カレンダー

2007年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

what's new

込山洋一

まちぶせ

日曜日の朝。息子の剣道の試合がある大会会場から。

出張のない週末はほとんど運転手状態だ。たいへんではあるけれど、おかげで忙しい日常の中に親子の接点ができるから、シアワセでありがたいと感謝している。

送り迎えで生まれる車内の時間は、コミュニケーションの機会であり、(自分のことは棚に上げておいて)人として、大人として、男として、大切なことや身につけてほしいことを伝える「親子の授業」だと思っている。本人はわかっているのかいないのかミラーの中で一応は頷いている。

子どもたちには多くを望んではいけないと思っている。ただ、健康でやさしく、世の中の役に立つ人になってくれたらそれ以上のことはない。
彼らに伝えてやれる時間も永遠ではない。そのわずかな宝物のような時間を大切にしたい。

自分の話をしよう。先週は頑張ることができたという話を書いたけど、金曜日の夜にはオマケもついてきた。

半年ほども前だろうか。同じ日本語情報誌を当地で発行する「LA LA LA(ラララ)」さんと、(古紙回収業者に出すために)無料誌泥棒をしているJを深夜に待ち伏せして捕まえた話を書いた。

あれからしばらくは落ち着いていたのだけど、先週「最近雑誌が減るのが早い、どうやらJがまた懲りずに泥棒を再開したようだ」という連絡をラララの瀬尾さんからもらい再び待ち伏せることになった。

「待ち伏せ」と言えば昔、石川ひとみの「まちぶせ」という切ないヒット曲があった。切ない状況に変わりはないが、だいぶ趣(おもむき)がちがう。甘酸っぱいというより、しょっぱいのだ。

話は「待ち伏せ」にもどる。

屋外の配布は少ないライトハウスだけど、大切な情報誌が盗まれるのを見過ごすわけにはいかない。またそういう真夜中の危険な仕事を人任せにするわけにはますますいかない。

そんなことで、再び金曜日の深夜、制作部長で配布の管理も兼ねる青木くんと二人、ガーデナの某店舗の駐車場で待ち伏せた。

そんな時間帯だから誰もいないと思ったらけっこう怪しげな若者がたむろしているのですね。そのモールの通りに面した24時間のカフェに。ブラザーって感じ。ヤな感じ。

ボクらは目立たぬよう、若者たちが駐車する車に紛れて、後部座席で身を潜めていたんだけど、車のまわりを行き来したり、立ち話をする眼光鋭いブラザーの方がよっぽど怖かった。キミたち早く帰って寝ろって。

青木くんなんか「何があるかわからないんで、クレジットカード以外、キャッシュやATMカードは置いてきました。クレジットカードは停めたらすみますからね」だって。それ正解。

そんな危険も隣り合わせだけど、青木くんの奥さんが用意してくれた温かいお茶やおにぎり、味噌汁をいただきながら、お尻の時間を気にすることなく仕事の話ができるのはありがたかった。

最近加入した新人メンバーの様子、全体の作業の流れ、設備投資の必要性、人事まわりの話等々、たっぷりと深い話をすることができた。思わず毎週張り込むのも悪くないと思ったねえ。(ウソだよ、青木くん)

ラララのみなさんから時々入るケイタイで情報交換しながら午前4時40分まで待ったけどその日は雑誌泥棒が現れずに解散。もちろん、それで安心できるはずもなく張り込みは持ち越すのであった。(ホントだよ、青木くん)

09 30, 2007

来年の誌面に乞うご期待

来年はライトハウス創刊20年目。

派手なパフォーマンスが苦手な会社だけど、基本に立ち返り、ロサンゼルス、サンディエゴ版ともに、骨太な特集や、斬新でチャレンジな企画の投入、兄弟会社のLCEとのコラボ企画を積極的に試みたいと思っている。

