カレンダー

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

what's new

込山洋一

親の心子知らず

土曜日の朝のスタバ。出張がない時は朝4時過ぎに起きて、娘をロングビーチにあるスケートリンクに送り届けるのがボクの役割。

近所のスタバの決まった席で、決まったコンセントをつなぎ、決まって一週間の数字の振り返りをここでする。

剣道の稽古でカミサンと息子がいない昨日(金曜)の夜は娘とふたりで夕食を囲んだ。

来年から大学に進学する娘にとって今は最後の追い込み。10月のSAT2200点を取るんだと勉強机で寝込むくらい毎晩遅くまで頑張っている。

一発勝負の日本の受験と違って、アメリカの大学入試は、(私立か州立かで傾向は異なるものの)SATテスト、学校の成績、論文、これに学業以外の活動も加味される総合評価で決まるようだ。

学外の活動といえば、娘はいらなくなった古着を集めて、子どもの施設に寄付する30人ほどのサークルのプレジデントを務めている。

今度みんなでパンを焼いて届けるというので、地元のスーパーも巻き込んで材料をドネーションしてもらい、地元の新聞社にコンタクトして取材してもらったらどうだとアドバイスしたら娘は目を輝かせた。

「パパ、そのこと詳しく聞きたいから一回時間作ってね!そんなこともできるんだね」

娘に頼りにされるのはうれしいもんだ。

「ところで東(海岸)の大学も良いかなと思うんだ。大学院は西(海岸)に戻ってこようと思うけど」

「がーん」

最近までカリフォルニアの大学に進学すると言ってた娘に微妙な変化。

すでに東海岸のいくつかの大学から、申請料も論文も免除するからウチにおいでよと声がかかっているらしい。

こうして食卓を囲める時間もあと僅かなんだと急速にしぼんでいく心。

「まあ自分の行きたいと思うところに行くことだ」

心とは裏腹なことを父親の顔で告げるボク。

彼女がオギャンと生まれた時に、こいつと過ごせる時間は長いようであっという間だろうから大切に過ごそう、真剣に向き合おうと思った。

案の定、黄金時代は瞬く間に過ぎ、あと1年もすれば親元を離れていく。

出張から帰ってくると飛びついてくるはずの娘がいないとボクはどうなるんだろう。

親が子を想う気持ち。

ただただ元気でいてくれたらありがたい。それ以上望んではいけないと思う。

親の心子知らず、なんだよなあ。

09 20, 2010

盛和塾の全国大会で学んだこと

 横浜みなとみらいのパシフィコ横浜を会場に、ボクが学ぶ盛和塾(稲盛和夫さんが主宰する経営塾)の第18回目の全国大会が終わった。

稲盛さんの講話や、同じ塾生の経営発表の中から学んだことを書いてみたい。

 

経営者はまず自らの実践。正直、誠実、地道、一生懸命、やさしい心、利他の心、足るを知る、欲を減らす。

従業員を愛し、共に人格を磨き、心を重ねることが大切。勉強会や合宿研修、コンパ、社員旅行、スポーツイベント等はすごく大切。

事業の飛び石は厳禁。安易な拡大ではなく、本業を徹底的に深堀&強化する。全員が数字と目標を共有する。

業績とは、経営者の器量・人格・考え方・哲学の現れ。

企業は発展すると、経営が高度化&複雑化していく。それに備えてリーダーは常に心を高め経営を磨いておかないと役割を果たせなくなってしまう。

経営者が自分を磨き、学び続けるのは「正しい判断をするため」。社員やその家族を守り続けるために誤った判断を決してしてはならない。

そう、判断(決断)は経営者の重要な仕事。

「損得」を基準に判断をすると必ずうまくいかなくなる。事の「善悪(人として正しいか)」で判断をすべき。常に心を高めておかないと人間は「損得」で判断してしまう。

人間の心の真ん中には「真我(利他の心)」と「自我(利己の心)」がある。人は物事を自我(低次元)で判断し勝ちだから、「足るを知り」「自我を抑える」ことが大切。そうすれば、人を思いやる「真我(利他)」で判断ができる。

