カレンダー

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

what's new

込山洋一

Lead from behind

この金曜日と土曜日の二日間、シアトルからサンディエゴまで各事業部のリーダーが集まって、サンディエゴ郊外でマネージャー研修をした。

昼間はこってり濃密な研修。夜は時計の日付が変わるまで、絨毯の上に車座になって酒を酌み交わした。

彼らがどんどん愛しくなる。

今回僕は新たな覚悟をした。

最初から完成品のリーダーなんていない。

僕ら経営陣が、彼らの思いや能力を最大限に発揮できる社内外の環境づくりにより注力するのだ。

同時に、これまで以上に、ジャッジの精度を上げて、失敗をさせてやれる度量、成長を待つ忍耐を持たなくてはならない。

Lead from behind

彼らリーダーが、権限と裁量と責任を持って、ひとりひとりが経営者として、主体的に事業に取り組んでいく。そんな新しい経営へと舵を切る。

彼らとメンバー、ライトハウス、日系社会、ローカル社会、クライアント、そして僕自身。これからもみんなで成長し続けたい&成長し続けましょう!

01 13, 2014

2014年の抱負なのだ

1月5日、日曜日の午後。

年末年始は、萩の施設で暮らす父親の具合が悪くなり緊急帰国していた。

弟と、身体を洗ったり、足をさすったり、身の回りの小さな世話くらいしかできなかったけど、大きな治療が始まる前に飛んでいって良かった。

意識が朦朧となる中、昔のアルバムを見てわずかに笑った父。

病院のベッドでの別れ際、どこにそんな力が残っていたのかと思うくらい強く握り返した掌。

やがて迎える別れを予感しながら、短いけど、濃密な時間を過ごせた。

帰りの飛行機に乗る頃には、今年もバリバリ働いて、目一杯世の中の役に立つことが一番の親孝行だと、急速に気持ちが前向きになった。

そしてこの週末。

早朝に自転車で走り、ジムで汗を流し、書斎で構想を練る日常がまた始まった。

今年は特別な一年の始まりだ。

今月で創業25周年。

僕はほぼ社会人経験が無いまま23歳になる直前に起業した。

ちょっと時間をかけ過ぎたけど、これまでが地下に根を張る「助走」の25年なら、これからの25年は地上で大暴れする「飛躍」の25年にしたい。

そろそろ離陸せねばならない。

そして絶〜対に、なにかひとつでもふたつでも、特定の分野でアメリカを代表する会社になる。

そんな思いを新たに、この週末は今年の抱負をまとめた。

全部で企業編、姿勢編、健康管理編、視野を広げる編の4つ。

まず最初は企業人編。

・50年の経営人生の後半戦25年の始まり。助走の25年から飛躍の25年へ

・事業を通して、世界に暮らす日本人の人生の選択肢を増やし、到達点を高める

・地球に存在しないone and onlyの事業を創造する

これからは、ローカルにしっかり根を張りながら、世界にもキチンと目を向けていきたい。

その次に姿勢編。

成長過程で合理化を進めても、大切なものを削ぎ落してはならない。

成功するほどに、謙虚で誠実でありたい。人間くさくあったかい集団でありたい。

だからこそ今、僕自身が創業当時の「フットワークが良くて、愚直で、マヌケなコミヤマくん」に立ち帰ろうと思う。

・義理と人情に生きる。

・直接「会う」こと。

・人に「尽くす」こと。

・己を「さらす」こと。

僕はすぐに慢心したり短気をおこすから、これを会長室や便所に貼って、一日3回くらい戒めるのだ。(僕のまわりの人で、横に逸れているのに気づいた人は、カレンダーを丸めて3回思い切り叩いてください)

続いて健康管理編。

これが侮れなくて、良いジャッジや粘り強い仕事は、頑健なボディと前向きな精神をもって実現できる。

風邪や虫歯一本で、弱気になったり億劫になるのが人間だから、経営者は健康であることも大事な仕事なのだ。

そう、今年も身体をしっかり鍛えて、脳みその不足を補うのだ。

ということで、

・自転車 必達目標1800mile/努力目標 2400mile走破
 (週末サンディエゴ往復150mile x 6本、朝練10mile x 120日、ツーリング300mile)

・ジム 必達目標 50回/努力目標 80回

・腹八分、酒半分、万事に足るを知る

去年立てた目標で、真っ先に挫折したのが、セットメニュー(ランチ)と夜食の断絶だ。

ラーメンにミニカツ丼をつけたり、半チャーハンを頼むような甘い自分には2013年でさようならなのだ。飲み会の〆にラーメンを誘われても、「先を急ぐもので」ときっぱり断ろう。

自転車は昨年に続いて2400マイル(3840キロ)走破を目指す。

最後に、視野を広げる編。

・週1冊の読書

・行ったことのない国、街に遠征する

忙しい毎日だからこそ、本を読み、行ったことのない国や街に行って視野を広げよう。まだ見ぬ誰かに会って話を聞こう。

それが、この世にない事業のタネとなり肥やしとなる。

そんなことを思案しながら、明日からの仕事始めに備えている。がんばろっ!

それではみなさん、今年もどうぞよろしくお願いします!

01 05, 2014