世界中どこを探してもないくらい、役立ち、面白くて、元気が出る情報誌を創るのだ。

そんなことで先のブログにも書いたけど、編集長の川嶋くんや幹部、サンディエゴ責任者の大野くんを交え、(ボクを含めた全社員、読者モニターから集まった数百本の特集企画案をもとに)来年どういう特集や連載をやるか、侃々諤々(かんかんがくがく)議論をしている。

来年のライトハウスに更なるご期待をください。

09 29, 2007

思いも新たに

土曜日の朝7時5分、息子のサッカーの試合で南パロスバーデスのグランドにいる。

息子と一番乗りしたグランドには、眼下に広がる太平洋のひんやりとした空気がそのまま運ばれてきて、遠くにカタリナ島がのぞめる。

昨晩は2、3時間しか寝る間がなくって思わず両手を伸ばして大あくび。

出張から帰ってきて一週間、まず全力で頑張った。

実は出張で日本に行っている間に、(昨年1月からボクが学ばせてもらっている)京セラの稲盛さんが主宰する経営道場「盛和塾」(盛和塾USA http://www.seiwajyukuusa.com/)の全国大会に参加させてもらった。

そこには全世界で学ぶ塾生4000名のうち、1800名の経営者が京都の国際会館に集まり、二日間に渡って、(塾生の中から目覚ましい業績を上げた)経営者の経営体験発表や、稲盛さんの講演、塾生との交流を通して、刺激を受け、多くのことを学び、決意し、思いを新たにそれぞれの地に帰っていく。

ボクの理解する盛和塾の教えは「利他の心」で、「全従業員の物心両面の幸せ」と「事業を通して、自分を磨き、世の中を善くすること」に集約される。

オフ会では全国の塾生と酒を酌み交わし、お互いが抱える悩みや課題について腹を割って語り合う。ここでは自分を大きく見せたり見栄を張ることがどれほどつまらぬことかみな知っている。

大成功してもなお謙虚に日々精進する経営者たちと交わると、ボクのように(屈強なカラダ以外)才能も何もない人間が、(ましてハンデのある移民で)異国の地で立派な仕事をしようと思ったら、うんと頭と神経を使って、人の二倍も三倍も真剣勝負で取り組まなくては事を成せるわけがないと気づかせてもらえる。

頑張らんといかん。ようし、いっちょ誰にも負けんくらい頑張ろう。

そう決めてアメリカに帰ってきた。

まずは小さなことから、当たり前のことから始めよう。思いつくところで、今週は一日も欠かさず、朝7時過ぎには会社に一番乗りして仕事に向かった。

そしてひとりでできるメールの返信は出社の前か直後にできるだけ片付け、9時からの始業時間前に、勉強会や少人数の企画会議を入れた。また始業時間から夜の会食までの間は主に幹部との会議や来客対応、メンバーからの報告連絡相談&ジャッジに費やし、一切の無駄な時間を過ごさぬよう心がけた。
(しかしながらうちにはこのくらい頑張ってるメンバーがザラにいる)

ジムに行けない分は、移動は一階から三階の間を走ったり、一段飛ばしで移動した。新人や来客と鉢合わせるとギョッとびっくりされたけどね。
(うちには他にそういうメンバーはいない)

会議が押して次の来客まで3分しかなくて弁当を水で流し込んだり、熱い蕎麦にコップの水を入れてかき込みながら「いいぞいいぞコミヤマくん、その調子」と心で笑った。

すぐに自分を甘やかし、自己評価の甘いボクだけど、こういう一週間を1000回20年続ける事ができたら、きっと大きな仕事ができると信じている。そう、自分の未来から信じてみよう。

