カレンダー

2017年5月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

what's new

込山洋一

至福の時

今年も残すところ2週間。

昨夜はライトハウスのクリスマスパーティだった。
ふだんはメンバー同士直接会う機会の少ないシアトル支局やサンディエゴ支局のメンバーも、この日は全員ロサンゼルスの本社に集まり、一年の頑張りを労(ねぎら)い称(たた)え合う。

一年が終わる頃、このパーティで全社のメンバーが仲良く笑い合い(じゃれ合い?)楽しそうに過ごす様子を眺めるのが人生の至福の時だ。

今年もチャレンジと試練がてんこ盛りの良い一年だった。

とくにこの2年あまりは、複数のプロジェクトを進めるために頻繁に日本に行っているから、創業時さながらに現場で体当たりの連続だった。

アメリカにいると28年培ってきた信頼のベースの上で仕事をさせてもらえるし、多くの部分をメンバーが担ってくれるけど、日本はまだまだこれからだから、ひとりで乗り込み、ライトハウスを知らない方に自己紹介から始めるのも当たり前だ。特別扱いのない、素の自分で勝負する経験を積ませてもらっている。

おかげでアメリカだと近頃は経験できないような悔しいことや切ないこと、惨めなこともふつうにあるけど、その分、50歳にもなると錆(さび)たりたるみがちな性根が鍛えられ、市場を肌で感じ、チャンスを直に捉えることができる。そして何よりその成果が現れている。

そう、こうして会社を空けてチャレンジができるのは、社長の植野を始め仲間たちのおかげであることも忘れてはならない。

パーティ会場に戻ろう。

パーティにはメンバーの家族も招待する。毎年その子供たちの成長の早さに驚く。一年でお母さんを見下ろすくらい背が伸びたお嬢さんもいるし、ゲーム大会に負けて泣く女の子に、自分がもらった景品をやさしくプレゼントする4歳の男の子もいた。

一年という時間は、彼らの心も体もこんなにも成長させるのだ。

この場面を脳裏に刻んでおけば、また一年たいていのことには挫けない。いやいや、何があっても挫けない。毎年この至福の時を過ごすために。

12 17, 2016