ブログupdateサマリー

4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」

アメリカ暮らし4コマが週前半、愛犬物語が週後半です。

日本と違う日本料理

   エビフライラーメン。検索してみたら出してるお店が日本にもありました!!アメリカのナゴヤさんも「名古屋? 知らない、、」などとすました顔で言ってないで「天ぷらそば」の名をかたるのもおやめになり壁には豪華絢爛に名古屋城をお描きになり堂々!!金のエビほこラーメン!!を売り出されたらいかがなものか。  ・・・で          ですね。四コマめ、日本でも「他国料理レストラン」にて同じことやってるかもしれない、みたいに書きましたが やっぱり、ちがいますねー アメリカで、東アジア出身の人々がやっている「日本料理店」。とくに田舎の方では、日本人経営のレストランよりも圧倒的に数が多いと感じます。 そこで供される日本料理は、日本の名前をつけてはいるけど日本のものとは別(しかもお味などが雑)だったりー用語としても「みそ」と「しょうゆ」が入れ替わっていたりー というのを経験しました。 なのに、いわゆるアメリカ人にとって彼らは日本人に見えるから、それが「本当の日本」だと思い込んでしまう。 彼らも、そんな見た目を強みにしている。 自国料理店よりも「日本レストラン」のほうが値段を高くしてももうかるので、転身するお店が増えているという記事も読みました。 アメリカで「日本」が人気を得るのは嬉しいし、ありがたいけれど、そこにはほのかな苦さと悲しみが入り混じってしまうのでございます・・   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

なでしこさんの検討結果・・

   いやー、けっこう無いものですネ 日本レストランで脂っこくないものって ・・・え?? みたいなことが普通なのがアメリカっ♪ でもなでしこアキコ、がんばってメニューを読み込み選びましたこのいかにも和!! 和でしかありえぬ「天ぷらそば」!! 明日に続くのでございますっ   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

名古屋を知らないナゴヤの

  三年前、オクラホマのとある街。 なにか脂っこくない食べ物を求めていたわたくし。大学近くのKYOTOではなく、まちなかにあたらしくできたらしいNAGOYAへ入ってみたときのことです。 つづくう  ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。 

第十一章 九月・おちょんぷタイム

 第十一章 九月・おちょんぷタイム   夏(なつ)は、なかなかおとろえず、しゅじゅつのあとのピピにはつらいまいにちでした。 でもピピは、びょうきのとき、けっしてなきごとはいいません。 おなかのなかの内臓(ないぞう)をとりだされたばかりで、きずぐちはいたみ、うごくたびぐあいがわるいはずです。 でも、ピピは、だまってなつののこりをすごしていました。 にわにつくったあたらしいフェンスは、もう生理(せいり)のないピピにとって、ひにくなかこいでした。それでも、このなかにいれば、ピピはひもでつながれずにすみます。 ピピは、フェンスとばらの木のあいだにできたせまいすきまの、しめったばしょにからだをいれて、あつさをしのぎました。ほかには、かってぐちのつうろのいちばんおくの、湯(ゆ)わかしボイラーがたつ、ひんやりした土間(どま)でも、からだをよこたえました。 ・・ぴた ぴた ぴた・・・・ どこかの管(くだ)から、水のしずくがおちて、ちいさなみずたまりをつくっています。「ぴぴき、おみみがぬれるよ・・」 わたしたちがちゅういしても、ピピは、そこからうごきませんでした。      そんなふうにじめんのうえですごすので、ピピがきているパジャマは、すぐによごれました。もめんはのびちぢみせず、うごきにくいし、まえあしをいれたあなはきつそうです。 しゅじゅつから二日(ふつか)たったひるま、ピピは、ちょっとこっけいでもある、よごれたパジャマすがたで、母とさんぽにでかけました。 わたしは、ピピをきのどくにおもいましたが、ほんにんはさほどきにせず、「ひさしぶり」の「そと」にしっぽをたて、たのしそうにでていきました。 ゆうがたには、しごとをおえたわたしも、ピピをくるまにのせ、そうげんへでかけました。くるまにのせたのは、きゅうにあるきすぎないほうがいい、とかんがえたからです。   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。 