09 29, 2007

ヨーイドン

今朝もオフィスに一番乗り。

体質が変わったんじゃなかろうかと思うくらい体調が良い。

時差ボケもほとんどなくて、目覚ましナシで5時半過ぎにはパッチリと目が覚める。

メールのチェックをして、日本の高畠と電話で打合せをしてから、湯気ののぼるご飯と味噌汁をいただく。

娘を学校に送ってオフィスに着いたら、まずコーヒをいれる。それからプラントに水をやってまだ7時20分。そろそろ起きた頃の息子に電話をして一声かける。

それから、今日やるべき25本のTO DO LISTに、目標通過タイムを記入してからヨーイドン。今日も最高に充実の一日にしたい。

09 25, 2007

朝のオフィスから

月曜日の朝7時10分。オフィスから。

「誰にも負けない努力」の一環で、まず毎朝会社に一番早く乗り込んで仕事に取りかかることにした。早朝のジムは封印。

西村くんや石山園子ちゃん、滝井くんが7時半前後には来るから、娘を学校に送ったらその足でまっすぐ会社に来よう。

さてこの週末の話。

ソフトボールの秋リーグ開幕戦は、チームライトハウスが、初対戦のデスヘッドを相手に、27−7の5回コールドゲームで快勝した。

メタボ系安打製造機で編集長の川嶋は取材、エースで4番の田山父ちゃんは肉離れ、好打者のとしさんと西村くんも欠場で、ベストメンバーとはほど遠いラインナップだったけど、その分残ったメンバーが奮起した。

仕事を離れて上司も部下もなく、丸いボールを追いかけるのは大切なコミュニケーションの機会だ。

会社の行事でいうと、飲み会や慰安旅行も同様。

仕事を真剣勝負でやるのは当たり前。こういう仕事と直接関係のない場も同様に本気でやらなくちゃならないと思っている。

それを疎かにしたり、シラケている人間で、成功したり活躍しているやつを見たことがない。

とくに管理職ほどそういう真剣さが求められる。遊びごとでも本気でできない人間、言い換えると、部下たちの前で心の鎧(よろい)を捨てて、裸(心のことね)のつきあいをせずして、「ワシには心を開いて」と言っても、部下が心を開く訳がない。こっちが裸になるから相手も裸になってくれるのだ。

恥ずかしい過去だけど、昔ボクは会社の慰安旅行を幹部社員に任せて参加しなかった。

「オレ(社長)が来ると、メンバーが気を使うから楽しんでおいで」と気の利いた風なことを言っていた。

今思えば、他でもないボク自身が社員と距離を置こうとしていたのだ。もっと言うと、仕事にも、社員にも、「愛」が足りなかったのだ。

そう。人数は今よりうんと少なかったのに、むしろ昔の方がベクトルはバラバラだったのだ。それは当時のメンバーの問題ではなく、ボクの心のありようや、リーダーシップの欠如が原因だったのだ。

幸いにも今、ひとりひとりの経験や技術はまちまちだけど、みんな素直で心根の優しい一生懸命なメンバーが揃ってきた。

この2つの集団をシアワセに導くことができなかったら経営者として、人間として許されないだろう。管理職のメンバーも同様。心血を注いで経営に取り組まなくっちゃならない。

はてさて。ボク自身は4打席で1フォアボール、ホームランとヒットが1本ずつでまずまずのスタート。打って投げて走れる社長を目指す。

09 24, 2007

自宅で迎える週末

久しぶりに自宅で迎える週末。

玄関や中庭のドアを開け放っておくと、早朝から小鳥のさえずりが賑やかだ。外に出て深呼吸するといつの間にか、ひんやりとした朝の空気が体中を満たす。なんて澄んだ空気だろう。

昨日一日でなんとか出張の整理ができた。これを明日から担当者とカタチにしたり、システムに落とし込んでいかねばならない。国内外の外部の人や会社と、チームを組んで進めていくものも多いので、最初の仕切りも肝心だ。時間は有限。誰にも負けない努力で取り組みたい。

さてさて、今日は11時からソフトボールの日系リーグの開幕戦。
春のリーグを全勝優勝で飾ったので、他のチームからのマークもキビシイ。みな打倒ライトハウスで来るので気合いを入れて戦いたい。