心を高めることは、自我(利己)を抑え、真我(利他)を伸ばすこと。人を慈しみ、助けることを持つこと。

人生は良きことを想い、良きことを行えば必ず好転する。

命がある間に、少しでも魂を磨くことが人生の目的。お金や地位や名誉を否定せずとも人生の本来の目的ではない。

今、幸せであれば、意識せねば驕りや慢心につながるから試練。逆境にあっても試練。災難も成功も試練であれば、人生とかあざなえる縄のようなものだ。幸せは不幸に繋がり、不幸もまた幸せに繋がっている。人生が不公平に思える時もあるが決してそうでは無かったりする。

そもそも人生も経営も試練の連続。大切なことはそれをどう受け止めるか。

心を高める方法は決して座禅を組んだり荒行をすることだけではない。我々経営者が仕事に打ち込み、遊びたい心や怠け心を打ち消して、誰にも負けない努力で働くことも立派な修行なのだ。

昼食をとったかも忘れるくらい、夕食は素うどんを啜り真夜中まで懸命に働くことも、お坊さんの修行三昧と同じで自分を磨き高めること。

ボクら経営者が誰にも負けない努力と利他の心で、それぞれの企業を発展させることが、ひいては日本経済の発展、人類社会の発展につながる。

 

こんなことを二日間で学び、気づき、反省し、目標がうんと高くなった。まずボクから実践、実践、実践だ。

 

09 08, 2010

大家族

 94日、月曜日の横浜から。

日本はただならぬ酷暑と聞いて相当覚悟を決めて来たせいか、そんなに強烈な暑さとは感じない。先月の日本出張時などは酷暑を超えてサウナだったからそれに比べたらまだかわいい。

最近のうれしいニュース。

うちのスタッフが家を買った。

マイホーム購入は今年Nくんに続いて2人目。

Nくんのところの奥さんもしっかり者。元うちのメンバーで、芸術肌で絵描きにしてデザイナーのNくんとはぴったりの夫婦なのだろう。

これで勤続5年以上のメンバー8人のうち5人がマイホーム組。みんな十分ではないお給料の中でよくやりくりして頑張ってる。ありがたい。

日本もそうなりつつあるけど、アメリカの年金は期待できない。せいぜい600ドルとか700ドルと聞く。そんな金額じゃ家賃も払えない。

だから老後の備えは自分でしっかりやっておかないとたいへんなことになる。

頭金が足りなければ、親御さんに助けてもらってでも、30代のうちに小さなコンドミニアムでも購入して、60歳になる前に支払いを終えておくよう折にふれメンバーに話す。

家持ちで金持ちで男前で働き者のやさしい旦那さん、あるいはその逆に資産家の娘で家付財産付で嫁いでくる気だてのいい嫁さんが見つかったら良いけどそういう話はあまり聞かない。

マイホームと同様に401K(政府の年金積立て)を根性で積み立てるのはマスト。

だからボクは「今はピンとこなくても毎年1月分は蓄えておけ」とお尻を叩く。会社で1月分応援するから、毎年2ヶ月分、それが20年でも30年でも継続したら60歳を迎える頃にはある程度まとまった金額にもなる。(もちろん運用そのものは個人のリスクだけど)

そうすれば60以降働き方を軽減しても、経済的に頭を悩ませることはそうないだろう。

これからの時代は老後が長い。

メンバーたちには、若い頃や子どもの成長期には金の苦労をさせても、60を過ぎたら毎年仲間や夫婦と海外旅行やクルーズにでも行けるような暮らしをしてほしい。

質の高い時間を過ごしてほしい。

物心の両面でライトハウスで働いて良かったと思ってもらえるような会社にしたい。大家族だから。

09 06, 2010