わたしをみたもの

  こうして、パジャマすがたになったピピは、わたしのくるまで家路(いえじ)につきました。 うちのガレージにはいるまで、ピピは、ずっと、おとなしくしていました。 くるまからおりると、あるいて、げんかんアプローチにつづくかいだんを、じぶんの足でのぼります。(わたしは、ピピをだいていこうとしましたが、だかれるのがきらいなピピに、むしされてしまいました。) そうして、かってぐちのそとにあるねばしょにつくと、ピピは、いらいらと、まえあしでじめんをかきました。(はやく、よこになりたい!) ピピのきもちをきいたわたしは、あわてて、すのこのうえにバスタオルをしきました。いつものねばしょは箱(はこ)で、ジャンプしないとはいれないから、じめんからすぐにでいりできる、ひくいすのこをねどこにしたのです。 ゆうごはんは、ピピは、おにくをひときれだけ、たべました。びょういんでもらったくすりを口にいれると、 ぺっ! と、はきだしてしまいます。でも、ぜんたいてきにはまだますいがぬけず、ピピは、 とろん・・ としていました。     ピピは、それから、ずっとよこたわっていました。ぴく、とも、うごきません。 わたしは、そばにしゃがんで、ピピをみおろしました。 すると、ピピが、わたしをみたのです。かおもよこたわっているので、かためだけで、わたしをみました。 その目には、いつものやさしさや、たのしさ、いじらしさは、ありませんでした。けんかするときのいかりや、いじや、つらさや、かなしささえ、ありませんでした。 その、無表情(むひょうじょう)さに、わたしは、がくぜんとしました。 ・・・遺伝子(いでんし)が、わたしをみている・・・・ それは、これかぎりで絶(た)たれた、ピピの遺伝子でした。 ピピという存在(そんざい)は、生命(せいめい)が、何億年(なんおくねん)もけっしてとぎれず、はるかなむかしから、ここまでつづいてきたということでした。 綿々(めんめん)とつなげ、これからも、のびようとしていたもの。 それは、ピピとわたしのきずなや、ピピじしんの感情(かんじょう)からも、はなれていました。 わたしは、このような「怒(いか)り」に、はじめて触(ふ)れました。 遺伝子に射(い)られ、わたしはそこにじっとすわって、いきをのんでいました。   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

それでもかわいいかおを

  ピピは、朝にわかれたときとおなじ、しんさつだいの上にすわっていました。 でも、今のピピは、あおいプラスティックのおおきなえりをつけています。これは、しゅじゅつのきずを、じぶんでなめないようにするためでした。「おもったより、げんきでしょう?」 おいしゃさんが、あかるいこえでいいました。「はい」 わたしも、あかるくこたえました。 だけど、ピピは、ふるえて、よだれをたらしていたのです。まだ、ますいからすっかりさめてはいないのでした。ますいの影響(えいきょう)で、吐(は)いたりしたとも、ききました。 そんなぐあいだというのに、ピピは、わたしをみて、うれしい、かわいいかおをしていました。     しんさつだいでは、それからすぐ、ピピのあおいえりははずされました。おいしゃとかんごふさんが、パジャマをつくりはじめます。ピピのおなかのきずぐちには、ガーゼとばんそうこうがはってありますが、このパジャマをきせると、じかになめたり、くわえたりできないのです。 パジャマの布(ぬの)は、さっぱりとしたもめんで、白地(しろじ)に、ピンクとうすちゃいろのしまもようがはいっています。その布を、まず、しかくにきります。それから、あなを、よっつあけます。よっつのあなに、ピピの手足をよんほん、それぞれいれて、布のはしを、せなかであわせます。そこにちいさなあなをまたいくつかあけて、ほそくきった布をとおし、むすびます。 いぬの胴体(どうたい)は筒(つつ)のかたちをしているので、これだけで、ちゃんとそでなしパジャマになるのでした。 「パジャマは、さいてい三日(みっか)はきなければなりません」 おいしゃがいいました。 一週間(いっしゅうかん)たてば、かんぜんにぬいでいいのです。 二週間で、抜糸(ばっし)の予定(よてい)です。抜糸、というのは、しゅじゅつできったひふをぬいあわせた糸(いと)を、抜(ぬ)いてとりさることです。   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