では行ってきます。結果は後ほど。

09 23, 2007

久しぶりの家族との時間

午後10時半、空が時々雷で明るくなるくらい勢いよく雨が降っている。
雨が少ない一年だから植物はさぞ喜んでいるだろう。

今日、日本から帰って来た。

詳しい様子は改めて書くけど、お昼に博多を発ち、成田を経由して一日がかりで帰ってきた。

会社に寄ってメンバーの顔を見たらそのまま帰宅して、出張の荷物の整理(すぐにやらないと落ち着かない)と、急ぎのメールの返事を書いてベッドに沈んだ。

熟睡しているカラダの上を帰ってきた息子が飛び乗って抱きついた。朦朧(もうろう)としながら抱きしめ返すのだけどそのまま意識が消えていく。

夕方目が覚めてヨレヨレとキッチンに行くと今度は娘が廊下の向こうからジャンプで飛びついて来た。

娘は長かった髪を切ってまた少し大人っぽくなった。

夕食は家内が拵えた鍋をみんなで囲んだ。外で食べるご馳走もうれしいけど、家庭の素朴な食事が一番うまい。

娘と息子が競うように最近の出来事を聞かせてくれる。

一昨日、京都で高畠や竹内と出張の打ち上げを肉割烹「安参(やっさん)」でしながら、「永遠のようで子どもたちと過ごせる時間は限られている。どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、子どもとの時間、家族との時間は大切にしたいよなあ。人生のゴールデンタイムだよ」としみじみ語り合ったのを思い出した。

LCEの幹部はみんな(ボクを除く)若い頃はデビルマンだったけど、反動が大きかったようで、みな人一倍家族思いで良いお父ちゃんだ。ホントに家族を大切にする。

夕食後は、娘の日本語補習校の宿題をいっしょにやった。

清の時代の末期についてレポートするのだけど、インターネットで調べながら、イギリスとのアヘン戦争に至る経緯や、その後の不平等条約「南京条約」までの流れをいっしょに勉強した。

わかりやすい言葉にボクが置き換えるのを、娘が答案用紙に書き込む横顔を眺めながら、この時間が100年続いたら良いのにと思ったけど、娘は来年3月で日本語補習校は卒業してしまう。

出張から帰ってきて、たまっていること、新しく取り組むこと、やりたいことが山のようにあるけど、こういう小さな時間も大切に生きたいと思った。

さあ、明日からまた猛烈に働こう。そして仕事も、家族も、もっともっとていねいにつき合っていこう。

09 21, 2007

残暑の京都から

9月18日。日本は日中まだ30℃を超える残暑が続いている。

事務所がある四条烏丸のホテルからぶらぶらと朝の散歩にでる。

大通りから一本入った小径では、多くの家やビルの前で打ち水をしていて、その上を歩くといくぶん涼しいような気がした。ふと、子どもの頃の、近所の人たちと近かった夏の風景を思い出した。

交差点ではボランティアのおじさんが黄色い旗で小学生が道を渡るのを笑顔で助けている。30数年前の高松の交差点で、今もよく覚えている日焼けした小さなおじさんに、毎朝大声で「おはようございます」と言っていたけど、「ありがとうございます」が言えなかったような気がした。

帰国まであと3泊。
慌ただしくも収穫の多かったこの一週間を振り返りたい。

9月12日。

LCE役員の竹内の同行で、飲食系の人材業と、自らも飲食チェーンを手がけるL社のK社長と面会。早ければ年内に、同社が日本の飲食業の経営者を集めて米国での出店のための視察話が進む。

人種を問わず、事業を通して個人や企業が世界中で活躍できる世の中を創ること、そしてこの日系社会がもっともっと活性化拡大するために、日本からの進出や投資、起業や雇用を生むことはボクのミッションだ。

2つ目のアポイントも竹内の同行で、経済産業省の肝煎りで数年前に生まれたベンチャー支援サイト「ドリームゲート」www.dreamgate.gr.jpの松谷社長を訪ねる。同サイトは40万人の会員起業家とその卵のための情報支援を通して毎年1万件以上の会社設立を助けている。

