カレンダー

2017年5月
« 12月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

what's new

込山洋一

フラッグスタッフからラスベガス・250マイル自転車の旅(前編)

40代の終わりの頃に思い立ち、この広いアメリカ大陸を縦断と横断の両方自転車で走破しようと、年に数回少しずつ走り始めた。

カナダのバンクーバーからメキシコ国境までの縦断ルートが約2700キロ(1700マイル)。昨年から取り組み始めた横断ルートは、ロサンゼルスとニューヨーク間が約4800キロ(3000マイル)。

総距離7500キロ、10年くらいかけてゆっくり楽しもうと思う。

縦断は、すでに全体の4割に当たるサンフランシスコからメキシコ国境までの1000キロを何度も走っていて、これからは横断も並行して進めることにしている。

ここでも書いたけど、横断の第一弾として、昨秋ニューメキシコ州のアルバカーキからアリゾナ州のフラッグスタッフの約500キロを走った。記憶には犬に追いかけられたことばかりが残っている。まあよい。

今回はその第二弾。フラッグスタッフからラスベガスまでの400キロを先週4日間かけて走ってきた。

前回はAmtrak(寝台列車)を使って出発地点まで移動したけど、今回はレンタカー で日中に移動。

自転車を積んで、相棒のCPA石上氏とロサンゼルスを出発したのが5月9日(火)の午前9時過ぎ。 東北東に約800キロ、交代で運転しながらフラッグスタッフに到着したのは午後5時、まだ陽が高かった。

毎回心がけていることなのだけど、僕たちはアスリートでも冒険家でもない、酒が少し強い、ただの丈夫なオジサンなので、決して無理はしない。安全第一。毎回無事に帰ること、ケガや事故に巻き込まれないことをすべてにおいて優先する。

だから盗賊や獣に襲われたり、体調を崩さないために野宿はしないし、体力を超えたスケジュールはできるだけ組まない。

1日の走行距離は、高度差と気温・天候を勘案して、1日100キロから160キロの範囲に抑える。宿泊施設も青少年の貧乏旅行ではないので、なるべく疲れを癒すためのジャグジーやプールがあって、快適に過ごせそうなホテルを選ぶ。

そう。ホテルに泊まる前提の旅なので、僕らの装備は必要最小限で収まる。

背中に背負うバックの中には、予備の水と食料、携帯のバッテリー、修理工具、1日分の衣類、あとは洗顔セットとサンダルだけ。衣類は毎日シャワーを浴びる時に手洗いしておけば、朝には乾いている。サンダルは外出するにも室内履きにも重宝するので必需品。

同様に欠かせないのがユニクロのダウンとアンダー。軽くてかさばらず、気温の変化にも対応できる。ふだん着には好んでパタゴニアを着ているけど、ここ一番はユニクロが頼りになるのだ。

さて後半はいよいよ旅の道中の話。

二人は無事に帰って来られたのか、運命やいかに!?
(って帰ってきたから書いているのだけど)

05 21, 2017

フラッグスタッフからラスベガス・250マイル自転車の旅(後編)

標高2200メートルに位置するアリゾナ州フラッグスタッフの朝の気温は2℃だった。

夏用の手袋の指先はかじかむし、しばらく走っても身体が温まらない。昨日までTシャツ短パンで過ごしていたロサンゼルスの気候からは程遠い。とにかくユニクロのダウンで寒さをしのいだ。

低く垂れ込める鉛色の雲、道路の両脇をゆっくり流れる寒々しい森林の風景に目を向けると、野生の鹿や小動物の屍(しかばね)が転がり、それにコンドルがたかっている。

いかにもクマが出てきそうな景観。
と、突然「BEARIZONA」という大きな看板が目の前に現れた。アリゾナってクマが有名だったんだ。「勘弁してくれよ」とため息をつき、用心しながら強くペダルを踏んで一帯を走り抜けた。

2日目以降は一転して気温が30℃近く、1日で真っ黒焦げになるくらい強い日差しの暑さだった。

バケツの水を浴びたように流れる汗。その横1メートルの距離を、時速130キロの大型ロレーラーが駆け抜ける。トラックの跳ねた小石が稀にヘルメットを直撃する。

クシャクシャになってひっくり返った乗用車が進路を塞いでいることもあった。炎上して黒くなった車体は元の色がわからない。

僕らが走ることのできるフリーウェイの路肩のコンディションも劣悪で、ネバダ州に入るまでの多くの区間はひび割れ、剥がれ落ち、パンクしたトラックのタイヤの残骸が散乱していた。路面の凹凸は自転車を通して振動となって身体に伝わる。

しまいに走れる状態ではなくなって、自転車を抱えてフリーウェイを降りた。土の道を走ると今度は足場が不安定で、タイヤが流される。そのうちに二人とも転倒して、全身を激しく地面に叩きつけた。

ある時はローカルの道を迂回しながら、その日のゴールにじりじり距離を詰めた。知恵を絞り、止まらない限りはゴールが近づくことを僕らは知っているのだ。

たいへんなことばかりのようで、実は自分たちがコントロールできない出来事や環境を、僕たちは素直に楽しんでいる。

想定通りのことばかりじゃ面白くない。

例えば、すべての旅がそうだけど、旅先で出会う人と交わす会話や心の動きを計画することはできない。

売店では、女主人が売り物のペットボトルの勘定を受け取ってくれなかった。

隣のテーブルに座った屈強な運転手は、トラックでも過酷なそのルートに「心理カウンセラーに相談してから来たのか」「誰に金をもらって走ってるんだ」と冷やかすけど、ラズベガスに抜ける道のコンディションを丁寧にアドバイスしてくれた。

母親くらいの歳のウエイトレスは、水分をしっかり摂るようにと何度も水を注ぎに来てくれた。

ネバダ州に入って、フーバーダムからラスベガスへ向かう最終日は、ローカルの人しか知らない日の出が美しいバイクレーンを、出会ったばかりの地元バイカーが案内してくれた。

同じ道を走っても、二度と同じ出会い、同じ経験をすることはできない。だけど旅に出るとそこに必ず新たな出会い、新しい経験が待っている。

自転車でしかできない不自由な旅。次の計画に思いを巡らせるその時間もまた人生を豊かにする旅の一部だ。

05 21, 2017