なぜか名古屋@オクラホマ

  そのあたりのレストランのメニューは、アブラとかクリームとかとにかくこってり系しかなく、メニュー説明を真剣に読み込み(アセ)材料に野菜を見つけても、どれもみなドップリの揚げ物で、その油量にわたくしおゲ●になるほどでした。 せっかくヘルシーなものを、わざわざ不健康につくりかえるのがアメリカらしいっちゃアメリカらしいのですが わたくしもう文字通りの「食傷」でございました。 そこで見つけた、どうやらその町で二番目にできたっぽい日本レストラン、NAGOYA!!ナゴヤ行こうナゴヤ!!! つづきますう   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。 

ローンも税金も払わず・・

  小さな家と土地ゆえ当然低めの価格に喜んでオファーを入れたら 「んとネー、これまでの未払いローン利息と滞納税金もボクの代わりに払ってほしいのそれって家の値段超えてるから全部で二倍お金がかかるけど夜露死苦哀愁(←そーゆー世代ですわたくし)♪」 なんて告白されるんですから・・・・これにつきあわされた不動産エージェントさんも買い手さんたちも、時間とエネルギーを多いに無駄にされ大迷惑!!だったことでしょう。 ウチだって、ボブがわざわざ遠くのコアな役所まで出かけて真相を調べてきましたし、、  というわけであらためてネットで確認してみましたこのおうち。 ここ数年はすっかり鳴りをひそめていますが、それまでの10年間でなんと21回も売りに出しては引っ込めていたア!!「持ち主」は今も変わってません。 そんな人生おくってるこの男性の神経って、すごい。 てゆうか 何年たっても差し押さえにも競売にもならない(普通はなる)のはアメリカの天国さかげんなのかいやじつはもっと深い秘密のカラクリがあるのか やっぱり、ナゾのおうちなのです。   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。

ボブリーナ、家の謎をレポする。

   そーいやさいきんボブリーナを描いてないなとフイに思い、フイにレポーター仕様に・・・ つか家買って 「スグにローン払うのやめた」っておっさん!!! ・・つづきまする・・・・・   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。 

英語マンガ第13話「賢いドライバー」アップしました

文字がモジモジお顔になりますMojiFace in America Smart Driversをアップしました。(↑おくりっくで英語マンガブログへ) アメリカでの車の運転。左右反対の鏡モンダイだけではなかったあ・・・   ↓応援のおくりっくをいただけるとうれしいです。 
4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」」ブログは「4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」」さんの著作です。 上記は 2017-08-22 17:45:04 にキャッシュした内容です。 そのため、このページは最新版でない場合があります。 最新版はこちらです。

アップデートランキング

4コマ漫画「アメリカは今日もアレだった」 1日2.3回のペース
羅府散歩 1日1.7回のペース
VC社長日記 1日0.7回のペース
まるごとOC生活〜見て、感じて、オレンジな生活☆ 1日0.4回のペース
TAEKOのOCへいこう!ブログ 1日0.4回のペース
肉警部ログ 1日0.1回のペース
Californiaごろごろゆるゆる日記 1日0.1回のペース
Californiaごろごろゆるゆる日記 1日0.1回のペース
■ IRVINE/OC /LA/南カリフォルニア 雑記帳 ■ 1日0.1回のペース
アメリカ暮らしのファイナンシャル・プラニング Smart&Responsible 1日0.1回のペース
NetHeroの「今は昔」 1日0.1回のペース
アメリカで、フルタイム主婦 1日0.1回のペース