竹内のパイプの強さで、ライトハウスやLCEが、アメリカでの起業ノウハウや進出のための情報支援、国内外での研修、進出のコンサルティングをサポートする方向で話が進んだ。この話が具体化すると、今後のアメリカへの進出や起業のハードルをうんと低くすることができるだろう。でっかいプロジェクトになりそうだ。

お昼の会食は、青山のシティクラブで、若手経営者のOさんと。

ここは会員制のクラブで、プライバシーが保てるのと上質のサービスが受けられるので都内での大切なミーティングによく使う。

Oさんは、ボクの教育事業の助けになるように、日本で最大手の学習塾の企画室の方を連れて来てくれた。同社のクライアントでもある私立の高校や中学250校に、LCEの教育研修を推薦してもらえるようお願いする。次回の出張時に同社社長をご紹介いただくことに。

もう一本、新宿で営業同行をして帝国ホテルにもどる。会食までの時間、シャワーを浴びてメールのチェック。出張中はどうしてもメールの返信が遅れがちになる。

この日は、日本を代表する弁護士で、日本の大学協会の顧問を務めるT先生と帝国ホテルのフレンチ「ラセゾン」で会食。

早めに行って、T先生に喜んでいただけそうなコースと、それに合うシャンパンとワインを、予め店の人に相談して決めておく。もちろんワインはわれらがカリフォルニアワインで。

久しぶりにお会いするT先生は終始ご機嫌でたくさんのアドバイスをくださる。「一にコンテンツの充実。二にしっかりとしたマーケティング。三つ目は効果的なPR。あなたのところはPRが弱い。新聞やテレビ、業界紙にもっと取り上げてもらうように工夫しないと。いくつか私が推薦しよう。紹介してほしいところを言ってご覧なさい」

まわりの人は大御所の顔色に右往左往するけど、ボクは、先生の残りの人生の長さと偉大な功績を考えると、知恵や人脈をしっかりと継承して世の中に役立てるのが一番と、半ばあつかましく遠慮のないお願いをしたり甘えたりしている。このご恩は、ご健在のうちにボクが成功することと、次世代に貢献することだと思っている。

T先生と別れ際に両手で握手をした次の日、「昨日話したうちで、すぐに実現してほしいことを(高畠と)3つずつ書いて返信しなさい」と温かい言葉をいただいた。ご期待に必ず応えたい。

そうそう、「ラ セゾン」では最高のサービスと料理で完璧な接待のバックアップをしてもらった。いつかカミさんを連れて来てやりたいと思ったけど、果たしていない約束が100くらいあるので黙っておくことにする。

9月13日。

帝国ホテルに勤めるAさんと朝の会食。10数年前にアメリカ事務所の所長だったAさんは帰国後もまっすぐ出世の道を歩み、今では経営の中枢で活躍している。毎回の出張でのちょっとした近況報告や情報交換の中から学ぶところが多い。とくにブランディングはヒントが盛りだくさんだ。

それにしてもお互いに責任がどんどんと重くなっていく。毎日が勉強だ。勉強しても勉強しても追いつかない。「お互いに頑張ろう」と強い握手で別れる。

午前10時から夕方まで新宿の事務所で役員会議。途中で元東京大学の副理事でLCEの顧問を引き受けてくださっている竹原さんが合流。

経営やPR戦略について様々なアドバイスをくださる。竹原さんもまたボクがもっとも尊敬する人物のひとりだ。

夜は、お世話になっているOさんの招待で新橋の「金田中」で会食。後で聞いた話だと、一見を受けない同店は長い歴史の中で財界や政界の人たちに愛され、勘定の方も一流でひとり20万円近くもするらしい。牛丼の並が600杯分・・・。そういう計算をしてはならない。

さて、一代で業界を代表する会社を育て上げ、今では夫婦で悠々自適の隠居生活を送るOさんもまたボクを応援してくれる大先輩で、時々お会いしては経営から遊び方までたくさんのことを教えてくれる。遊びも下品なそれではなく、なにをやっても粋でスマートなんだな。

