H氏と、アルバカーキを起点にアリゾナ州フラッグスタッフまで約500キロの道のりを、ルート66に沿って自転車で走る計画。
大陸を横断するルート66(国道66号線/3755キロ)は、中東部のイリノイ州シカゴと、西部のカリフォルニア州サンタモニカを結び、アメリカ西部の発展を促進した重要な国道だ。
何年掛かるかわからないけど、このアメリカ横断ルートとアメリカ縦断ルート(カナダのバンクーバーからメキシコ国境)を、無理せず無茶せずぼちぼちと自転車で走破しようと企んでいる。
それにしても今回の道中は、最低気温がほぼ5℃以下、とくにフラッグスタッフは0〜1℃だから冷蔵庫並みの寒さとの勝負。
とりあえず軽くてかさばらないユニクロのダウンやヒートテックをリュックにまとめて詰め込んだ。
がんばれユニクロ!いや、がんばるのはオレか。。

11 12, 2016