たくさんの企業の売買も手掛けてきたOさんは、甘っちょろいボクに、ビジネスについての考え方や、時には駆け引きのコツをアドバイスしてくれる。そして様々な業界のキーマンを紹介してくれる。本当にボクは人様に恵まれ過ぎている。

芸者さんにお酌をしてもらいながら、ボクはむしろOさんのスマートな会話のやり取りに目を凝らして、そういう席でのホストの振る舞いを学ばせてもらう。

長唄小唄からオペラ、旅や歴史の話まで実に幅広い話題を楽しくわかりやすく、そしてその場のみんなが楽しめるように気配りしてくれるのだ。その縦横無尽に広がる話題にしっかりとついてくる芸者さんたちの教養と機転にも舌を巻いた。

Oさんにはまた世界を広げてもらった。

09 17, 2007

出張6日目の朝

東京の空は薄曇り。帝国ホテルの窓からは新幹線が行き来するのが見える。
あの数百メートルはあるだろう長い車両が、時速200キロを超えるスピードで千人単位の乗客を運ぶのだから開発した人たちは凄い。

凄いと言えば、自動車だって、インターネットだって、飛行機だって、医療の技術だってみんな凄い。世の中には「凄い」がいっぱいある。人間は実は「凄い」チカラを持っているんだ。

日本に来て悲しくなるのは、毎日のように繰り返す陰惨な事件や事故を、そこいら中でマスコミが悪意を込めて垂れ流すこと。

テレビや雑誌、夕刊や電車の中吊りに至るまで、誹謗中傷や妬み、犯人探しの言葉やコピーが躍る。背中から流れてくる、安倍首相の辞任表明についてシタリ顔で語るコメンテーターたちの言葉に気持ちが悪くなってリモコンのスイッチを切った。

電波やペンの人たちはどうして「評価」する側に回るのだろう。本来、影響力のある尊い仕事なのにどうして世の中の「創り手」「担い手」にまわらないのだろう。

今日で出張6日目。東京は3日目。
いろいろな方のおかげで出張自体はとても順調に進んでいる。

今朝も5時にはスッキリ目覚めて、たまったメールの返信をして、副社長(ライトハウス)の片山との電話会議でいろいろ決めねばならぬこともスピード決裁した。24時間、濃密で気持ち良い。

おっとそろそろ朝の会食。また東京の様子を書きたい。

09 12, 2007

日本から一本目

今日で出張4日目。

9月11日、京都のオフィスから。
今朝の京都は青空に爽やかな風が気持ち良い。

昨晩は、ライトハウスキャリアエンカレッジの顧問の蔵野さんの招待で、パートナーで社長の高畠、役員の木田とともに、(オバちゃんとキレイな娘さんがやっている)実に庶民的なお好み焼きやでご馳走になった。

よく出汁(ダシ)の沁みたおでんや、葱とスジ肉たっぷりのお好み焼きをみんなで突つき合いながら夢を語って飲むのが美味いこと。

みんな運動部の学生のようによく食べ、よく飲み、それで勘定は4人で12,000円。感動してしまった。

もう一件、寄り道したかったけど、出張序盤戦なので真っすぐホテルに直帰して今日からの東京シリーズに備えた。楽しい時間も腹八分。(おかげで今朝は絶好調で時差ボケなし)

今朝、ホテルからオフィスに向かうタクシーでは、「こういう天気は気持ちええでっしゃろ」という運転手さんの投げかけに始まって、奥さんの妹の娘のご主人(限りなく遠い・・・)の仕事での活躍ぶりや月給、ボーナス、住宅手当まで詳細を教えてもらった。またその家庭の教育熱心ぶりや運転手さん自身の教育観(勉強するなら英語で学べ等)に至るまで、810円分の距離でそれは朝から盛りだくさん。なんかついてるかも!?

これから東京に向かう。来週金曜日の帰国まで空いているのは、この金曜日の朝と、帰国日の朝の会食の時間帯のみ。あとはいっぱいに埋まったよ。ありがたい。

09 10, 2007